1. Fincyトップ
  2. その他
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨初心者におすすめの無料アプリ。どれを使えばいいの?

仮想通貨初心者におすすめの無料アプリ。どれを使えばいいの?

仮想通貨の取引を始めるときは、アプリを利用すると便利です。取引の基本となるアプリや、仮想通貨を保管するためのアプリなど、目的別のおすすめアプリを紹介します。また、アプリを利用するときのセキュリティ対策についても、知識を持っておきましょう。

この記事の目次

仮想通貨でアプリを利用するメリット

仮想通貨の取引でアプリを利用することには、次のようなメリットがあります。

  • 取引用の口座開設の手続きが簡単にできる
  • いつどこでも、相場のチェックや仮想通貨の取引をおこなえる

仮想通貨の取引を始めるときは、最初に取引用の口座を開設する必要がありますが、アプリを利用すれば、簡単に手続きを済ませることができます。

また、移動中や外出先など、どこでも手軽に仮想通貨の相場のチェックや送金、トレードなどをおこなえます。

登録や使い方が簡単

仮想通貨のアプリは、比較的登録や使い方が簡単です。Google PlayストアやApp Storeからアプリをダウンロードすれば、すぐに使い始められます。

仮想通貨の取引を始めるときは、取引所に口座を開設しなけばなりません。口座を開設するには、申込書類に基本情報を記入し、本人確認書類を提出する必要があります。

しかし、アプリからであれば、基本情報はアプリ上の指示に従って入力し、本人確認書類をスマートフォンのカメラで撮影し、画像をアップロードするだけです。

また、仮想通貨のアプリはメニューを開いたり、ボタンを操作したりするだけで、チャートの切替や資産の管理、仮想通貨のトレードなどができるようになっており、初心者でも簡単に扱えるのが大きな魅力です。

無料で使えるものが多い

仮想通貨のアプリは無料で使えるものが多く、余計なコストがかかりません。無料のアプリといえど機能は充実しており、仮想通貨の取引や保管、情報収集などができます。

有料のアプリか、無料のアプリなのかは、ストアに必ず表示されているので、よく確認してからダウンロードするようにしましょう。

不正アプリに注意

仮想通貨のアプリをダウンロードするときは、不正アプリに注意しましょう。いかにも怪しいアプリであれば誰もが警戒しますが、中には公式アプリを装って、検索の上位にランクインするような、優良アプリに見えるものもあります。

不正アプリをダウンロードしてしまうと、スマートフォンがウイルスに感染する恐れがあります。もしウイルスに感染してしまうと、端末内のデータが流出し、仮想通貨が盗まれてしまう可能性もあります。

そのような事態を避けるために、アプリをダウンロードするときに、以下のことを心がけるとよいでしょう。

公式サイトからダウンロードする

アプリを利用するときは、必ずGoogle PlayストアApp Storeなどの、公式サイトからダウンロードするようにしましょう。

公式サイトでも、不正アプリを完全に排除できるわけではありませんが、公式サイトでアプリを公開するには、審査を受けなければならないため、不正アプリの開発者は、公式サイトを避ける傾向にあります。

そのため、公式サイトからダウンロードすれば、不正アプリをダウンロードしてしまう可能性が低くなります。

さらに、アプリをダウンロードする前には、アプリの開発元を確認しましょう。聞いたことがない名前の会社や、開発元が不明のアプリは、不正アプリの可能性があるので、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

また、評価の多い優良そうなアプリでも、評価の詳細を見ると不正アプリであることが指摘されていることもあります。評価の数だけで判断せず、評価の内容を確認することが大切です。

スマホ自体のセキュリティ強化

仮想通貨のアプリを利用するときには以下のような対策を施し、スマートフォン自体のセキュリティを強化しておくことも重要です。

  • セキュリティソフトをいれる
  • スマートフォンにロックをかける
  • 強度の高いパスワードを設定する
  • フリーWi-Fiの利用は避ける

まず、スマートフォンにはセキュリティソフトを入れておきましょう。セキュリティソフトは、ウイルスを検知したり、ダウンロードしようとしているアプリが安全なものかどうかを、スキャンして確認してくれたりします。

また、第三者にデータを閲覧されることを防ぐため、スマートフォンには必ずロックをかけ、パスワードは英数字や記号を混合した複雑なものに設定し、簡単に推測できないようにすることも大切です。

そして、フリーWi-Fiは誰でも利用できるため、そこからスマートフォンがハッキングされる危険があります。外出時はWi-Fiの接続を切っておき、なるべくフリーWi-Fiの利用は避けるようにしましょう。

