1. Fincyトップ
  2. その他
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨アプリ厳選11選。初心者から上級者までみんなにおすすめ

仮想通貨アプリ厳選11選。初心者から上級者までみんなにおすすめ

仮想通貨の取引をおこなうときには、スマートフォンのアプリを使うと便利です。仮想通貨の売買に必須の取引所アプリや、仮想通貨を守るウォレットアプリなど、仮想通貨の初心者から上級者まで、おすすめのアプリを紹介します。

この記事の目次

仮想通貨アプリって便利なの?

仮想通貨の取引をするときには、スマートフォンのアプリを活用すると便利です。

手軽にどこでも使えるのが魅力

仮想通貨のアプリは、スマートフォンさえあれば、手軽にどこでも使えるのが魅力です。いつでも仮想通貨のチャートのチェックや取引ができるので、売買のタイミングを逃しにくくなります。

また、仮想通貨のニュースやブログを読めるアプリもあるので、通勤中などでも効率よく情報収集ができます。

Android端末は不正アプリに注意

Android端末を使用している人は、不正アプリに注意しましょう。Google Playストアに、『Poloniex(ポロニエックス)』という、アメリカの仮想通貨取引所の公式アプリを謳った偽アプリが出回っています。

Poloniexのロゴなどを利用して、いかにも本物らしく偽装しているうえに、検索の上位に表示されるため、公式アプリと間違えてダウンロードしてしまう可能性があります。

不正アプリをダウンロードしてしまうと、端末内の情報が流出したり、仮想通貨を盗まれたりといった被害に遭う可能性が高くなります。

  • アプリは公式サイトからダウンロードする
  • アプリをダウンロードする前に、アプリの評価や説明分などを確認する

Android端末に限らず、iPhoneを使用している人でも、アプリをダウンロードする際には、上記のようなことを心がけ、不正アプリをダウンロードしないように注意しましょう。

仮想通貨売買に必須の取引所アプリ

仮想通貨を売買するには、仮想通貨の取引所への登録が必須です。取引所アプリを利用すれば、仮想通貨のチャートのチェックや通貨の管理が簡単になります。

Zaif

テックビューロ株式会社が運営しているZaif(ザイフ)は、日本の仮想通貨取引所です。海外の仮想通貨の取引所は、日本語や日本円に対応していないこともありますが、Zaifは日本の企業が運営しているため、当然日本語で利用できます。

また、仮想通貨の価格も日本円(JPY)で表示されるので、価格が把握しやすいというメリットがあります。

Zaifのアプリはシンプルで見やすいデザインになっており、仮想通貨の売買が簡単にできる機能がついているので初心者におすすめです。

Zaif - Google Play のアプリ
「Zaif」をApp Storeで

手数料の安さが魅力

Zaifは取引にかかる手数料の安さが魅力です。ビットコインと日本円の取引にかかる手数料は-0.01%です。

つまり、手数料が安いどころか、ビットコインと日本円の取引をするたびに、手数料分の利益が出るということです。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取引に関しても、手数料が0.1%のものがほとんどです。

また、Zaifのアカウント作成やアカウントの維持手数料も無料なため、余分なコストをかけずに仮想通貨の取引ができます。

手数料一覧 - Zaif(ザイフ)

Binance

Binance(バイナンス)は、600万人以上の人が利用している、香港の仮想通貨取引所です。

アプリは日本語対応をしていないので、自分で翻訳しながら利用することになりますが、仮想通貨のチャートや価格の見方がわかっていれば、そこまで難しくはないでしょう。

Binance - Cryptocurrency Exchange - Google Play のアプリ
Binance - Crypto on the App Store

取引銘柄が豊富

Binanceは取引銘柄が非常に豊富で、100種類以上の銘柄の仮想通貨の取引が可能です。また、気になった仮想通貨はお気に入りに登録できるため、『草コイン』(※)探すときにも便利です。

取引にかかる手数料は0.1%と安く、BNBトークン(※)で手数料を支払うと、初年度は0.05%に割引されます。

(※草コインとは、これから価格が上昇する可能性がある仮想通貨のことです)

(※BNBトークンとは、Binanceが発行している独自の通貨のことです)

コインチェックは相場チェックに利用

コインチェックは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。2018年1月に、不正アクセスによる仮想通貨流出の被害を受けているため、取引所として利用するのは難しいでしょう。

ただし、コインチェックのアプリは、シンプルなデザインでチャートが見やすく、さらに会員登録不要でチャートがチェックできるので、仮想通貨の相場チェックに利用するには便利です。

ビットコインウォレット Coincheck - Google Play のアプリ
「Coincheck ビットコインウォレット」をApp Storeで

仮想通貨を守るウォレットアプリ

仮想通貨は、取引所の口座に保管しておくこともできます。しかし、取引所が不正アクセスを受けたり、閉鎖されたりした場合に、口座に保管した仮想通貨を失う恐れがあります。

