1. Fincyトップ
  2. その他
  3. NISA
  4. NISAの楽天証券口座を解約したい。手続きや金融機関の変更を解説

NISAの楽天証券口座を解約したい。手続きや金融機関の変更を解説

楽天証券に保有しているNISA口座を、なんらかの理由で解約しなければならなくなったときには、どのような手続きをしたらよいのでしょうか。本記事では、楽天証券のNISA口座の解約手続き方法と、注意点について解説します。

この記事の目次

楽天証券のNISA口座は解約できる?

楽天証券のNISA口座を解約するには、どのような手順を踏めばよいのでしょうか。口座解約の流れをみていきます。

まずは資産残高や投信の積立設定を確認

口座を解約するには、口座の残高を0円にしなければなりません。投資信託や株式、外貨預金などの資産が口座に残っている人は、換金や出金および移管(※)により、口座の残高をなくします。

また、投資信託の積立が設定されている場合も、口座の解約ができません。楽天証券のウェブサイトにログイン後、『積立注文』より『設定照会・訂正・解除』を選択し、『解除』ボタンをクリックして積立設定を解除しましょう。

(※移管とは、保有している投資信託や株式などの資産を、ほかの金融機関に移すことです)

積立の設定照会・訂正・解除 | 積立設定方法の確認 | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

口座解約依頼書を記入する

口座解約の手続きは書面にて行います。楽天証券のウェブサイトにログイン後、『設定・変更』の『申込が必要なお取引・各商品に関する設定』より、『口座解約依頼書』を印刷しましょう。

印刷ができないときには、カスタマーセンターに口座解約依頼書の送付を依頼することも可能です。

楽天証券の全口座の解約を希望する人は、口座解約依頼書の『2.全口座解約』より『総合取引口座解約』にチェックをします。

一部口座の解約は、『3.個別口座解約』より、解約を希望する口座にチェックを入れましょう。なお、全口座解約には本人確認書類の提出が必要です。

口座解約手続きについて | 楽天証券

提出後1週間程度で手続きが完了

口座解約依頼書に必要事項を記入し楽天証券に提出すると、1週間程度で手続きが完了します。

ただし、口座の資産状況や記載事項の不備などによっては、楽天証券から連絡がくる、もしくは口座解約依頼書が返却されることがあります。

スムーズに手続きを進めるには、書類に不備がないことをきちんと確認して郵送することが大切です。

総合取引口座の解約方法を教えてください|よくある質問|楽天証券

楽天以外の会社でNISA口座を持ちたい場合は?

現在、楽天証券でNISA口座を保有しており、ほかの金融機関でNISA口座を開設したいときには、どのような手続きが必要となるのでしょうか。

NISA口座を持てるのは1人1口座のみ

保有できるNISA口座は1人1口座です。1年に一度は金融機関の変更が可能ですが、それ以外は金融機関を変更できません。

それぞれの金融機関によって、取り扱っている商品の種類や手数料に差があるため、NISA口座を開設する際には、いくつかの金融機関を見比べてから決めたほうがよいでしょう。

NISA Q&A : 金融庁

ただし年に1度だけ会社を変えられる

取引しているNISA口座は、年に1回のみ金融機関の変更が可能です。変更を希望する場合は、変更したい年の前年の10月1日から、変更したい年の9月30日までに、変更手続きを終了する必要があります。

変更前のNISA口座で買い付けた投資信託や株式は、変更後のNISA口座に移管できません。引き続き非課税適用を受けるときには、変更前の口座で保有しましょう。

なお、5年間の非課税期間が終了後は、NISA口座のある金融機関の特定口座、もしくは一般口座に払い出されます。

NISA口座を他の金融機関へ変更する場合、株式の移管または売却は必要ですか?|よくあるお問い合わせ|ライブスター証券

楽天証券から金融機関を変更する方法

楽天証券から、ほかの金融機関にNISA口座を変更するには、楽天証券のNISA口座を解約する、もしくは楽天証券のNISA口座を残したまま、新たな金融機関のNISA口座に変更する方法があります。

楽天証券のNISA口座を残したまま、ほかの金融機関に変更したいときには、『金融商品取引業者等変更届出書』を変更前の金融機関に提出し、『非課税管理勘定廃止通知書』の交付を受けましょう。

その後、変更後の金融機関に『非課税口座開設届出書』、および『非課税管理勘定廃止通知書』を提出します。

NISAに関するよくある質問|日本証券業協会

各種手続きのページから書類送付を申し込む

金融機関変更の手続きは、楽天証券のウェブサイトにログイン後、『NISA つみたてNISA』の『NISA・つみたてNISA口座申込/受付状況』に進みます。

『NISA口座各種手続き』の『金融機関変更手続き(楽天証券→他社)』をクリックすると、変更の申込は完了です。

申込完了後は、原則として手続きをキャンセルできません。再び楽天証券にてNISA口座を保有したいときには、再度NISA口座の開設手続きをすることになります。

変更手続きをする際には、条件などをよく確認してから手続きを進めることが重要です。

楽天証券から他の金融機関へNISA口座を変更したいのですが、「非課税管理勘定廃止通知書」はどうすれば取得できますか?|よくある質問|楽天証券

非課税管理勘定廃止通知書

金融機関変更の申込が終わると、2~3営業日後に『非課税管理勘定廃止通知書』が楽天証券より送付されます。受領後は速やかに新たな金融機関に提出しましょう。

まとめ

NISA口座は年に1回のみ、ほかの金融機関に変更できます。変更時には現在のNISA口座を解約するか、口座を残したまま新たな口座に変更する方法があります。

楽天証券のNISA口座を解約するには、インターネットで申込後、口座解約依頼書を書面で提出しなければなりません。

口座を残したまま変更する場合は、インターネットで申込をし非課税管理勘定廃止通知書を受け取りましょう。

NISA口座の解約および変更とも、一度手続きをすると原則としてキャンセルができません。よく検討したうえで手続きを進めることが重要です。

NISAは楽天証券で始めよう。お得なポイントや手数料について

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

NISAの人気記事

カテゴリ

その他