1. Fincyトップ
  2. その他
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨のトークンって何のこと?仮想通貨とは違うの?

仮想通貨のトークンって何のこと?仮想通貨とは違うの?

仮想通貨のシステムを利用した『トークン』は、企業サービスなどで使われています。よく目にする言葉ですが、仮想通貨との違いを知っている人は多くありません。今回は仮想通貨のトークンについて、その違いや購入方法などを紹介します。

この記事の目次

仮想通貨のトークンとは

仮想通貨におけるトークンとは、どのような意味で使われるのでしょうか。まずは言葉の意味と、仮想通貨との違いを解説します。

トークンに明確な定義はない

トークンとは、既存のブロックチェーン技術(プラットフォーム)を利用して生み出した新たな仮想通貨のことです。

そもそも仮想通貨は、ブロックチェーン技術と呼ばれる優れたプラットフォーム上に存在するものです。情報をブロックにまとめ、暗号化して時系列にそって繋げていく(チェーン)ので、暗号通貨とも呼ばれています。

今あるプラットフォームを利用して、新たに仮想通貨を発行したものが『トークン』です。独自のプラットフォームから生み出された、ビットコインなどのオリジナルをトークンとは呼びませんが、その線引きは曖昧で明確な定義はありません。

仮想通貨との違いは技術的な違い

仮想通貨を発行するためには、ブロックチェーンなど、セキュリティに特化したプラットフォームが必要です。

この技術を開発しなければ、仮想通貨は仮想通貨として信用されず、まったく価値のないものになってしまいます。もちろん開発には資金と人材が必要で、膨大な時間がかかります。

しかし、トークンであれば、既存のプラットフォームを利用するため、いちからブロックチェーンを開発する必要がありません。

トークンの目的

トークンは、ブロックチェーンを開発する必要がないので、誰でも簡単に発行できます。その目的は、企業のサービスから個人の趣味までさまざまです。

企業の資金調達

トークンは、企業が新たなサービスを展開する際の、資金調達に利用されることがあります。

発行されたばかりのトークンに価値はありませんが、企業が無料券や優待券などの付加価値をつけてトークンの購入を促します。そして、トークンを購入してもらい資金が集まれば、新しいサービスが展開できるという仕組みです。

サービスが成功すればトークンの価値も高まり、トークン購入者はその差額でさらに利益を得ることができます。

トークンは株式に似ている?

トークンを購入してもらい資金を集めるという性質から、株式と似ているといわれることもあります。たしかに資金集めの側面では似ているかもしれませんが、まったく同じではありません。

トークンは株式と違い、半数を所持したところで発行元企業のオーナーになれるわけではありません。さらに、トークンは企業だけでなく、個人でも発行できるという大きな違いがあります。

発行者が供給量を操作

トークンの特徴として、発行量があらかじめ決まっていることが挙げられます。たとえばビットコインの場合、ビットコインの供給はマイナー(採掘者)がマイニング(採掘)することによって少しずつ発行されます。

マイニングには膨大な計算が必要になり、その計算難易度がうまく調整されているため、ビットコインの全量が発行されるのは、2140年ごろという計算がなされています。

しかしトークンは、発行者が発行量を決められる(アセットタイプ)ので、どのタイミングでどれだけ供給するか、自由に決めることができるのです。

トークン発行のメリットとデメリット

トークンの発行について、メリットとデメリットを紹介します。

開発コストもリスクも少ない

トークンの発行は、既存のプラットフォームを利用するため、開発コストがかかりません。開発コストをかけず資金集めができ、トークンの発行さえできれば、あとはサービスの充実を図るだけです。

サービスが充実してくれば、それにつれてトークンの価値も高まり、さらに資金が集まります。

トークンの発行自体に費用はそれほどかからないので、失敗しても大きな損失にはなりません。低リスクで資金集めができ、自社サービスの充実を目指せるというのは大きなメリットです。

また、発行量の調節もできるので、ある程度価値の調整もできます。つまり、発行量を抑えてトークンの価値を高めることもできるということです。

母体プラットフォームの影響を受けやすい

トークンは既存のプラットフォームを利用するため、母体となるブロックチェーンや基軸コイン(ビットコインなど)に何か問題が発生した場合、その影響を受けてしまいます。

カウンターパーティトークンは、ビットコインのブロックチェーンを利用して発行されたトークンです。

たとえば、ビットコインがブロックチェーン上で送金詰まりを起こした場合、カウンターパーティトークンも同じように、送金詰まりを起こしてしまいます。

また、価格の影響も受けやすいというデメリットもあります。ビットコインの価値が下がった場合、カウンターパーティトークンの価値も下がってしまう傾向にあります。

トークンを購入するには

トークンは、ビットコインなどのオリジナル通貨と同じ方法で、簡単に購入することができます。ただし、そのトークンは個人か発行したものなのか、大企業のサービスに関する裏付けがあるのか、しっかり見極めて購入する必要があります。

中にはまったく価値のないトークンも発行されており、購入したあとに消滅してしまう可能性もあります。では、どのようにしてトークンを見極めればよいのか、その方法を紹介します。

トークン選びの3つのポイント

トークン選びには、3つの重要なポイントがあります。

上場しているか

トークンは、ICO(新規仮想通貨公開)と呼ばれる方法で公開されます。発行した企業などが特設サイトなどを立ち上げ、そこでトークン購入の募集をします。

この時点でトークンを購入すれば、かなり割安で手に入れることができます。その後、値上がりした場合、大きな売買差益を得ることができるでしょう。

しかし、その時点ではそのトークン自体の価値はほぼなく、そのまま消滅してしまう可能性もあります。また、公開した企業が悪質であれば、集めた資金を持ち逃げする恐れもあるため注意が必要です。

ICOの募集が終わると、取引所に上場(取引所で売買できるようになること)されるトークンが出てきます。上場するには取引所に認められなければならないので、そのまま上場せずに終わるトークンもあります。

トークンが上場しているということは、一定の信用があると取引所に認められた証拠です。つまり、リスクを抑えてトークンを購入したいのであれば、上場しているトークンを購入するのがよいです。

有名な取引所が発行しているか

トークンは、企業や個人など関係なく発行することができます。そして、取引所もトークンを発行することがあります。

取引所で発行されたトークン(Zaifトークンなど)は、『ほかの仮想通貨と交換する』という役割を持って発行されることが多いようです。

取引所が発行するトークンは、いわゆる仮想通貨交換業のプロが発行しているため、ある程度の信頼があります。特に、zaifなどの大手取引所が発行している場合、持ち逃げや詐欺などの心配は皆無といってもよいでしょう。

ホワイトペーパーを見て将来性はあるか

ホワイトペーパーとはもともと、政府が公開する文章(報告書)という意味で使用されていました。仮想通貨では、コインやトークンの目的や技術的な内容を示す文章として使われています。

ホワイトペーパーを見ることで、そのコインやトークンの安全性・将来性がわかります。実現性のないものや、将来性がないと購入前に判断できれば、リスク回避につながります。

全文英語ですが、ビットコインのホワイトペーパーも存在します。

取引所はZaifがおすすめ

2018年3月現在、国内でトークンの取引をしている取引所はほとんどありません。その中でZaifは17種類ものトークン取扱があり、今後も増える見通しです。

仮想通貨取引所・販売所 - Zaif(ザイフ)

トークン購入の流れ

トークンを購入するためには、以下の作業を行う必要があります。

  • 取引所のアカウント開設
  • 本人確認
  • 日本円の入金
  • トークン購入

本人確認書類のアップロードが終わったら、取引所から住所確認のためのハガキが送付されてきます。アカウント開設はすぐにできますが、ハガキ送付に2~3週間かかるので、すぐに取引することはできません。

入金方法は、銀行振込・コンビニ決済・ペイジーなどから選べます。なお、住信SBIネット銀行からの入金であれば、振込手数料が無料です。

トークン購入前にチャートを見てみよう

入金が完了すれば、自分の好きなタイミングで購入することができます。ただし、トークンもオリジナル通貨と同じように、刻一刻と価格が変動するので、買いのタイミングを見極める必要があります。

Zaifトークンを例に解説

Zaifトークンは、Zaifが発行したトークンで、もちろんZaifにしか取扱がありません。Zaifで開設したアカウントにログインしたあと、画面右上の『取引』をクリックして取引ページに移行します。

取引ページには、以下の機能が組み込まれています。

  • 売買注文
  • チャート
  • 注文板
  • 取引履歴
  • チャット

チャートや注文板(売買の注文が並ぶ掲示板)を見て価格を決め、売買注文機能で注文を出します。自分の希望の取引があればすぐに取引が成立し、なければ自分の注文が板に表示されます。

チャートの左上に『BTC / JPY』と表示されていますが、これは円建て(日本円の通貨表示)のビットコイン価格を表しています。数値が1,000,000になっていれば、ビットコインの価格が100万円だということです。

この『BTC / JPY』をクリックすると、主要通貨・トークン・COMSAのタブが表示されます。トークンタブの『ZAIF / JPY』をクリックすると、円建てによるZaifトークンの注文を入れることができます。

仮想通貨取引所・販売所 - Zaif(ザイフ)

購入前に価格の推移は必ず確認

現在の価格で注文を入れても問題はありませんが、できれば過去の価格推移を確認したうえで注文を入れるようにしましょう。

チャートを見て、今の相場(価格変動の流れ)が上昇トレンド(上向き)なのか、下降トレンド(下向き)なのか程度は確認しておきましょう。

長期保有ではそこまで気にしなくてもよいかもしれませんが、短期トレードであれば、少しの差で利益が大きく変わることがあります。

おすすめのトークン3種類

今や無数に発行されているトークンですが、その中でもおすすめの3種を紹介します。発行する企業の信用度や、トークンに付属するサービス内容に注目しています。

Zaifトークン

Zaifトークンは、テックビューロ株式会社が発行するトークンです。この通貨の魅力は、大手取引所のZaifが管理運営しているということです。

トークンといえば、紐づけられるサービスや優待で投資家に認められるのが一般的です。しかしZaifトークンには、サービスの付加価値がありません。しいていえば、ほかの通貨と交換するためのトークンだといえます。

そして、この付加価値のないトークンが実際に買われていることも事実で、そのこと自体がある程度の信用となっています。また、これから先Zaif(テックビューロ)がこのトークンに何か付加価値をつけ、トークンの価値が一気に高まる可能性もあります。

XCPトークン

XCPトークンは、仮想通貨の基本基軸であるビットコインのブロックチェーン(CounterParty)上で発行されているトークンです。

XCPを消費して、独自の仮想通貨(トークン)を発行できるという特徴があります。XCPの発行枚数は約260万XCPと決まっており、これ以上増えることはありません。

つまり、XCPが消費されればされるほど希少価値が高まり、価格も上昇すると予想されています。

COMSAトークン

COMSAとは、Computerの『Com』と⽇本語の『鎖(さ)』とを組み合わせた造語です。ブロックという意味での『塊(こん)』という日本語で、ブロックチェーンを意味するという意見もあります。

Zaifを運営するテックビューロ株式会社が発行したトークンで、企業や個人のICO(新規仮想通貨公開)を手伝ってくれるサービスの付与を予定しています。具体的には、ICOに参加するための支払いやリーガルサービスなどです。

COMSAトークンで集まった資金は、主にICOのプラットフォーム整備の開発に使われるようです。

ICOでのトークン購入には要注意

ICOでトークンを購入すれば、価格が非常に低い段階で入手することができます。その後取引所に上場し、価値が上がったときに売却すれば、それだけで大きな利益が期待できるでしょう。

しかし、ICOでのトークン販売は、詐欺問題や税金問題など、さまざまな問題点が浮き彫りになっています。

税金に注意

トークンの売買により利益を得た場合、オリジナルの通貨(ビットコインなど)と同じように納税の義務が発生します。

日本円でトークンを購入した場合は『仮想通貨を購入した場合』、仮想通貨でトークンを購入した場合は『仮想通貨を交換した場合』として考えられます。

どちらの場合も、利益が発生していれば『所得』とみなされ、確定申告をしなければなりません。これを知らずに放置していると、追徴課税(税金が追加される)などが発生する可能性があります。

仮想通貨に関する所得の計算方法等について | 国税庁

仮想通貨の含み益はトークン購入時に確定?

トークンを購入することによる利益は、日本円と仮想通貨のどちらで購入するかによって計算方法が異なります。

日本円で購入した場合、購入額がトークン取得時価となり、トークンを売却・交換した時点で『取得時価 −売却価格 = 利益』として課税所得が算出されます。

また、別の仮想通貨で支払った際は、支払時点で支払通貨の利益が確定し、課税所得が算出されます。つまり、含み益が出ている仮想通貨でトークンを購入した場合、トークン購入時に利益が確定したとみなされるということです。

また、将来的にトークンを売却・交換した時点で利益が出ていれば、さらに課税所得が加算されることになります。

仮想通貨に関する所得の計算方法等について | 国税庁

トークンセールは詐欺も多い

トークンが上場される前、ICOで販売される時期をトークンセールといいます。トークンセールはまだ取引所に認められておらず、信用もありません。

中には集めた資金を持ち逃げするなど、悪質なICOの可能性もあります。トークンを購入する際は、企業の信用度やサービスの内容をしっかりと見極めてから、購入するようにしましょう。

まとめ

トークンは、売買で利益を出す投資物という側面はありますが、その本質はサービスへの期待を込めた出資です。そのサービスや発行する企業を見定め、将来性があると感じるトークンに出資をするようにしましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

仮想通貨の人気記事

カテゴリ

その他