そこで、取引所以外の場所に、仮想通貨の保管場所であるウォレットを設け、そこに仮想通貨を移して管理しておくことをおすすめします。このとき、ウォレットアプリを使えば、仮想通貨を管理しやすくなります。

ウォレットは仮想通貨を守るためのものなので、セキュリティの高いアプリを選ぶとともに、端末本体のセキュリティも強化しておくことが重要です。

また、スマートフォンが故障したり、ウォレットのパスワードを忘れたりすると、仮想通貨を取り出せなくなる可能性があるため、データのバックアップやパスワード管理を徹底しましょう。

Copay

Copay(コペイ)は、アメリカで開発されたウォレットアプリですが、日本語に対応しているため、英語が苦手でも問題なく利用できます。

Copayのウォレットは、Copayをダウンロードしたパソコンや携帯などの端末に紐づけられるため、アカウントの登録は不要です。

また、サーバーのソースをすべて公開しているため、不審なコードやバグが紛れていないかをチェックできます。

Copay Bitcoin Wallet - Apps on Google Play
Copay Bitcoin Wallet on the App Store

Mycelium

Mycelium(マイセリアム)というウォレットアプリは、Android版のみ日本語に対応しています。

仮想通貨を管理するための『秘密鍵』(※)が、自分の端末でしか管理できないようになっているため、安心して仮想通貨を保管できます。

初期設定ではアメリカドル(USD)で金額が表示されますが、Android版では日本円(JPY)表示に設定することも可能です。

(※秘密鍵とは、ウォレットの管理に必要な暗号で、銀行口座の暗証番号のような役割のものです)

Download Mycelium Wallet

どちらも安全性の高さが魅力

CopayとMyceliumは、どちらも安全性が高いことが魅力です。Copayは仮想通貨の管理に複数の秘密鍵が必要となる、『マルチシグネチャウォレット』です。

複数の秘密鍵が必要であるということは、銀行口座からお金を引き出すときに、複数の暗証番号を入力しなければならないようなものであり、その分セキュリティが強固になります。

Myceliumは、仮想通貨をオフラインの状態で保管できます。オンラインの環境に置かれないため、不正アクセスによる仮想通貨流出の被害に遭いにくいというメリットがあります。

ただし、どちらもセキュリティが高い分、うっかり秘密鍵を忘れた場合や、スマートフォンが故障した場合に、仮想通貨が取り出せなくなる可能性も高くなります。

秘密鍵を忘れないよう管理を徹底し、こまめにデータのバックアップを取るようにしましょう。

大切な資産を管理するポートフォリオアプリ

仮想通貨に限らず、投資をおこなうときには『ポートフォリオ』を作成して、資産を管理することが大切です。

ポートフォリオとは、資産をどこにいくら保有しているかを把握できるようにするための、一覧表のことです。

仮想通貨に投資する際にはリスクを分散するために、取引所やウォレットをいくつか使い分けるのが一般的です。

そのため、どこの取引所やウォレットに、どの仮想通貨がいくらあるのか把握しておくのが難しくなってきます。

そこで、ポートフォリオを作成し、複数の取引所やウォレット、保有している仮想通貨の種類や金額などを管理する必要があります。

このとき、ポートフォリオアプリを利用すると、手軽にポートフォリオを作成できるようになります。

Cryptofolio

仮想通貨の初心者がポートフォリオを作成するときには、Cryptofolio(クリプトフォリオ)がおすすめです。

日本の企業である、株式会社AppRunsが開発したアプリであるため、日本語で利用できるほか、問題が起きたときの問い合わせも日本語でできます。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)仮想通貨資産管理アプリ - Google Play のアプリ
「Cryptofolio(クリプトフォリオ)仮想通貨管理アプリ」をApp Storeで

対応取引所数が多い

Cryptofolioは対応取引所数が多いのが特徴です。ポートフォリオアプリでいくつかの取引所の資産を一括管理するには、アプリがその取引所に対応している必要があります。

海外のポートフォリオアプリの場合、日本の取引所には対応していないことも多いのですが、Cryptofolioは日本の取引所を含む、38カ所の取引所に対応しています。

対応取引所一覧 - クリプトフォリオ

Coin Stats

機能が多いポートフォリオアプリを探しているのであれば、Coin Stats(コインステータス)がおすすめです。日本語・日本円の表示に切り換えができるため、英語が苦手でも問題なく使用できます。

