1. Fincyトップ
  2. その他
  3. NISA
  4. NISAのSBI証券での買い方は?会社の特徴と投資信託の購入方法

NISAのSBI証券での買い方は?会社の特徴と投資信託の購入方法

新たに運用商品を始めるにあたり、NISAの利用を考えている人もいるのではないでしょうか。本記事では、NISAの基本事項とSBI証券でのNISA口座の取引方法について解説します。スムーズに資産運用を始められるよう知識を持っておきましょう。

  • 【1位】FOLIO
    当サイト10ヶ月連続人気1位「おまかせ投資」でプロレベルの投資をかんたんに実現!
  • 【2位】Wealth Navi
    人気急上昇中!預かり資産1300億円突破!手数料2ヶ月無料!
  • 【3位】THEO(テオ)
    投資初心者でもやさしい!気軽に1万円から自動運用できる!まずは3秒で無料診断!

この記事の目次

NISAの基本知識

『NISA』は、少額で投資を行う人向けの非課税制度で、投資可能期間は2014年から2023年となっています。

NISA口座では、株式や投資信託などで得られる配当金や分配金、譲渡益が非課税となります。口座を開設できるのは日本在住の20歳以上の人(※)で、開設できる口座数は1人1口座までです。

(※0歳から19歳の人は、ジュニアNISA口座の利用が可能です)

120万円の非課税期間は5年間

NISAにおける新規投資枠の上限は毎年120万円で、非課税投資枠の上限は最大600万円です。そして、NISAにより非課税となる期間は、5年間と定められています。

5年間に購入した株式や投資信託などが値上がりし、売却したことにより得た利益(譲渡益)、および5年間に得た配当金や分配金は非課税(※)になります。

(※通常、譲渡益および配当金、分配金には20.315%の税金がかかります)

NISAの概要 : 金融庁

5年後の注意点や損益通算とは

非課税期間の5年が終了した後は、翌年のNISA非課税投資枠へ移す(ロールオーバーする)ことで、さらに5年間の非課税期間を得られます。時価が120万円を超えていても、全額ロールオーバーが可能です。

ロールオーバーするには、期間内に所定の手続きをする必要があります。手続きをしない場合は、自動的に課税口座へ払い出されるため注意しましょう。

また、NISA口座では、他の特定口座や一般口座との損益通算ができません。NISA以外にも投資商品を保有している人は覚えておきましょう。

NISAの基礎知識 : 金融庁

SBI証券の特徴

SBI証券は、SBIグループのひとつとして1999年に創業し、『顧客中心主義』を経営理念として成長してきました。ここでは2018年現在のSBI証券の現状について、解説します。

口座開設者数最多の大手ネット証券

2018年3月末時点で、SBI証券が保有するNISA口座数は119万口座で、主要ネット証券(※)の中で最多です。

また、証券総合口座数は426万1,000口、預かり資産残高は12兆8,760億円で、どちらも主要ネット証券において最大となっています。

(※主要ネット証券とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券を指します)

SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA

投資信託取扱数最多で手数料は業界最低水準

SBI証券では、2,505本の公募投資信託(内ノーロード投信(※1)は1,149本)を扱っており、これは国内最多水準(※2)です。(2018年5月現在)

また 、手数料を抑えた投資商品の売買が可能で、特にNISA口座での取引手数料は、永久的に0円となっています。

取引注文画面には手数料がわかりやすく記載されるため、コスト管理をしやすい証券会社だといえるでしょう。

(※1.ノーロード投信とは、購入時の手数料がかからない投資信託のことです)

(※2.日本証券業協会の会員265社のなかで比較しています)

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA|SBI証券
投信・外貨建MMF|SBI証券

SBI証券のNISA口座での投資信託の買い方

SBI証券のNISA口座で投資信託を購入するには、まずSBI証券の口座を開設する必要があります。

マイナンバー、および本人確認書類を手元に用意したうえで、SBI証券ホームページから、口座開設の手続きを進めましょう。NISA口座開設の手続きも同時に済ませるとスムーズです。

すでにSBI証券の口座を保有している人は、 NISA口座開設の手続きのみを行います。なお、NISA口座開設の手続きは、税務署の確認が必要なため、1〜2週間程度かかります。スケジュールに余裕をもって手続きを進めましょう。

口座開設の手続きが完了したら、口座に購入資金を入金をします。これで投資信託購入の準備は終了です。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA|SBI証券

注文画面で投信を選択しファンドを検索

口座の開設が完了したら、投資信託の購入が可能になります。『注文画面』で『投資信託』を選択し、ファンドを検索しましょう。

NISA対象投資信託かどうかは、『銘柄ページ』の右上に『NISA』マークがあるかどうかで確認できます。

銘柄ページでは、『金額買付』『口数買付』『積立買付』が選択可能です。たとえば10万円分など、金額を決めて購入する場合には、金額買付を選択しましょう。

購入希望ファンドの目論見書、および補完書面などを確認し注文に進みます。

投信・外貨建MMF|SBI証券

口座区分がNISAとなっているかチェック

注文画面では預かり区分を選択し、必ず『NISA預り』となっていることを確認しましょう。『特定預かり』、および『一般預り』で注文をしてしまうと、非課税制度が受けられなくなってしまうので注意が必要です。

購入金額や分配金の取扱方法(再投資/受取)などの必要事項を入力し、『注文発注』ボタンをクリックすれば、購入手続きは終了します。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA|SBI証券

夜間取引ができるのはSBI証券ならでは

通常、投資信託の取引は9時から15時までしかできません。しかし、SBI証券は夜間取引を行っているため、23時59分まで取引が可能です。

そのため、日中は投資信託の売買をする時間がない人でも、夜間に投資信託の売買を行えます。

夜間取引を活用すると、15時以降に企業から開示された情報や、海外の市場の動きを材料に、投資信託の売買ができるメリットがあります。また、通常の取引よりも手数料が安く設定されています。

国内株式|SBI証券

まとめ

NISAは2023年までの期間限定で、非課税で投資を行える制度です。少額からの売買が可能であるため、運用商品に興味がある人は、検討してみるとよいでしょう。

NISA口座を開設するには、まず証券会社を選ばなければなりません。コストを抑えて、時間や場所を選ばずネットで取引をしたい人は、SBI証券で口座を開設してみてはいかがでしょうか。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

NISAの人気記事

カテゴリ

その他