1. Fincyトップ
  2. その他
  3. NISA
  4. NISAの楽天証券での買い方は?会社の特徴と操作方法について

NISAの楽天証券での買い方は?会社の特徴と操作方法について

NISAの非課税枠は、今年に使わなかったとしても来年に持ち越せません。今回は楽天証券をピックアップし、口座を開設してみたけれど、まだ取引をしたことがない人のために、楽天証券の特徴とNISA口座で株を取引する際の操作方法について解説します。

【2019年最新】 ▼ NISAが気になる方が、当サイトで登録の多いおすすめ資産運用サービス

  • 【1位】THEO(テオ)
    当サイト10ヶ月連続人気1位 投資初心者でもやさしい!気軽に1万円から自動運用できる!まずは3秒で無料診断!
  • 【2位】Wealth Navi
    人気急上昇中!預かり資産1300億円突破!手数料2ヶ月無料!

この記事の目次

NISAの基本知識を学ぼう

まず、NISAの基礎知識を学びましょう。

120万円の非課税期間は5年間

NISAは少額から投資を行う、個人を対象とする非課税制度です。NISAを始めるには、まず証券会社や銀行などの金融機関で、NISA口座を開設する必要があります。

NISA口座では年間120万円を上限に、株や投資信託をはじめとした金融商品の購入や投資が可能で、購入した株や投資信託などの配当金、売却して得た利益などが非課税となります。非課税期間は、購入した年を含めて5年間です。

なお、120万円の非課税枠を1年間で使いきれなかったとしても、翌年以降に繰り越すことはできません。また、途中で売却し非課税枠が空いたとしても、空いた分の非課税枠を再度利用することもできません。

NISAの概要 : 金融庁

5年後の注意点や損益通算について知ろう

前述のとおり、NISAの非課税期間は5年です。5年後も継続して保有する場合は、翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバーする)、もしくは他の口座(特定・一般口座)に移すことになります。

また、NISA口座で発生した損失は、損益通算ができません。特定口座や一般口座で株などの取引をし、同一年内に利益と損失が出た場合は、利益と損失を相殺する損益通算が可能です。

しかし、NISA口座では損益通算ができず、他口座での利益に対して税金を納める必要が出てきます。さらに、NISA口座で発生した損失は、翌年に繰越して翌年の利益と相殺する繰越控除もできません。

楽天証券にはどんな特徴があるの?

ここでは、楽天証券の特徴についてみていきましょう。

国内株は売買手数料が無料

楽天証券の一般NISAは、国内株式の売買手数料が、手数料コースに限らず恒久的に無料となります。国内株式にはETFETNREITも含まれています。

また、海外ETF (米国ETF・中国ETF・シンガポールETF)の買付手数料は、全額キャッシュバックされます。ただし、海外ETFの売却手数料はキャッシュバック対象外となります。

NISA手数料 | NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 | 楽天証券

スマホアプリでどこでも取引可能

楽天証券は、スマホアプリ『iSPEED』を提供しています。アプリをダウンロードすると、現物取引と信用取引の注文や注文照会、訂正取消がどこでも可能になります。各種指数や為替レート、ニュース、ランキングなどの情報もいつでも確認できます。

また、最大1,000銘柄を『お気に入り』に登録でき、銘柄の管理や銘柄検索、銘柄関連ニュース・チャート・株主優待情報の確認が可能です。

さらに、株アラート機能を使えば、設定した株価に到達したときや約定(取引が成立)したときに通知してくれます。

『App Store』『Google Play』『Amazon Androidアプリストア』のいずれかで、『iSPEED』を検索しダウンロード画面を表示すれば、すぐにダウンロードできます。

iSPEED for iPhone/Android

楽天証券のNISA口座での株の買い方

ここでは、NISA口座で株を取引する際の操作方法について説明します。

注文画面で数量や価格を入力

株を購入する場合は、楽天証券のTOP画面からログインして、ログイン後に表示される画面で『国内株式』→『注文』→『買い注文』の順にクリックします。ここで買いたい銘柄を検索すると、現物取引の『注文画面』に移ります。

注文区分は『通常』『逆指値付通常』『逆指値』の3通りあります。基本的に、逆指値付通常や逆指値は、保有する株の相場が思惑と反対に動いた場合、損失拡大を防ぐ目的で活用します。

初めて購入する場合は『通常』の注文画面でスタートしましょう。注文画面では数量や価格を入力します。数量は単元株数(株を売買するのに必要な最低数)が記されているので、その整数倍の数字を入力します。

価格は『成行』または『指値』を選択し、『指値』の場合は値幅制限内で設定します。値段を指定せずに注文する『成行』の場合は、価格入力の必要はありません。

買い注文1:ウェブ | 取引デモ | 現物取引 | 国内株式 | 楽天証券

口座区分がNISAとなっているか要確認

数量や価格を入力したら、口座区分を選択します。口座区分は『特定』『一般』『NISA』の3つに分かれているので『NISA』をチェックしましょう。

NISA買付可能額が0円の場合は、口座区分の『NISA』は選択できません。注文画面から、NISA購買余力を確認できるのでチェックしておきましょう。

取引暗証番号を入力し即時に発注したい場合は、『確認画面を省略する』の右のチェックボックスにチェックを入れ、『注文発注』をクリックします。注文内容を確認する場合は『注文内容を確認する』をクリックします。

注文を確定する前に、念のためNISA口座になっているか確認しましょう。約定(取引の成立)後の口座区分の変更はできないので注意が必要です。

NISA取引ガイド(国内株式) | NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 | 楽天証券

誤って特定や一般で買ってしまったときは?

万一誤って特定口座や一般口座で購入した場合、約定後は変更できませんが、未約定の注文については、『国内株式』→『注文』→現物取引『注文照会・訂正・取消』から訂正・取消ができます。

NISA口座で購入したい場合は、一度取消してから再注文することになります。取消注文が間に合わない場合があるので留意しましょう。

注文照会・訂正・取消3:ウェブ | 取引デモ | 現物取引 | 国内株式 | 楽天証券

まとめ

NISAは年間120万円を限度に、購入した株や投資信託などの配当金や、売却して得た利益などが、非課税になる魅力的な制度です。楽天証券であれば、国内株式の売買手数料が無料なうえ、スマートフォンがあればいつでもどこでも取引が可能です。

また、操作方法も数量や価格を入力し、NISA口座にチェックするだけで注文できます。ただし、約定後の口座区分の変更はできないので、注文を確定する前に、NISA口座を選んであるか確認しましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

NISAの人気記事

カテゴリ

その他