取引の基本となる取引所アプリ

ここからは、目的別におすすめのアプリを紹介します。まずは、仮想通貨の取引の基本となる『取引所アプリ』です。

DMM Bitcoin

項目 詳細
取引可能な仮想通貨 全7種類(ビットコイン・イーサリアム・ネム・リップル・ライトコイン・イーサクラシック・ビットコインキャッシュ)
入出金手数料 無料
取引手数料 無料

DMM Bitcoinは、ビットコインをはじめ、全7種類の仮想通貨の取引が可能です。入出金手数料や取引手数料が無料なため、余分なコストを抑えられます。

また、DMMはFX事業を展開しており、仮想通貨のアプリはそのノウハウを利用したものであるため、機能が豊富で初心者でも使いやすいものになっています。

また、セキュリティにも力を入れており、2段階認証(※)やSSL暗号化通信、仮想通貨の分別管理などをおこなっており、安心して利用できます。

※2段階認証とは、アカウントにログインするときに、ログインパスワードとは別に、セキュリティコードや認証コードの入力を要求される、セキュリティの強度が高い認証方法です。

DMM Bitcoin - 今、ビットコイン取引を始めるならDMM

LINEでの問い合わせが可能

DMM Bitcoinは、24時間365日いつでも問い合わせに対応しています。問い合わせフォームからの問い合わせのほかに、LINEでの問い合わせも可能です。LINEでの問い合わせには、DMM Bitcoinを『友だち追加』する必要があります。

お客様サポート - DMM Bitcoin

Binance

項目 詳細
取引可能な仮想通貨 ビットコインをはじめ、100種類以上
入出金手数料 仮想通貨の種類によって異なる
取引手数料 基本0.1%(トークン(BNB)での支払いの場合、初年度は0.05%に割引)

Binanceは、香港の仮想通貨取引所です。公式サイトやアプリは日本語に対応していないため、英語が苦手な人は翻訳しながら利用することになります。(公式サイトは日本語翻訳ボタンがついています)

取引可能な仮想通貨が100種類以上と豊富であるため、これから値上がりする可能性のある仮想通貨、いわゆる『草コイン』を探すのに向いています。

入出金手数料に関しては、仮想通貨ごとに設定されており、随時改定されていくため、公式サイトで確認するとよいでしょう。

binance

お気に入り機能が便利

Binanceは、お気に入り機能が大変便利です。現在保有している仮想通貨や、検討中の仮想通貨をお気に入りに追加しておくと、すぐに価格をチェックできます。

お気に入りに追加する方法も簡単で、チャート画面の右上に表示されている、『☆』のマークをタップするだけです。

自分の保有している仮想通貨の管理はもちろん、気になるコインを見つけたら、すぐにお気に入りに追加しておけば、あとから探す手間がかからず、うっかり忘れてしまうことも防げます。

仮想通貨の保管にはウォレットアプリ

仮想通貨の保管には、ウォレットアプリを使うと便利です。仮想通貨の『ウォレット』とは、仮想通貨の財布=保管場所のことです。

保有している仮想通貨を取引所にそのまま置いておくと、万が一取引所が閉鎖になったり、ハッキングに合ったりしたときに、仮想通貨を損失してしまう可能性があります。そのため、仮想通貨をウォレットに移し、取引所外で管理しておけば安心です。

また、ウォレットアプリを利用すれば、外出先でも仮想通貨の管理や取引ができます。加えて、仮想通貨払いに対応している施設であれば、仮想通貨で代金の支払いも可能です。

ウォレットアプリの利用するときは、データが第三者に流出しないように、必ずセキュリティ対策をしておきましょう。

また、スマートフォンの故障でデータが消失したり、アプリへのログイン方法がわからなったりすると、保有していた仮想通貨を取り出すことができなくなります。

そのため、こまめにデータのバックアップを取り、アプリのパスワードなどの管理を怠らないようにしましょう。

bitFlyer

bitFlyerは、仮想通貨の取引量が国内最大の仮想通貨取引所です。bitFlyerには、『ウォレットクラス』と『トレードクラス』の、2クラスが用意されています。

ウォレットクラスは、仮想通貨の預入と送付、仮想通貨での決済に対応しており、bitFlyerで仮想通貨の管理をしたい人に向いています。

トレードクラスは、ウォレットクラスの機能のほかに、仮想通貨の購入や売却などの取引をおこなう機能も利用できます。

ウォレットクラスはメールアドレスの登録だけで、簡単にアカウントを作成できますが、トレードクラスは、メールアドレスの登録のほかに、本人確認書類の提出などが必要になります。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

