1. Fincyトップ
  2. その他
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨のマイニングって何?初心者にもおすすめの始め方とは

仮想通貨のマイニングって何?初心者にもおすすめの始め方とは

仮想通貨から利益を得るための独特な方法として、マイニングというものがあります。しかし、マイニングの概念自体が仮想通貨の複雑なしくみと関係しているので、正直分かりづらいところがあります。今回は、そのマイニングについて詳しく解説します。

この記事の目次

仮想通貨のマイニングとは何か

仮想通貨を物品購入などの決済に使うためには、不特定の人の間で移動する必要があります。一方で、仮想通貨には紙幣や硬貨といった実体がなく、ネット上に保存されたデジタル情報だけが存在します。

信頼すべき実体のない通貨の価値を保証し、不正な取引を排除するために仮想通貨が使っている技術が『ブロックチェーン』というものです。

基本的にマイニングとは、このブロックチェーンに正当な取引のみを関連付けるための作業のことをいいます。

仮想通貨運用のお手伝い

仮想通貨の代表であるビットコインのルーツは、2008年にSatoshi Nakamotoと名乗る人物が発表した論文にあるとされています。

この論文では、中央集権的な機構(たとえば国や企業)を一切持たずに、通貨を流通させる仕組みを提案していました。特定の存在が、通貨の価値をコントロールしない方法を考案したわけです。

一方で、公正性を保証しないのでは通貨として成り立ちません。ビットコインの考え方では、そういった通貨としての価値保証は、ネット上に散らばっている仮想通貨ユーザーが行うという形を取っています。

そのユーザーが行う仕事が、マイニングと呼ばれるものなのです。

マイニングの言葉の意味

マイニングは、普通では考えられないくらいの膨大なデータの中から、ひとつの正しい答えを見つけ出す行為です。そして、この答えを導き出した人には、報酬として仮想通貨が与えられることになっています。

この様子は、巨大な山の内部を掘削し資源を見つけ出す仕事に似ていることから、マイニング(採掘)と呼ばれています。

仮想通貨のマイニングとは?購入だけじゃない仮想通貨の入手方法

マイニングの仕組みはどうなっているの?

仮想通貨の取引(トランザクション)情報には、支払人による暗号化された署名と、受取人の公開暗号鍵などと共に、過去のすべての取引内容が反映された『ハッシュ』と呼ばれる特殊なデータが含まれています。

このハッシュによって、ある通貨のすべての取引は時系列で連結していることになり、第3者が後から取引内容を改ざんすることを防いでいます。

しかし、この仕組みだけでは通貨としての公正性が十分ではない(※)ので、仮想通貨が存在するネットワーク全体で取引を承認する必要があります。この承認の仕組みがマイニングです。

※取引には暗号鍵が必要なため、ウォレットがハッキングされた場合などを除き、第3者が勝手に通貨を移動させることは不可能ですが、その通貨の持主に悪意があれば、重複して同じ通貨を使用することは防げません。

ブロックチェーンの計算に有志のPCを利用

ブロックチェーンは、ブロックと呼ばれるデータの塊が鎖のように連なりネット上に存在している、いわば参照台帳(※)のようなものです。

新しいブロックには最新の取引情報が書き込まれ、これによって取引が正規のものだと承認することになっています。

仮想通貨の価値を保証するためブロックチェーンには、過去に正当と認められたすべての取引を記録していなければなりません。同時に、その内容を悪意を持つ者が改ざんすることを防ぐ仕組みも必要です。

外部からの攻撃を防ぐために、ブロックチェーンも(取引データと同じような)ハッシュを利用し、過去のブロックの内容すべてが、最新のブロックにも反映される仕組みを取っています。

マイニングでは、最新ブロックのハッシュ値を仮想通貨ユーザーの中の有志が、自身の機材を使って探索(後述)することで、新しいブロックを作り出しブロックチェーンへ追記していきます。

