1. Fincyトップ
  2. その他
  3. 経常利益と営業利益の違いについて。誰でも分かる簡単解説

経常利益と営業利益の違いについて。誰でも分かる簡単解説

会社の業績発表や決算期になるとよく耳にするのが「経常利益」「営業利益」という言葉です。何となく意味は分かっていても、正確に理解している人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、「経常利益」と「営業利益」の違いを分かりやすく解説します。

この記事の目次

営業利益とは

営業利益という言葉は、会社の決算書である貸借対照表と損益計算書のうち、損益計算書に登場します。

損益計算書とは、Profit and Loss statement(P/L)とも呼ばれ、その会社が一定期間にどれだけの利益(もうけ)を出すことができたのかを示します。そして損益計算書では、会社の儲けを5つの利益に分けて表示しています。

この5つの利益は「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」に分けられ、この中で「営業利益」とはその会社の本業の営業活動でどれだけ利益を出せたのかを示します。

計算方法

営業利益の計算方法としては「売上総利益」から「販売費及び一般管理費」を引いた数字となります。

営業利益=売上総利益-販売及び一般管理費

ここで言う「売上総利益」とは、会社の本業によって売り上げた「売上高」からその商品の原価や製造にかかる「売上原価」を引いたものを指します。

そして、「販売及び一般管理費」とは従業員の給料、社屋の賃貸費用、事務経費など、商品を売るための営業活動にかかった費用を指します。

具体例

簡単な例で言うと、800万円で自転車を製造し、1200万円で売り、営業費用として100万円がかかった自転車メーカーA社があったとします。

売上高:1200万円
売上原価:800万円
販売及び一般管理費:100万円

この場合、計算式は以下になります。

売上高-売上原価=売上総利益
1200万円-800万円=400万円

売上総利益=400万円

売上総利益-販売及び一般管理費=営業利益
400万円-100万円=300万円

営業利益=300万円
という計算になります。

常に黒字が望ましい

営業利益は、その会社が本業において、商品の製造や仕入れ、流通、広告、販売をした際にどれだけ利益を出すことができるのかを示しますので、会社経営者の本業での実力が示されている数字ということになります。

この営業利益は、会社にとって最も基本的な利益ですので経営上、常に黒字を保っておきたい数字です。

何らかの理由で、営業利益が赤字になれば、銀行への借入金の返済や、利息の支払いができないことになりますので、営業利益は常に黒字が望ましいとされています。

経常利益とは

経常利益とは、本業の営業活動での儲けを表す営業利益に、営業外での財務活動の収支を計算にいれた利益を言います。

経常利益は、「ケイツネ」の愛称で呼ばれ、会社が毎期繰り返す営業活動と財務活動の結果で利益が出ているのかを示します。

経常利益から自然災害や長期保有目的の固定資産の売却損益などを足し引きしたものを「税引前当期純利益」といいますが、この「税引前当期純利益」では会社にとって一時的な損益が計算に含まれています。

この点、経常利益では会社の通常活動での収益性を見ることができるので、5つの利益の中で最も重要な指標と言われています。

計算方法

経常利益の計算方法は、「営業利益」に「営業外収益」を足し、「営業外費用」を差し引いた数字となります。

経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用

ここで言う「営業外収益」とは、資金運用による株式の売却益や受取利息、所有不動産からの家賃収入などを指します。

そして「営業外費用」とは取引銀行からの借入金の返済、社債や有価証券の支払利息などを指します。

具体例

さきほどの自転車メーカーAにおいて、営業利益が300万円、借入金の返済金が200万円、株式の運用益を100万円としたとき

営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益
300万円+100万円-200万円=200万円

経常利益=200万円
という計算になります。

通常の活動での収益性を示す

営業利益が本業の営業活動での利益を示すのに対し、経常利益は、本業での営業活動とそれ以外の財務活動を通じて、会社全体でどれだけ稼ぐことができるのかを示します。

どのようにして資金運用をするのか、どこからお金を借りるのかなど、本業以外での財務活動による結果も含まれているので、その会社がビジネス全体として通常の活動をした場合の収益性を見ることができます。

そのため、経常利益が継続的に黒字であれば、その会社は安定した経営を続けている証拠であり、健全な会社と判断できます。

反対に、経常利益が赤字の会社は、取引銀行からの借入の返済や利息の支払いなど、本業での営業利益以外の財務活動にコストがかかってしまっている状態です。

何期にも渡り経常利益が赤字の会社は、経営上、危険信号が出ているということになります。

まとめ

今回は、経常利益と営業利益の違いについてご紹介致しました。今まで意味が曖昧だった方も、これで2つの利益の違いについて理解できたのではないでしょうか。会社の決算書を読むときや、ニュース、新聞を読む際の参考にしていただければと思います。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他