1. Fincyトップ
  2. その他
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨ICOの買い方を解説。購入前の情報収集がポイント

仮想通貨ICOの買い方を解説。購入前の情報収集がポイント

2017年に日本でも公開されたICOは、新しい資金調達の手段として注目を集めています。ICOには、IPOやクラウドファンディングとはまた違った魅力があります。今回は、ICOの買い方や、リスクを下げるための注意点などを解説します。

この記事の目次

仮想通貨ICOとは

ICOはInitial Coin Offeringの略で、日本語では『新規仮想通貨公開』と訳されます。仮想通貨の台頭にともない、新しい資金調達の手段として発展しました。

資金調達の手段

ICOは、IPO(Initial Public Offering)やクラウドファンディングと並ぶ新しい資金調達の手段です。

既存のプラットフォーム(ブロックチェーンなど)を使い、新しい仮想通貨(トークン)を発行し、それを投資家に購入してもらうことで資金を集めます。

ICOはこれまでのような、投資家に対しての対価支払いはありません。企業のサービス充実や、新しい商品の開発を期待しての『出資』という側面が強い投資です。

ただし、トークン自体にサービスや優待などの付加価値をつけることはできるので、それを目的に投資する投資家もいます。また、購入したトークンが将来的に価値をつけると、その売買差によって大きな利益を得ることもできます。

IPOとの違い

IPOはInitial Public Offeringの略で、日本語では『新規公開株』と訳されます。すでに証券取引所への上場が決定している株を、上場前に購入できる権利やシステムのことをいいます。

ICOとのもっとも大きな違いは、IPOは法定通貨(日本円)で購入することに対し、ICOは仮想通貨によって支払いを行うことです。

さらに、ICOはIPOと違い、取引所への上場が決まっていません。つまり、投資家が購入したトークンが、そのまま無価値になってしまうこともあるということです。

ICOに参加するには

IPOの場合、特定の証券会社への登録が必要となり、さらに抽選(ポイント制など)もあるため参加のハードルは高いものでした。しかしICOであれば、誰でも自由に参加することができます。

トークンを購入する

ICOの目的は、トークンを購入することです。ただし、取引所ではICOのトークンを購入することはできません。ICOを公開しているプラットフォーム(WEBサイトなど)に登録し、そこで購入の手続きを進めます。

ICOで購入するトークンには、通貨として使えるものや、サービスなどの付加価値のついているものなど、いくつかの種類に分類することができます。

  • 仮想通貨型トークン
  • 会員権型トークン
  • プリペイド型トークン
  • ファンド持ち分型トークン
  • アプリケーション・プラットフォーム型トークン

たとえば、仮想通貨型トークンは商品購入など、決済手段として使えるトークンです。また、プリペイド型トークンは、1コイン1円など、特定のサービス内でポイントのように使うことができるトークンです。

ICOトークンの買い方は4ステップ

ICOトークンは、4つのステップで購入できます。取引所での購入とは異なるので、事前に確認しておきましょう。

仮想通貨を手に入れる

ICOはIPOと違い、仮想通貨でトークンを購入します。まずは、トークンを購入するための仮想通貨を手に入れましょう。トークンの種類によって必要な仮想通貨は異なりますが、イーサリアム(ETH)が一般的です。

イーサリアムなどの仮想通貨を購入するためには、取引所でアカウントを開設する必要があります。本人確認が完了すれば取引所や販売所で取引ができるので、必要な通貨を購入しておきましょう。

おすすめは、国内取引所のZaifです。信用できる取引高を有し、手数料も安いため初心者でも使いやすい取引所です。

ウォレットを作る

ICOでトークンを購入する場合、それを受け取るためのウォレットが必要になります。ICOによっては不要な場合もありますが、セキュリティ面で考えても作っておくのが無難です。

ウォレットとは、仮想通貨を保管・管理するための財布のことです。

  • オンラインウォレット
  • デスクトップウォレット
  • ハードウェアウォレット

上記は主要なウォレットの種類ですが、ほかにもアプリウォレットやペーパーウォレットなど、さまざまな形で仮想通貨が保管できます。

ただし、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されるトークンであれば、イーサリアムに対応したウォレットが必要です。あらかじめトークンを保管できるか、自分が使うウォレットを確認しておきましょう。

おすすめのイーサリアムウォレット

おすすめのイーサリアムウォレットは、以下の2つです。

どちらもchromeなどのブラウザで利用できるデスクトップウォレットです。特にMy Ether Walletは、イーサリアム系の通貨を保管できる定番のウォレットで、初心者にもおすすめです。

ブラウザで利用するウォレットですが、基本はオフライン管理(コールドウォレット)をして、送受金するときだけオンライン接続をするタイプのウォレットです。

ICOを選ぶ

ICO投資は、どれを選ぶかがもっとも重要なポイントです。ホワイトペーパー(通貨の説明書)をしっかりと読み、そのICOに利用価値はあるか、投資先として伸びしろはあるかを見極めましょう。