※ネットワーク上で分散的に管理されているため、分散台帳技術(DLT)とも呼ばれます

なぜ膨大な計算が必要か

マイニングは取引承認の仕組みであると同時に、新たな仮想通貨発行の役目も担っています。したがって、過剰な頻度でマイニングが行われてしまうと、安易に仮想通貨が発行され続けてしまい、通貨としての価値がなくなってしまいます。

そのため、ビットコインなどでは、マイニングにかかる作業量を意図的に多くすることで、新通貨発行のペースを調整しています。これを、『プルーフ・オブ・ワーク』と呼んだりします。

現実のマイニングは、新たなブロックをブロックチェーンに追記できる正しいハッシュ値を探索することですが、これは単純にゼロから総当り的にチェック(※)してゆくしかありません。

この、ハッシュ値の探索がコンピュータの膨大な計算力を必要とするので、プルーフ・オブ・ワークが実現されているわけです。

※ハッシュ値は、ブロックに含まれるナンス(Nonce)というデータを0から1づつ変更しながら、ブロック全体のデータを、特定の数式を用いて計算することで、正しい結果を見つけ出します

マイニングの流れ

マイニングのプロセスを流れにそって大まかに説明すると、以下のようなものとなります。

  1. 新たに発生した仮想通貨の取引情報は、一度、仮想通貨のネットワーク全体に公開されます。このとき、過去の取引情報を参照することで虚偽の取引情報は削除されます。
  2. マイニングを行う有志(マイナー)は、複数(数十から数百)の取引情報をまとめて、ブロックの形をしたデータを作ります。
  3. マイナーは自分のコンピューターを使用して、新しいブロックに正しいハッシュ値を探索する大量の計算を行います。
  4. ネットワーク上で、最も先に正しいブロックを見つけた人がブロックチェーンの末尾にそれを追記し、報酬として仮想通貨を受け取ります。

新たな取引情報は、このマイニングの完了により、仮想通貨ネットワーク全体が承認します。

仮想通貨におけるマイニングとは?まずは仕組みを理解しよう

マイニングの3種類の方法

現在は、仮想通貨のマイニングを行うためには、3つの選択肢があります。

個人で行うソロマイニング

もちろん、自宅にあるPCを使用して、個人がマイニングの計算を行うことは可能です。これを『ソロマイニング』と呼びます。

この場合は、マイニング用のソフトウェア(ツール)をダウンロードし、自分のPCへインストールすることで、マイニング作業を始められます。

ソロマイニングでは利益は出せない?

ただし現在では、企業などを含めてマイナーの数が激増しており、マイニングの成功を競い合う状況となっています。

また、ビットコインなどでは、マイニングの競争によって新規発行通貨が多くなり過ぎないように、その難易度を常に調整しています。つまり、マイナーが増加するということは、前出のハッシュ値計算の困難度合が高くなっていくことを意味します。

結果的に、人気のある仮想通貨でマイニングを成功させるのは、多額の設備投資を行い高性能のコンピュータを用意した人々が主流になります。

知識のある人なら、ある程度の費用を使い自宅に専用のPCを用意して、マイニングに成功することはできますが、そのために消費する電気料金などを通算すると、めぼしい利益を出せるかは微妙なところです。

みんなで協力するプールマイニング

自宅のPC1台だけではマイニングに成功することも難しいですが、そういった人がインターネットを通じて連携しマイニングを行えば、成功率は高くなります。

この場合、各参加者は自身のPCが持つ処理能力(の余裕分)をマイニングに提供します。そのアイディアで行われるのが『プールマイニング』です。

共同作業なので、マイニングから得られる通貨数も頭割りとなりますが、ソロマイニングでは成功率も低く電気代だけがかかることを考慮すれば、効率的なマイニング手法だともいえます。