日本最大手で安心

bitFlyerは日本最大手の仮想通貨取引所で、ユーザー数や取引量が多く、株主には大手の金融機関が名を連ねているため、安心して利用できます。

万が一のときの保証制度やセキュリティ対策も充実しており、アプリは使い方が簡単なので仮想通貨初心者におすすめです。

Copay

Copayは、アメリカのシステム会社が開発したウォレットアプリです。公式サイト、アプリともに日本語に対応しているので、英語が得意でなくても問題なく利用できます。

Copayを利用するときには、アカウントの登録は必要ありません。アプリをダウンロードした端末の所有者が、ウォレットアプリに保管している仮想通貨の保有者となります。

Copayはアプリやサーバーのソースがすべて公開されており、ソースコードが読める人であれば、不正なプログラムが紛れていないか、重大なバグが発生していないかを監視できます。

Copay – 安全な共有ビットコインウォレット

セキュリティが強固

Copayは、『マルチシグネチャウォレット』という、複数の秘密鍵で管理するウォレットアプリで、セキュリティが強固であることが特徴です。

仮想通貨の管理には、『公開鍵』と『秘密鍵』が必要です。公開鍵とは簡単にいうと銀行口座の番号のようなもの、秘密鍵とは銀行口座の暗証番号のようなものです。

複数の秘密鍵が必要ということは、口座からお金を下すときに、複数の暗証番号を入力するということなので、ひとつの暗証番号で口座を管理するよりも、セキュリティが高くなります。

さらに、共有ウォレットという機能を利用すれば、複数の端末やユーザーで、ひとつのウォレットを管理できます。

たとえば、端末Aと端末Bの2つで共有ウォレットを管理している場合、仮想通貨を送金するときに、端末Aと端末Bの両方で承認が必要となります。

そのため、共有ウォレットを利用すれば、ハッキングなどで仮想通貨を不正に送金される危険性が低くなるといえます。

大切な資産を守るためのポートフォリオアプリ

仮想通貨という大切な資産を守るためには、ポートフォリオアプリを利用するとよいでしょう。『ポートフォリオ』とは、どこにいくらぐらいの資産を保有しているのかがわかる一覧表のようなものです。

仮想通貨はリスク分散のために、ひとつの取引所に保管しておくよりも、複数の取引所やウォレットで保管したほうがよいのですが、そうするとどこにいくらの仮想通貨を保有しているのかが把握しづらくなります。

しかし、ポートフォリオアプリを利用すれば、初心者でも簡単にポートフォリオを作成して、複数の取引所やウォレットにある資産を一括管理できます。

Cryptofolio

Cryptofolioは、日本企業が開発したポートフォリオアプリです。国内外の30カ所の取引所に対応しており、その取引所で取扱いのある仮想通貨は、すべてCryptofolioで管理できます。

クリプトフォリオ - 仮想通貨の資産管理ツール クリプトフォリオ

日本語対応で初心者向け

日本企業が開発しているので、当然アプリは日本語に対応しており、日本語での問い合わせが可能です。

また、ポートフォリオアプリの対応している取引所は、アプリが開発された国の取引所がメインとなるため、日本の取引所に対応していないこともあります。しかし、Cryptofolioであれば日本のメジャーな取引所にも、しっかり対応しています。

さらに、Cryptofolioは、仮想通貨の価格を日本円(JPY)に変換して表示してくれるので、価格の見方に慣れていない初心者でも使いやすいでしょう。

対応取引所一覧 - クリプトフォリオ

Blockfolio

Blockfolioは、自分の保有している仮想通貨の管理はもちろん、リアルタイムで仮想通貨の相場や、売買状況なども確認できます。

対応言語は英語で、対応している取引所は海外の取引所がメインとなりますが、通貨の表示を日本円(JPY)に切り換えることはできるようになっています。

Blockfolioは、日本向けのアプリとは単位の表し方が異なります。日本向けのアプリでは、『万』や『億』といった単位が使用されます。

しかし、Blockfolioでは『1,000=K』、『100万=MM』、『10億=B』のように、アルファベットで表示されるので、読み間違えないように注意しましょう。

Blockfolio Bitcoin / Altcoin App - Google Play の Android アプリ
Blockfolio Bitcoin Altcoin App

アラート機能が便利

Blockfolioはアラート機能が便利です。仮想通貨ごとにアラートが設定できるようになっており、仮想通貨の相場価格が、自分の指定した価格になったときに、アラートで知らせてくれます。

このアラート機能を使えば、1日中仮想通貨の相場を監視していなくても、価格が上がったときや下がったときに知らせてくれるので、売買のタイミングを逃すことがありません。

仮想通貨の情報収集ができるアプリ

仮想通貨への投資で利益を出すには、情報収集が欠かせません。まず、仮想通貨は価格の変動が激しいので、こまめに相場をチェックする必要があります。

また、保有している仮想通貨の価格が上がるか下がるかを予測するためには、仮想通貨関連のニュースを見ることも大切です。そのほか、今から価値が上がりそうな草コインがないかなど、たくさんの情報を得る必要があります。