ICOの利用者間での情報交換や、以下のまとめサイトなどで情報を得ることができます。

中には価値のないトークンや、詐欺トークンも含まれる可能性があるので、情報交換は必須です。

ICOの送金アドレスに入金

ICOが決まったら、指定の送金アドレスに入金します。送金先のアドレスを間違えると、仮想通貨はネット上のどこかへ消えてしまうので、十分に注意して送りましょう。

ICOによって異なりますが、およそ5,000円~50,000円相当の投資額になります。入金が完了すると、数日後に登録したウォレット宛にトークンが配布されます。トークンに付与されているサービスや、今後の展開を確認しておきましょう。

ICO選びのポイント

ICO選びは、情報収集が非常に重要です。将来的に価値の出ないトークンに投資しないためにも、あらかじめ入念に調査しておきましょう。

情報収集が鍵

ICO選びはトークンを発行する企業の情報や、ICOの目的、サービス展開などを知ることから始まります。それぞれを調査して将来性があると判断した場合に投資をするので、そのための情報収集は非常に重要なポイントとなります。

Slack

Slackは、ビジネス向けのオンラインチャットサービスです。トークンを開発した企業が直接情報を発信しているので、もっとも新鮮な一次情報を得ることができます。

プロジェクト(チャットルーム)に参加するには、招待URLが必要です。特定のメンバーしか入れないプロジェクトもありますが、トークン購入者にだけ知らされる場合や、中には特設サイトで公開していることもあるのでチェックしてみましょう。

一連の業務の拠点となるデジタルワークスペース | Slack

Medium

Mediumは、企業や個人が気軽に情報を発信できるブログサービスです。自分が必要な情報を発信しているコミュニティをマークしておけば、更新情報をすぐに手に入れられます。

Medium – Read, write and share stories that matter

Reddit

Redditはアメリカの巨大掲示板で、日本でいう2chのようなサイトです。日本語版もありますが、基本的には英語ができる人向けのサービスです。

日本では入手できない情報も流れてくるため、英語が苦手でない人は積極的に利用してもいいでしょう。

reddit: the front page of the internet

トークンの配布数や配布方法をチェック

トークンによって、配布枚数や配布方法が異なります。たとえば、100万枚のトークンが発行されたとしても、すべて投資家に配布されるわけではなく、多くは企業が保持する形になります。

企業の持つトークンの割合が多ければ、将来的にトークンの価格が下がる可能性があります。

つまり、今後トークンの価値が上がったときに売却して利益を上げる可能性があり、企業の持つ大量のトークンが売却されれば、そのトークンの価値は下がってしまうということです。

もちろん、トークンの価値が下がってしまうのは企業としてもよくないことなので、難しい問題です。しかし、どのような戦略でトークンを配布するかというのは、しっかりと確認しておくべきでしょう。

ホワイトペーパーを読み込む

仮想通貨には、トークンも含めてほぼすべてにホワイトペーパーが用意されています。ホワイトペーパーとは、もともと政府が発行する公的文書のことを指しました。

仮想通貨業界では、その通貨を発行する目的や、システムの仕組み、具体的なサービスの内容などが記されています。

できるだけ多くの投資家にホワイトペーパーを読んでもらい、投資をしてもらうために、英語で書かれていることがほとんどです。しかし、日本企業で日本人向けのサービス展開を目指すICOでは、日本語のホワイトペーパーも用意されています。

ホワイトペーパーを読み込むことで、そのICOの将来性や安全性がある程度わかるので、投資の前にしっかりと確認しておきましょう。

全文英語ですが、ビットコインのホワイトペーパーも存在します。

ICOを始める前に

ICO投資には、高いリスクがあることを知っておきましょう。

ハイリスクであることを忘れずに

ICOで資金を集める企業は、どれも善良な企業とは限りません。中には開発を途中でやめてしまう企業や、そもそも開発をしていない詐欺集団である可能性もあります。

さらに、もし優良なトークンを購入しても、それに価値が付くかどうかは誰にもわかりません。サービスが失敗して、トークンが無価値になってしまう可能性もあります。

ただし、サービスの売り出しに成功した場合、トークンの価値は上がり、大きなリターンが期待できます。ハイリスクであることを忘れずに、余裕資金内で取り組むようにしておけば安心です。

まとめ

ICOは誰でも簡単に投資できますが、企業を見極める力やトークンの性質についての最低限の知識は必要です。できるだけ安全に投資できるよう、事前にホワイトペーパーを確認するなど、基本的なことはしっかり押さえておきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

仮想通貨の人気記事

カテゴリ

その他