出資するだけのクラウドマイニング

現在、ビットコインなどでマイニングを成功させるためには、多額の設備投資が必要であり、その主体は企業などに移っています。

そういった企業がマイニングの予算を確保するために、一般の人から出資をつのるというのが『クラウドマイニング』です。

出資者は、出資額に応じた金額をマイニングが生み出した利益の中から、配当のような形で受け取ります。

詐欺に注意

一般の人が、クラウドマイニングに参加する際に気を付けておきたいリスクのひとつが詐欺商法です。

クラウドマイニングでは、利用者は企業との間で事前に出資の契約を結び、予算を振り込んだ後で利益が発生するのを待つ形になります。仮に悪質な企業であれば、この出資金を持ち逃げする目的だけの場合もあり得ます。

クラウドマイニングに参加する場合は、企業の信頼度などもしっかりチェックする必要があります。

ソロマイニングの始め方

それでは、ソロマイニングの代表的な手法を紹介します。

マイニングマシンを用意

PCとソフトウェアがあれば、基本的には誰でもマイニングを開始できますが、成功率を考慮した場合は、専用の機材(マイニングマシン)を持ったほうが確実に有利です。

現在では、ソフトウェアによるものから専用のハードウェアを使うものまで、さまざまなマイニングマシンが提供されています。

CPU、GPU、ASICの特徴

マイニングをいかに効率的に成功させるかは、その計算を行うハードウェアの能力にかかっています。

計算用のハードウェアには、その特性により大まかに3つの種類があります。

名称 説明
CPU ・一般のPCには必ずひとつ装着されている、いわゆるコンピュータの中枢部分。マイニングでは、ソフトウェアをこの上で動作させる
・汎用性が高いかわりに数値計算能力はそこそこ
GPU ・本来は画像処理用に特化した演算素子
・数値演算の能力が高くマイニングにも利用される
・CPUと連携して動作する必要あり
ASIC ・マイニングの計算専門に作られた半導体素子
・マイニングの能力は3種類の中で最も高い

一般的にいって、マイニングの成功率で上記3種類を比較すると、CPUのみ使用する場合がもっとも低く、続いてCPU+GPUからASICへと高くなります。

個人では難しいのが現状

前出のGPUやASICといったマイニングマシンは、その価格帯は数万円から数十万円といったところで、一般的に誰でも購入できます。

しかし、その数百倍の設備投資をしているマイニング企業と競争をしながら、個人が設備投資を回収して利益を出すことは、現状では困難だといえます。

プールマイニングの始め方

複数のマイナーが協力しあい、自分のマイニングマシンの能力に比例した利益を得るのが、プールマイニングです。

基本はソロマイニングと同じ

プールマイニングでは、マイナーたちはネットを経由して、自身が所有するマイニングマシンの計算力を『マイニングプール』と呼ばれるグループへ提供します。したがって、見かけ上はソロマイニングを行うのと変わりません。

しかし、この方式であれば、一般的なノートPCからでもマイニングに参加でき、少額になったとしても、確実に配当を受け取ることが可能となります。

マイニングプールを選ぶ

当然、プールマイニングを成功させるは、可能な限りよいマイニングプールに加わる必要があります。

マイニングプールの能力を計るとき、主な目安となるのが『ハッシュレート』です。これは、一定時間にいくつのハッシュ値を見つけたか(マイニングに成功したか)を示す数値です。

マイニングプールの場合、参加者が多いほど成功率が高くなるので、ハッシュレート自体も大きな数値になりますが、マイニングからの利益を分配する人数も多くなります。

当然その分配率は、自分が全体の計算にした貢献の度合により決まってきます。したがって、プールマイニングを行う場合は、自分のマイニングマシンの能力と、プールのハッシュレートを考慮して、参加を決めたほうがよいでしょう。

他の要素としては、プール参加に手数料が必要な場合もあり、その点も確認が必要です。

ビットコインハッシュレート分布 - Blockchain.info

初心者にはMinerGate

マイニングにはいくつかのスタイルがありますが、まず初心者が手始めに使ってみる場合におすすめなひとつが『MinerGate』です。

MinerGateが提供するマイニングソフトウェアは、インストールされたPCの環境を自動的に判別するとともに、収益性のある仮想通貨も自動で検索し、ユーザーにとって最も有利なマイニング手段を決定してくれます。

