1. Fincyトップ
  2. その他
  3. NISA
  4. NISAをSBIで開設する際の必要書類。SBIの特徴と開設の流れ

NISAをSBIで開設する際の必要書類。SBIの特徴と開設の流れ

税制優遇制度を活用した資産形成として注目されているNISA(少額非課税投資制度)ですが、どこの金融機関にしようか迷っている人もいるでしょう。今回は、SBI証券の特徴や、NISA口座を開設するときの手続きの流れについて解説します。

この記事の目次

NISAについて理解しよう

NISAは2014年から始まり、少額から投資を行う個人投資家向けの税制優遇制度です。毎年120万円分の金融商品が購入可能で、保有しているあいだに得た利益が非課税となります。まずは、NISAとはどのようなものなのか詳しくみていきましょう。

最大600万円、最長5年間非課税

NISAは2014年にスタートし、2016年より非課税枠が年間100万円から120万円へと増額されました。そして、2016年以降にNISA口座を開設した場合は、非課税になる期間が最長で5年間、非課税投資枠は最大600万円となります。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA|SBI証券

対象は上場株式や投資信託の配当金等

NISAではすべての金融商品が非課税になるとは限りません。対象となる金融商品は、以下のとおりです。

これらの商品をNISA口座で保有している場合、この間に得た配当金や、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が非課税となります。

NISAの基礎知識 : 金融庁

日本在住の20歳以上、1人1口座まで

NISAの対象は日本に住む20歳以上の人で、口座開設は1人1口座までと定められています。NISA口座を開設する金融機関は各年毎に変更可能です。

ただし、開設済みのNISA口座ですでに金融商品を購入している場合、その年は他の金融機関に変更できません。

NISAの概要 : 金融庁

手数料が安く夜間取引もできるSBI証券

ここでは、ネット証券最大手のSBI証券の特徴をみていきましょう。

SBI証券の手数料

SBI証券ではNISA口座を活用した国内株式(現物株式・ETF・ETN・REITを含む)の売買手数料は、売買代金にかかわらず、買付・売却ともに永久0円になります。

また、海外ETF (米国・中国・韓国)の買付手数料も、買付代金にかかわらず永久0円で、主要ネット証券の中で最低水準の取引コストです。

さらに、投資信託においても『ノーロード』と呼ばれる、買付手数料が無料の投資信託が1,200本以上(2018/04/18 現在)あり、この中から投資商品を選べばコストをかけずに運用できます。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA|SBI証券

豊富な商品ラインナップと夜間取引

SBI証券のNISA対象商品は、業界屈指の豊富なラインナップで、投資信託は2,500本以上あります。

外国株式は主要ネット証券で最多の9カ国(2018年4月現在)、さらに、国内株式はIPOPO立会外分売もNISA対象になり、取扱銘柄総数は76社になります。(2016年投資可能枠分)

また、個人投資家向けに『PTS(※)』という夜間取引ができるサービスを提供しており、朝8時20分から深夜23時59分まで(一部時間を除く)取引可能です。

取引所の取引時間外でも世界中のニュースを見ながら、リアルタイムに取引できるメリットがあります。

(※PTSとは取引所を介さず、株などの有価証券を売買できるシステムのことです。証券会社が独自に運営しており、証券取引所の取扱時間外でも取引できます)

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA|SBI証券
国内株式|SBI証券

SBI証券の口座開設の準備をしよう

SBI証券でNISA口座を開設する流れと、必要な書類について説明します。

開設までの流れと期間

NISA口座の申込は、SBI証券の公式サイトから行えます。総合口座を持っていない場合は、証券総合口座も同時に申し込むことになります。

『口座開設はこちら』ボタンから、口座開設フォームへ進み必要事項を入力すると、SBI証券から『NISA申請書』が送られてきます。取り寄せた申請書に必要事項を記入し、マイナンバーが記載された書類、本人確認書類と共に返送します。

その後、10日程度で『口座番号』、『ログインパスワード』、『取引パスワード』などが記載された書類が送られてくるので、初回ログインフォームからログインして初期設定を行えば、10~15分程度で総合口座での取引が開始できます。

NISA口座は1人1口座と決められていることから、税務署で重複口座の有無の確認が行われ、1〜2週間程度を要します。そして、確認が終わるとSBI証券から、NISA口座開設完了のお知らせが届きます。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA|SBI証券

必要書類はこちら

SBI証券でNISA口座を開設する際に必要な書類は、以下のとおりです。

  • 非課税適用確認申請書兼非課税口座開設届出書(SBI証券より郵送)
  • マイナンバーが記載された書類(マイナンバーカード、通知カードなど)
  • 本人確認書類

法令によりNISA口座の開設において、2016年からマイナンバーの提出が必須になっています。マイナンバーを確認できる書類によって、提出する本人確認書類が異なります。

マイナンバーカードを提出する場合は、マイナンバーカードの両面の写しが必要です。

通知カードの場合は、写真付き本人確認書類(運転免許証・在留カードなど)の写しが1点、もしくは写真なし本人確認書類(各種健康保険証・各種年金手帳など)の写しが2点必要となります。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA|SBI証券

まとめ

ネット証券最大手のSBI証券は、豊富な商品ラインナップや夜間取引ができるなどサービスが充実しています。

口座開設もWEB上からでき、手続き自体も難しくありません。ただし、NISA口座の開設には時間がかかるので、余裕を持って手続きするようにしましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

NISAの人気記事

カテゴリ

その他