1. Fincyトップ
  2. その他
  3. クラウドファンディング
  4. クラウドファンディングのメリットとデメリット。始めたい人に解説

クラウドファンディングのメリットとデメリット。始めたい人に解説

誰でも必要な資金を募れるクラウドファンディングは、起案者と出資者の両方にメリットがあります。今回は、プロジェクトを考えて実行してみたい人に、クラウドファンディングのメリットとデメリットを解説します。

この記事の目次

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、『群衆』という意味のCrowd、『資金調達』という意味のFundingを組み合わせた造語で、インターネット上で不特定多数の人から資金を募る仕組みのことです。

資金調達したい人と支援したい人をつなぐ

クラウドファンディングは、資金を調達したい人(起案者)と資金を提供して支援したい人(出資者)をつなぐ仲介役になります。

アイデアや実行能力があっても実現するための資金がない人が、インターネットを通して資金の提供を呼びかけ、共感した人から広く資金を集めることができます。

4つのタイプがある

クラウドファンディングには、大きく分けて4つのタイプがあります。

種類 特徴
寄付型 出資者がお金を寄付するタイプで、基本的にリターンはなし
購入型 出資者はリターンとして、商品やサービスなどを受け取れる
投資型 出資者は売上の一部を配当金として受け取れる
融資型 出資者は金銭的リターン(利子)を受け取れる

クラウドファンディングで資金を調達したい場合は、上記のどのタイプが自分のアイデアに合うかを考える必要があります。

誰でも利用できるが審査がある

自分のアイデアや目的、目標金額などをまとめてクラウドファンディングの運営会社に申請をした後に審査があります。審査基準や審査期間は運営会社によって異なり、審査が通らなければプロジェクトは公開されません。

そこで、審査に通るために、まず目を通しておきたいのがガイドラインです。ガイドラインには、利用資格や注意事項などが記載されており、利用するにあたって同意する必要があります。

ガイドライン - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

起案者にも出資者にもメリットがある

クラウドファンディングはプロジェクトを行う起案者と、起案者のプロジェクトをサポートする出資者の双方にメリットがあります。どのようなメリットがあるかみてみましょう。

資金不足でもプロジェクトを遂行できる

起案者にとって最大のメリットは、資金がなくても自分のプロジェクトを遂行できることです。いくら素晴らしいアイデアがあっても、資金不足が原因でチャレンジできないことは少なくありません。

クラウドファンディングを利用すると、資金がない人でも、そのプロジェクトに共感を得られれば、資金を集めることができます。また、多くの人に支持されれば、短期間で目標金額に到達することも可能です。

さらに、資金を集める中で、不特定多数の人に活動をPRすることができるので、宣伝効果にもなります。

出資者はリターンを得られる

クラウドファンディングでは、出資の種類や金額に応じて、出資者はさまざまなリターンが得られます。

たとえば購入型の場合、出資したプロジェクトが成功すると商品が送られてきたり、特別なサービスを得られたりします。中には、出資のリターンでしか手に入らない商品もあります。

また、金銭的リターンが得られる融資型の場合は、高い利回りが期待できるものもあります。

デメリットや心構えを確認しておこう

一方、クラウドファンディングにはデメリットもいくつかあります。

資金が思うように集まらないことがある

うまく資金が集まり目標金額が達成できれば、プロジェクトを実行していくことになりますが、資金が思うように集まらなければ、プロジェクトはそのまま終わってしまいます。

仮にプロジェクトが終わってしまっても、プロジェクトに共感し支援してくれた人に、未達成となってしまったお詫びと、感謝の気持ちをしっかり伝えることが大切です。また、資金が集まらなかった理由の検証も必要です。

起業までに時間がないときには万一のことも考え、必要な資金をすべてをクラウドファンディングで調達するのではなく、自己資金や融資などと共に利用するのがよいでしょう。

よくある質問 - クラウドファンディングのMotionGallery

計画から実行、その後も責任が生まれる

募集期間が終わっても、まだまだ終わりではありません。計画通り資金調達ができても、たとえばスケジュールの遅れなど、プロジェクトに何かあれば、起案者にすべての責任が生じます。

また、目標金額達成のお礼メールや約束した商品の準備、企画がどう進んでいるかの報告など、資金が集まった後のプロジェクト計画も綿密に立てておく必要があります。

プロジェクトが成立した後の流れについて 株式会社CAMPFIRE

クラファン利用には手数料がかかる

クラウドファンディング事業者は、資金を集める側から手数料を取って収益を得ています。その手数料はクラウドファンディングの種類や、事業者によって金額が異なります。以下は手数料の1例です。

寄付型 購入型 投資型 融資型
手数料 集まった金額の12%+決済手数料5%(支援が集まった場合のみ) 支援決定代金の20% 審査料10万円+実費+株式の発行価格の総額10~20% 『貸付金利』と『募集利回り』の差
事業者 Readyfor Makuake FUNDINNO maneo

手数料は投資家への金銭的リターンをいくらか目減りさせることになるので、事業者を選ぶ際は手数料についても考慮したほうがよいでしょう。

FAQ / ヘルプページ - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)
利用規約
FUNDINNOの利用による手数料は? - FUNDINNO
ソーシャルレンディング | maneo(マネオ) | 手数料

まとめ

クラウドファンディングは、起案者はプロジェクト実現のための資金調達ができ、出資者はリターンが得られる仕組みとなっています。メリット・デメリットをしっかり理解したうえで活用していきましょう。

仮に資金が思うように集まらなかったとしても、プロジェクトに共感し支援してくれた人への感謝を忘れないようにしましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

クラウドファンディングの人気記事

カテゴリ

その他