Coin Stats - Crypto Portfolio on the App Store

coinmarketcapとの連携

Coin Statsは、『coinmarketcap(コインマーケットキャップ)』とという、1,000種類以上の仮想通貨の相場や、取引量などが確認できるサイトと連携しています。

coinmarketcapから、仮想通貨のデータを取得して表示しているため、Coin Statsのアプリを開けば、すぐに仮想通貨の現在の相場がチェックできます。

グラフやお気に入り機能が便利

Coin Statsは、グラフやお気に入りの機能が便利です。自分が保有している仮想通貨の割合が円グラフで表示されるため、資産状況が一目で確認できます。

また、自分の保有している仮想通貨や、検討中の仮想通貨をお気に入りに登録しておけば、登録した仮想通貨のチャートをすぐにチェックできます。

情報収集に便利なニュースアプリ

仮想通貨に投資をするときには、仮想通貨に関する情報収集も欠かせません。仮想通貨のニュースアプリを利用すれば、ひとつのアプリにたくさんの情報が集められているため、情報を集める手間が省けます。

コイン相場

コイン相場は仮想通貨の情報収集以外にも、チャートのチェックやポートフォリオの作成、税金の計算までできる多機能アプリです。

コイン相場  仮想通貨チャート, ニュース, ICOトークン,ポートフォリオ - Google Play のアプリ
「コイン相場  仮想通貨アプリ」をApp Storeで

気になるニュースをまとめ読み

コイン相場は、国内外の仮想通貨に関するニュース・仮想通貨のブログ・まとめサイトなど、いろいろなメディアから仮想通貨に関する情報を集めた、ニュースアグリゲーション機能がついています。

その中から気になるニュースをまとめ読みできるほか、仮想通貨の銘柄を指定しておけば、その銘柄に関する情報が入ったときに、通知がくる機能もついています。

ICO情報をいち早く入手

コイン相場を利用すれば、ICO情報もいち早く入手できます。ICO=Initial Coin Offeringとは、企業がトークン(代替通貨)を発行し、トークンの販売利益で製品の開発費などの資金を調達する方法のことです。

トークンを発行した企業が成功すると、そのトークンの価値が上昇するため、それによってトークンの購入者も利益を得ることができます。

トークンは、発行後にできるだけ早く購入したほうが、安い価格で購入できます。コイン相場には、1600以上のICO情報が掲載されているため、早い段階でトークンを購入できる可能性が上がるでしょう。

仮想通貨ニュース大図鑑

仮想通貨ニュース大図鑑は、仮想通貨のニュースチェックに特化したアプリです。多数のWEBサイトやブログ、Twitterなどから、仮想通貨関連の情報が集められているため、自分でいろいろなWEBサイトを巡回する手間が省けます。

仮想通貨ニュース大図鑑 - Google Play のアプリ

Android版のみ

仮想通貨ニュース大図鑑は、Android版のみのアプリであるため、iPhoneを使用している人は利用できません。

iPhoneを使用している人には、仮想通貨ニュース大図鑑と同じような機能を持った、『仮想通貨ニュース』のアプリがおすすめです。

「仮想通貨ニュース ビットコインの情報まとめ」をApp Storeで

初心者におすすめのバーチャルアプリ

仮想通貨を始めたばかりで、仮想通貨の取引がどのようなものなのかを体験してみたい人には、デモトレードが体験できるバーチャルアプリがおすすめです。

bitVirtual

BitVirtual(ビットバーチャル)は、ビットコインをはじめ、14種類の仮想通貨のデモトレードを体験できます。アカウント登録は必要なく、アプリをダウンロードすれば、すぐにデモトレードを始められます。

ビットコイン仮想通貨デモトレードアプリ BitVirtual - Google Play のアプリ
「仮想通貨・ビットコインデモトレードアプリBitVirtual」をApp Storeで

仮想通貨の入門はシミュレーションから

仮想通貨の入門は、シミュレーションからです。仮想通貨についての知識をつけていたとしても、やはり実際に取引を始めてみると、わからないことがたくさん出てきます。

わからないままいろいろ試して、上手くいけばよいですが、判断を間違うと資金を失います。そのため、まずはデモトレードで経験を積むことが大切です。

上級者向け高機能チャートアプリ

仮想通貨の上級者には、高機能チャートアプリがおすすめです。

TabTrader

TabTrader(タブトレーダー)は、仮想通貨のチャートや、取引所ごとのデータをチェックできるアプリです。

TabTrader Bitcoin Trading - Google Play のアプリ
「TabTrader Bitcoin」をApp Storeで

全世界の取引所や仮想通貨を比較

TabTraderは、対応している取引所や仮想通貨の数が多く、全世界の取引所のデータや、仮想通貨のチャートを一覧にして比較できます。

また、自分のウォレットと連携できるため、チャートをチェックしたら、そのまま仮想通貨の売買まで完了できます。

日本語には対応していませんが、仮想通貨の取引に慣れた上級者であれば、理解することは難しくないでしょう。

まとめ

仮想通貨の取引をするときには、相場のチェックや仮想通貨の売買、さらに仮想通貨の管理まで、いつどこにいてもできるアプリを利用するのがおすすめです。

仮想通貨の取引の基本となる取引所のアプリや、情報収集のためのニュースアプリなど、さまざまなアプリが公開されているので、上手く活用して取引をおこないましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

仮想通貨の人気記事

カテゴリ

その他