そして、マイニングプールへの接続も自動です。また、ダウンロード元にアカウントを作成することで、ウォレットも自動的に作成されるので、マイニング初心者にとっては便利なツールといえます。

MinerGate - Cryptocurrency mining pool & easiest GUI miner

クラウドマイニングの始め方

クラウドマイニングは、参加者がPCの計算能力を提供する必要はなく、かわりにマイニングに必要な資金を提供します。

このため、特別な知識などもほぼ必要なく、手軽に始められることが大きなメリットとなっています。

初心者にも簡単な3ステップ

基本的に、クラウドマイニングの始め方は以下のようにシンプルです。

  1. 利用したいクラウドマイニングのサイトで、アカウントを作成する
  2. 提示されているハッシュレートの中から自分にあったものを選び、必要な金額を支払う
  3. ハッシュレートを、好みの仮想通貨銘柄に配分(設定)する

多くの場合、出資金はクレジットカードや、ビットコインなどでの支払いも可能なので、その点でも容易に開始できるマイニング手法となっています。

日本語対応のおすすめ投資先

仮想通貨のクラウドマイニングを始めようとするときには、やはり日本語に対応したマイナーが便利です。

Hash Flare

エストニアに本拠地を置くHashCoinsが運営するクラウドマイニングが、『Hash Flare』です。

Hash Flareのホームページには、マイニングに使用するアルゴリズム(計算方式)とハッシュレート、メインテナンス料金などが表示されるので、それらの中から自分の条件に合うものを選択するだけで、クラウドマイニングを開始できます。

利用者の出資に応じたハッシュレートが、Hash Flareが所有するマイニングマシンを通じて間接的にプールマイニングへ割り当てられます。このプールを利用者自身が選択できるのも、Hash Flareの便利なところとなっています。

契約は1年ごとですが、終了時に再契約を申し込めば、継続的なマイニング参加が可能です。

HashFlare - クラウドマイニング

Genesis Mining

『Genesis Mining』は、香港に本拠地を置く人気の高いクラウドマイニングです。取扱う仮想通貨は、ビットコインやイーサリアムなど6種類ですが、人気の高い通貨は、クラウドの権利が売り切れている場合もあるので注意が必要です。

ビットコインでは、期限に制限のないマイニング契約が結べることになっていることも、Genesis Miningの人気を支えているポイントです。

最大のクラウド ビットコイン マイニング会社 | ジェネシス・マイニング

マイニングに税金はかかるのか

成功率を別にすれば、自宅で誰でも比較的簡単に開始できるのが仮想通貨マイニングです。

場合によると、ある程度の利益を生むことも考えられますが、日本の税制では、その利益が『雑所得』として課税の対象になるので注意が必要です。

仮想通貨を取得した時点で発生

かつては、法律上物品として扱われていた仮想通貨ですが、2017年度から施行された『改正資金決済法』では、仮想通貨を財産的価値であると明記しています。

したがって、マイニングで新たな仮想通貨を入手した瞬間に所得(収入)を得たことになり、その額が基礎控除額(38万円)などを超えると確定申告が必要になります。

後の申告時に困らないよう、マイニング時の通貨レートなどをしっかり記憶しておく必要があります。

仮想通貨マイニングに税金はかかる?仮想通貨の確定申告と算出法

まとめ

仮想通貨のマイニングは、本来、仮想通貨のネットワークが新しい取引を承認するための手伝いをする仕事です。また同時に、成功すれば新しい通貨がもらえるということで、ひとつの投資対象になり得ます。

マイニングは、手持ちのPCを使ったり専用の機器を購入する、あるいはネット上で他の人と協力し合ったりするなどして誰でも始められますが、現状では競争が激化しており、コストに見合う収入が得られるか微妙な状況です。

また、マイニングから得た仮想通貨も所得として扱われるので、確定申告が必要になる場合もあります。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

仮想通貨の人気記事

カテゴリ

その他