1. Fincyトップ
  2. その他
  3. 税理士の仕事とは?税理士は身近で頼れる税金のエキスパート

税理士の仕事とは?税理士は身近で頼れる税金のエキスパート

税金は私たちの生活にとても身近なものです。主な税金として消費税、所得税などが挙げられますが、その他にも日本には様々な種類の税金があり、一般の人には複雑な世界です。ここではそんな税金のエキスパートでもある税理士の仕事を紹介していきます。

この記事の目次

税理士の仕事とは

個人や会社の税金を正しく計算し、過不足がないように正確に納める手伝いをするのが税理士の仕事です。

納税をするには様々な書類の作成やお金の計算が必要となります。しかし、税金に関しての法律は複雑で頻繁に変化します。

そんな法律の変化を理解するのは個人では難しいので、そこで個人や会社に代わって納税の手続きをするのが税理士の主な仕事となります。

仕事内容をわかりやすく説明

税理士の主な仕事は大きく分けて下記のように3つあります。

  1. 税務代理
  2. 税務書類の作成
  3. 税務相談

税務代理

税務代理とは、会社や個人の納税者の代わりに税金の申告や申請を行うことです。また、申告後に税務署とのやりとりを行うのも税理士の仕事となります。

税務書類の作成

税務書類の作成とは、税務署に提出する申告書や請求書、または不服申し立てなどの書類を作成することを言います。

年次業務としては確定申告書の作成などがあり、月次業務としては伝票整理や給与計算などがあります。

税務相談

税務相談とは言葉の通り、税金に関しての相談にのることです。主な仕事としては、毎年の確定申告期に税金の払いすぎや節税についての相談にのるなどが挙げられます。

相続税についての相談

その他の税理士の仕事として、相続税の相談などもあります。遺産相続にあたっては税理士、弁護士、司法書士などの各プロフェッショナルに同時に仕事を依頼するケースが多いですが、そのなかでも相続税の申告は税理士の仕事です。

仕事のやりがい

税理士の仕事のやりがいは、様々な人を助けることができることです。個人であっても会社であっても、必ず税金を支払わなければなりません。そのため、様々な職種の人との出会いが楽しい職種でもあります。

また、正確に税金を計算することによって払い過ぎていた税金を個人や企業に返金してあげることが可能ですし、さらにその後どうやったら税金の支払いを最小限に抑えるかなどのアドバイスをすることもできます。

実際に多くの企業で専門の顧問税理士を雇う場合が多く、会社の経営のアドバイザーとして大勢の税理士が活躍しています。

仕事の大変さ

誤った納税は脱税や申告漏れなどにつながるため、納税を個人や企業の代わりに行う税理士の仕事はとても重い責任が伴います。

書類を一枚一枚確認しながら複雑な計算をこなしていくのはとても地道な作業ですし、一度計算を間違えるとそこからすべてが狂ってしまうためにミスは許されないというプレッシャーもかかります。

また、上記でも少し触れたように税金に関しての法律は頻繁に変化するため、税理士は常に勉強して最新の知識を得なければなりません。

さらに、企業の専属税理士として働いていれば、経営の相談などを受けるために会社経営の知識も豊富に持っている必要があります。

このように、税理士は生涯勉強が必要となる職業なのです。

税理士と公認会計士の違いは?

税理士と会計士の違いがよくわかないという意見も多くあります。

簡単に説明すると、税理士の仕事は税金に関する書類や申請を行う税務の仕事で、主な顧客は個人や中小企業です。

一方、公認会計士の主な仕事は決算書が正しく書かれているかをチェックする監査になり、主な顧客は大企業です。

どちらも国家試験を要する職業ですが、公認会計士の試験では税務に関する内容も必要となるために、公認会計士は税理士となって働くこともできます。

将来税理士の仕事がなくなる!?

税理士は「10年後になくなる仕事」としてよく挙げられます。それはIT化による会計ソフトなどの導入により、今までよりも簡単に仕事ができるようになり、単純作業が機械化しやすいことからきていると言われます。

確かに記帳、計算などの分野はそれらのソフトウェアを利用したほうが便利ですが、その作業は税理士のほんの一部の仕事にすぎず、反対に税理士の仕事の効率アップにも利用できます。

その結果、税務相談などのコンサルティングにもっと力を入れることもできますし、費用を下げて個人からもっと利用されやすい身近な存在になるかもしれません。時代の流れに沿って、税理士の役割も変わっていけば良いのです。

まとめ

税理士は国家試験を通らなければならないため、決して簡単になれる職業ではありません。しかし、働き場所は多様で税理士事務所や企業、そして経験を積めば独立して自分の事務所を持つこともできます。

専門性が高い職業のため、一度子育てなどで仕事を離れた女性にも再就職しやすい職業であり、女性の間でも人気が高まっている職業だと言えます。

税理士の仕事は一般にあまり詳しくは知られていませんが、実は私たちにとても身近な存在なのです。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他