1. Fincyトップ
  2. その他
  3. クラウドファンディング
  4. クラウドファンディングの投資方法について。投資ができる会社3選

クラウドファンディングの投資方法について。投資ができる会社3選

新しい資金調達の方法として注目が集まっているクラウドファンディングですが、『投資するタイプ』と『投資しないタイプ』があります。今回は、クラウドファンディングで投資を考えている人に、投資タイプの特徴と投資ができる会社3選を紹介します。

この記事の目次

クラウドファンディングについて

クラウドファンディングとは、インターネット上で不特定多数の人から資金を募る仕組みのことをいいます。

プロジェクトを持つ起案者は、インターネットサイトを通じて世の中に呼びかけ、プロジェクトに共感した人から広く資金を集めることができます。

出資者は、自分が共感したプロジェクトに資金を提供し、出資後は出資の金額に応じた配当や商品、サービスなどさまざまなリターンを得ることが可能です。

出資者と起案者を結ぶサービス

クラウドファンディングは、資金を提供してくれる人(出資者)と、資金を調達したい人(起案者)とを結ぶサービスです。

インターネットを利用することで出資者のニーズなどを把握し、従来は難しかった出資者と資金調達者を、ダイレクトに結びつけることが可能になりました。

アイデアや実行能力があっても、実現するための資金がない人にとっては、資金調達の手段となり、資金を持つ人には新たな資金活用の手段となります。

クラウドファンディングの種類

まずクラウドファンディングは、出資者が金銭的見返りを求める『投資タイプ』と、金銭的見返りを求めない『非投資タイプ』に大きく分かれます。

さらに、投資タイプは『融資型』『ファンド型』『株式投資型』に、非投資タイプは『寄付型』と『購入型』に分けることができます。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングは、『ソーシャルレンディング』や『貸付型クラウドファンディング』と呼ばれることもあり、お金を必要としている個人や事業者と、資産運用を行いたい投資家を結びつけるサービスです。

ここでは、融資型クラウドファンディングについてみていきましょう。

お金を貸し付ける投資方法

融資型クラウドファンディングは、投資タイプの中でも資金を『貸し付ける』ものを指します。投資家がクラウドファンディング運営会社を通じて、個人や事業者に貸し付けを行い、分配金を受け取る仕組みです。

投資である以上リスクはありますが、投資した資金の返済や利益の分配金があるため、資産運用のひとつにもなります。また、少ない金額から投資を始められるのも魅力です。

マネオで投資先を探してみよう

『マネオ(maneo)』は日本初の融資型クラウドファンディングで、国内シェア50%以上の最大手です。法人向け融資に特化しており、『事業性資金支援ローンファンド』と『不動産担保付きローンファンド』が主要案件です。

ローンファンドの運用利回りは年5.0~8.0%(一部例外もあり)で、運用期間も3カ月から1年程度のものが中心となっており、短期の運用にも最適です。

ソーシャルレンディング | maneo(マネオ) | あなたの投資が中小企業をサポート!!

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディングは、融資型クラウドファンディングより大きな利益を狙うことができます。ここでは、ファンド型クラウドファンディングについてみていきましょう。

社会貢献したい人向き

特定の事業に出資して、金銭的なリターンを受け取れるファンド型クラウドファンディングは、金銭的なリターン以外にも商品などのリターンも多いため、社会貢献の要素が強いことが特徴です。

出資したい事業やプロジェクトを自分で選ぶことができ、支援した事業の売上や出資金に応じた配当を受け取れます。そのため、業績が想定以上であれば大きなリターンを得られます。

一方で、事前に金利などは決まっていないため、元手を下回る可能性もあります。

ファンドを探すならセキュリテ

セキュリテは、少額から出資できるインパクト投資のプラットフォームです。

経済的なリターンを求めるだけではなく、各地域で抱える社会的な課題を支援者からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値を追求する新しい投資の仕組みです。

『九州食農連携 熊本物産ジビエファンド』や『名古屋の金シャチ横丁 城町グリルファンド』など地方活性化のためのファンドも多数あります。また、出資額は各ファンドによって異なりますが、1万円ほどから出資できるものもあります。

セキュリテとは|セキュリテ

株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドファンディングは、非上場企業の株式をリターンとして取得できます。ここでは、株式投資型クラウドファンディングについてみていきましょう。

非公開株式に投資できる

従来は投資が難しかった未公開株式へ、インターネットを通じて個人が小額から投資できるようになりました。初期段階から支援できるので、将来的に売却益をリターンとして得られる可能性があります。

ただし、通常の株式投資と違い、取得した非上場企業の株式は自由に売却できないので注意が必要です。

利用者が多いFUNDINNOがおすすめ

FUNDINNO(ファンディーノ)は 、日本初の株式投資型クラウドファンディングです。IPO(株式公開)をめざしている会社を応援するために資金を出し、その資金に応じた株式を受け取ることができます。

FUNDINNOで募集される会社はITやフィンテック関連など、この先も市場拡大が期待できるベンチャー企業が多く、2018年4月時点で累計資金調達額は約4.7億円に達しています。

取引量日本No1!※日本初の株式投資型クラウドファンディング| FUNDINNO

まとめ

投資タイプのクラウドファンディングは、『融資型』『ファンド型』『株式投資型』に分かれます。どれも少額から利用でき高利回りなことから、新たな投資の手段となり得ます。

しかし、投資した金額分を回収できなかったり、選んだ会社が未上場のままだったりする可能性もあることは、常に念頭においておきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

クラウドファンディングの人気記事

カテゴリ

その他

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり