1. Fincyトップ
  2. その他
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨の始め方は簡単。初心者におすすめのお得な買い方とは

仮想通貨の始め方は簡単。初心者におすすめのお得な買い方とは

仮想通貨は難しそうと考える人は多いですが、実はとても簡単に始められます。まずは基本の3ステップで通貨を買い、ウォレットでしっかりと自分の通貨を守りましょう。今回は、初心者におすすめの買い方を詳しく紹介します。

この記事の目次

仮想通貨の始め方は想像以上に簡単

仮想通貨はさまざまな方法で手に入れることができますが、これから始める人は基本的な購入方法を押さえておきましょう。

買い方は3ステップだけ

もっとも簡単な始め方であれば、たった3ステップで通貨を購入できます。

  1. 取引所に登録
  2. 入金(銀行振込 / コンビニ振込)
  3. 欲しい仮想通貨を買う

取引所は、利用者同士で通貨の売買をする場(ネットサービス)のことです。取引所が仲介役となり、買いたい人と売りたい人をつなげてくれるので、まずはそこに登録する必要があります。

通貨を買うためにはお金が必要なので、銀行やコンビニなどから、取引所の口座に入金しましょう。入金できたら欲しい通貨を買うだけ、という3ステップです。

余裕資金で始めること

仮想通貨を始めるときは、余裕資金で投資をするようにしましょう。余裕資金とは、生活費など生きるために必要な資金とは別の資金のことです。『最悪なくなっても大丈夫』と思える金額を投資することが大切です。

仮想通貨は非常に伸びしろのある投資先で、中には億単位で儲けている人もたくさんいます。しかしその分リスクも高く、大幅に値下げする可能性も少なくありません。

また、現状セキュリティが100%安全といえる仮想通貨は存在しません。取引所のハッキングや倒産などで、被害を受ける可能性もあります。余裕資金で投資をしていれば、何か問題があったときでも落ち着いて対応できます。

step1 取引所に登録しよう

ここからは実際に、仮想通貨を始めるために行うことを解説します。最終的に仮想通貨を購入するために、まずは取引所にアカウント登録をしましょう。

Zaifを例に解説

大手取引所『Zaif』は、テックビューロ株式会社が運営する取引所で、売買手数料が安いのが特徴です。

まずはZaif公式サイトにアクセスし、画面右側の枠内にメールアドレスを入力したあと、『無料登録へ』のボタンを押しましょう。

入力したメールアドレスにZaifから確認のメールが届くので、記載されているURLをクリックし、本登録を完了させます。メールが届かない場合、迷惑メールフォルダに入っていることが多いので確認してみましょう。

本登録では、パスワードの入力が求められます。大文字小文字の英数字を組み合わせて、できるだけ複雑なパスワードを入力します。パスワードの強度を自動で計算してくれるので、50%以上になるように設定しましょう。

利用規約と重要事項説明を確認し、最後に『同意して登録』を押せばアカウント作成は完了です。

SMS認証と本人確認書類

アカウントを作成しても、すぐに取引ができるわけではありません。取引の前に、SMS認証と本人確認が必要です。

先ほど作成したアカウントでログインし、『アカウント』 > 『本人確認』 > 『電話番号認証』の順番でページを開きます。電話番号認証コード発行ページの中段にある『電話番号』欄に電話番号を入力します。

『送信』ボタンをクリックすると、携帯電話宛にSMSで6桁の認証コードが送らてくるので、それを入力して『登録』を押すと完了です。

引き続き、『本人確認画像のアップロードはこちら』をクリックして、本人確認書類をアップロードします。

名前・住所・連絡先が確認できるものをスマートフォンなどで撮影し、データをアップロードしましょう。本人確認書類として認められているのは以下のとおりです。

以下のいずれかの書類1点

  • 在留カード
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート・ビザ

顔写真のない官公庁発行の公的証明書の場合は、以下のいずれかの組み合わせで2点

  • 官公庁発行の公的証明書1点(健康保険証、住民票など) + 公共料金の明細書1点(電気・ガス・水道料金の請求書、納税証明書(領収書))
  • 官公庁発行の公的証明書を2点

『ファイルを選択』から撮影した画像を選択し、『アップロード』を押したあと、『アップロードしたファイルで申請する』を押して完了です。

すべて完了すると、本人確認の審査が行われ、確認ハガキが登録住所に送られてきます。確認ハガキが届くまで2~3週間ほどかかり、それまでは取引できないので注意しましょう。

はじめての方へ Zaif Exchange
本人確認資料の提出はどうすれば良いのでしょうか? Zaif Exchange

取引所は複数使い分けがおすすめ

Zaifのアカウント登録について解説しましたが、同時に複数の取引所で申込をしておくと、時間の短縮になります。さらに、複数の取引所を使い分けることで、リスクの分散にもなります。

ひとつの取引所で取引をしていると、その取引所がハッキング被害を受けてしまった場合、すべての通貨を失うことにもなりかねません。複数の取引所に保有通貨を分散させておくことで、被害を最小限に食い止めることが可能です。

また、取引所ごとに通貨の価格が異なります。小さい差ですが、その差を利用して利益を得る『アービトラージ』という売買方法もあります。

管理が大変というデメリットはありますが、それ以上のメリットがたくさんあるので、とりあえず複数の取引所を開設しておくのがおすすめです。

初心者が登録すべき取引所はここ

初心者はまず、取引所を選ぶことから始めます。複数取引所の開設がおすすめですが、まずは1カ所、主要な取引をする取引所を選びましょう。

手数料マイナスのZaif

Zaifは、ビットコインの売買手数料が-0.01~-0.05%の『マイナス手数料』となっています。手数料がマイナスということは、取引するたびに手数料がもらえるということです。

たとえば、板(買いや売りの注文を出す場)に注文を並べることを『maker(メイカー)』といいますが、makerの場合、zaifでは-0.05%の手数料です。

つまり100万円のビットコインをmakerで購入した場合、100万円 × 0.05% = 500円の手数料がアカウント口座に入金されることになります。ただし、ビットコイン以外のアルトコインはマイナス手数料ではないので注意が必要です。

手数料一覧 - Zaif Exchange

積立投資でリスク分散

Zaifでは『仮想通貨に投資をしてみたいけれど不安を感じている』という人のために、積立投資ができるようになっています。

積立投資とは、毎月自動的に口座から一定額の引き落としがあり、そのお金で自動的に仮想通貨を購入してくれるというシステムです。

Zaifでは、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する『ドルコスト平均法』と呼ばれるリスクの低い投資法で自動購入してくれるので、初めての人でも安心して投資することができます。

Zaifで積立投資できるのは以下4種類の通貨です。

  • ビットコイン(BTC)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)

Zaifコイン積立 - Zaif

無料でコインが手に入るbitFlyer

国内最大手の取引所『bitFlyer』では、ビットコインのプレゼント企画を行っています。該当するネットショッピングや無料キャンペーンに応募することで、相応のビットコインが無料でもらえます。

また、もらったコインで別のコインを購入したり、売って日本円に換金したりすることもできます。

おトクにビットコインをもらおう!【bitFlyer】

補償が充実している

国内の取引所では珍しく、ハッキングなどの被害があったときに補償する制度が充実しています。bitFlyerで定められている補償は以下のとおりです。

  • 預かり資産の合計が円換算にて100万円を超える二段階認証登録ユーザー:500万円
  • 上記以外の二段階登録ユーザー:10万円

つまり、二段階認証さえしておけば、誰でも最高10万円まで補償されるということです。預かり金が100万円を超えている場合は500万円まで補償なので、安心して預けられます。

メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金に伴う補償について 【bitFlyer】

step2 取引所に入金しよう

取引所を選んだら、次は取引するための資金を入金しましょう。

入金方法は3つ

入金方法は取引所によっても異なりますが、基本的には以下の3通りです。

  • 銀行振込
  • コンビニ決済入金
  • ペイジー入金

コンビニ決済やペイジーでの入金は手数料が高いので、銀行振込がおすすめです。

取引所への入金には手数料がかかる

Zaifの場合、入金手数料は以下の通りです。

振込方法 3万円未満 3万円以上
銀行振込 - -
コンビニ決済入金 486円 594円
ペイジー入金 486円 594円

銀行振込は、各銀行で定められた振込手数料を負担することになります。

住信SBIネット銀行なら手数料無料

銀行振込の場合、振込手数料は各銀行に依存します。しかし、bitFlyerやZaifなど大手取引所であれば住信SBIネット銀行と提携しているため、振込手数料が無料になります。

仮想通貨の取引に入金作業は必ず必要になるので、無料で利用できるのは大きなメリットです。住信SBIネット銀行であれば、口座開設手数料や維持手数料がかかることもありません。

step3 仮想通貨を購入しよう

取引所への入金が済んだら、実際に仮想通貨を購入してみましょう。

取引所と販売所の違い

仮想通貨は、取引所と販売所で購入することができます。取引所の一部に販売所としてサービスを行っている会社が多く、取引所のアカウントを持っていれば販売所で購入することが可能です。

取引所は利用者同士で仮想通貨の売買をするところ、販売所は運営会社と売買をするところです。

取引所での購入がおすすめ

取引所でも販売所でも好きなほうで取引できますが、初心者は取引所での購入がおすすめです。

取引所は、利用者同士の売買による手数料によって主に利益を得ています。一方、販売所では手数料が無料であるかわりに、そもそもの販売価格が高く、反対に売却価格は低く設定されています。

販売所ではその差額(スプレット)が主な利益となっています。つまり、同じ日に同じタイミングで購入する場合でも、販売所より取引所のほうが安く購入できるということです。

仮想通貨によって取引所を変える

取引所によって、取扱通貨の種類は異なります。たとえば、大手取引所のbitflyerでは、ビットコインの取扱しかありません。販売所ではアルトコインの取扱もありますが、先述したとおり、利用者に不利な条件での売買になってしまいます。

そこで、欲しい通貨の取扱がある取引所を登録しておき、通貨の種類によって取引所を変える方法がおすすめです。たとえば、ビットコインはbitflyer、イーサリアムはzaifなどというように決めておけば、お得に取引をすることができます。

指値注文と成行注文

取引所で売買を注文する方法は、指値注文(さしねちゅうもん)と成行注文(なりゆきちゅうもん)の2種類があります。

指値注文とは、自分が希望する価格で注文を出す方法です。たとえば、1ビットコインを100万円で買いたいと『指定』して注文を出すことは、指値注文になります。

このとき100万円より安い売り注文が板にあれば取引は成立し、高い売り注文しかなければ、自分の注文が板に並ぶことになります。

成行注文は、価格の指定をせずに注文をする方法で、注文段階でもっとも早い成約が自動的に選ばれます。

『1ビットコインの買い注文』を成行注文で出した場合、現段階で一番高い売り注文が100万円なら100万円で取引が成立し、90万円の売り注文が一番高ければ90万円で成立します。

購入後はウォレットで保管

仮想通貨を購入したら、ウォレットに移して保管しておくことをおすすめします。

頻繁に取引するのであれば取引所で通貨を保有していても問題ありませんが、取引所がハッキング被害などを受けると、自分の通貨も被害に合う可能性があります。取引をせず長期保有する場合は、必ずウォレットで保管するようにしておきましょう。

ウォレットって何?

ウォレットとは、仮想通貨を保管するための媒体のことです。保管するといっても仮想通貨に実体はないため、実際には取引に必要な秘密鍵(プライベートキー)を保管しています。

秘密鍵があれば公開鍵(パブリックキー)が生成でき、また、そこからアドレスも生成できます。秘密鍵を他人に知られてしまうと、そこに紐づけられた通貨をすべて渡すことになってしまうので、ウォレットで厳重に保管しておく必要があります。

ウォレットの種類は4種類

ウォレットにはさまざまなタイプがありますが、大きく以下の4種類にわけることができます。

  • ウェブウォレット
  • ローカルウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

取引所はウェブウォレットの一種です。ハッキング被害などを受けやすく、セキュリティ面で優れているとはいえません。

ペーパーウォレットは紙媒体に秘密鍵を印刷して保管するウォレットです。セキュリティ面で優れていますが、直射日光や高温多湿を避けるなど、保管方法に注意する必要があります。

手軽で安心ローカルウォレット

ローカルウォレットは、自分のパソコンにソフトウェアをダウンロードするタイプのウォレットです。

ソフトウェアにはノード(取引できるプログラム)が導入されているので、ローカルウォレットから別のウォレットに通貨を送金したり、取引所に送金したりということが可能です。

パソコンを使わないときはオフラインにしておくことで、ハッキングのリスクを抑えられます。ただし、セキュリティ対策はすべて自分でする必要があります。ビットコインの保管であれば『Electrum』が有名です。

最も安全なハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、ウォレット機能がついた専用の端末のことを指します。USBメモリと同じくらいの大きさで、持ち運びや保管に優れています。

ネットワークから完全に遮断することができるので、セキュリティ面では安全なウォレットです。

パソコンに差しているときにハッキング被害にあったとしても、物理的にウォレットを直接操作しない限り、通貨の送金ができないようなシステムが導入されているタイプもあります。

TREZOR』は、世界的にも有名なハードウェアウォレットです。

仮想通貨初心者におすすめの本

仮想通貨を基礎から勉強したい人におすすめの書籍を紹介します。確認用として1冊手元にあると、何かあったときに安心です。

1時間でわかるビットコイン入門

出典:Amazon - 1時間でわかるビットコイン入門 小田 玄紀 著

『1時間でわかるビットコイン入門』は、ビットコインの基礎を学べる初心者向けの書籍です。初心者でもわかりやすい言葉で書かれており、ポイントとなる箇所は図解付きで解説しているので、ある程度の知識を得ることができます。

一冊でまるわかり 暗号通貨

出典:Amazon - 一冊でまるわかり暗号通貨 森川夢佑斗 著

ビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)のシステムについて知りたいのであれば、『一冊でまるわかり 暗号通貨』がおすすめです。どのような技術で仮想通貨が成り立っているのか、そしてアルトコインの特徴などを詳しく解説しています。

まとめ

初心者でも基本的な3つのステップさえ押さえておけば、気軽に仮想通貨を始められます。不安な人は無料でビットコインをもらえるサービスなどを利用し、リスクの少ない方法で始めてみてはいかがでしょか。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

仮想通貨の人気記事

カテゴリ

その他