このようなたくさんの仮想通貨関連の情報を集めるには、手間も時間もかかりますが、情報収集ができるアプリを入れておけば、自分で情報を集める手間がなくなるほか、移動中や外出先でも読めるので時間を有効に使えます。

コイン相場

コイン相場では、以下のような情報を収集できます。

  • 毎日の仮想通貨関連のニュースやコラム
  • ICO(新規売り出しの仮想通貨)の情報
  • 現在の仮想通貨の相場
  • 取引所の板情報(今どれぐらい売り注文や買い注文が入っているか)

コイン相場には、ICOの情報が得られるというメリットがあります。ICO(Initial Coin Offering)とは、トークン(※)を販売し、その利益で開発費などを得る、資金調達方法のことです。

もし、購入したトークンの利益でおこなわれた開発やプロジェクトが成功すると、トークンの価値が大幅に上がり、大きな利益を得られます。トークンの購入時期が早いほど、安く購入することができるため、こまめに情報をチェックするとよいでしょう。

※トークンとは、既存のブロックチェーン上で発行した独自コインのことです。

ビットコイン相場 仮想通貨チャート, ニュース, ICOトークン - Google Play の Android アプリ
「コイン相場 - ビットコイン&仮想通貨アプリ」をApp Storeで

BitSalon

BitSalonでは、以下のような情報を収集することができます。

  • 毎日の仮想通貨関連のニュースやコラム
  • メジャーな取引所と、取引所が取り扱っている仮想通貨の価格の一覧

BitSalonは、記事の種類と更新回数が多いのが特徴です。大手ニュースサイトの記事はもちろん、情報系サイトやまとめサイト、仮想通貨ブロガーのブログ記事まで掲載されています。

また、ニュースサイトの記事はニュースタブ、まとめサイトの記事はまとめタブというように、それぞれの種類ごとに分けられており、タブを切り替えるだけで、その種類の記事が読めるようになっています。

このアプリだけで、かなりの数のニュースを読むことができるので、たくさんのサイトやアプリから情報を集める時間がないという人におすすめです。

BitSalon | 仮想通貨・暗号通貨の総合情報サイト

仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュースでは、以下のような情報を収集することができます。

  • 毎日の仮想通貨関連のニュースやコラム
  • 初心者向け、中級者向けなど自分のレベルに合ったニュース
  • ICO(新規売り出しの仮想通貨)の情報

仮想通貨ニュースでも、大手ニュースサイトの記事や、まとめサイトの記事など、いろいろな記事を読むことができます。

記事を読むときには、新着記事や人気記事に絞って読むこともできるほか、初級者向けや中級者向けなど、自分のレベルに合ったニュースに絞ることも可能です。

また、利用者同士で情報交換できる掲示板の機能もあり、ニュースを読むだけでは得られない情報を探すことができます。

「仮想通貨ニュース ビットコインの情報まとめ」をApp Storeで

仮想通貨を学べるシミュレーションアプリ

いきなり実際の仮想通貨の取引を始めるには不安な人は、仮想通貨を学べるシミュレーションアプリがおすすめです。相場の見方や売買の仕方などを練習できます。

Coin Checker

Coin Checkerは、仮想通貨を買っていたらどうなったかを体験できる、シミュレーションアプリです。実際の相場情報がリアルタイムで表示されるため、本格的な仮想通貨の取引や値動きを体験できます。

また、仮想通貨のニュースが読める機能もあり、ニュースを読んでから値動きを予想し、仮想通貨を売買してみるといったシミュレーションをおこなうことも可能です。

「仮想通貨シミュレーション - Coin Checker」をApp Storeで

bitVirtual

bitVirtualはアカウント登録不要で、仮想通貨のデモトレードができるアプリです。ビットコインをはじめ、14種類の仮想通貨に対応しています。

デモトレードでの損益を簡単に確認でき、自分の予想や売買のタイミングはどうだったか、あとから振り返ることができます。

また、デモトレードを卒業して、実際の仮想通貨の取引を始めたくなった人向けに、取引用の口座開設の方法が記載されているので、デモトレードから実際の取引への移行もスムーズにおこなえます。

ビットコイン仮想通貨デモトレードアプリ BitVirtual - Google Play の Android アプリ
「仮想通貨・ビットコインデモトレードアプリBitVirtual」をApp Storeで

まとめ

仮想通貨の取引をおこなうときには、目的にあったアプリを利用すると、いつどこでも仮想通貨の取引や管理、情報収集などをすることができて大変便利です。

ただし、アプリを使うときには不正アプリに注意し、スマートフォン自体のセキュリティも強化しておき、大切な資産を盗まれないようにすることが重要です。

それぞれのアプリが持つ特徴や機能は異なり、日本語や日本の取引所に対応していないアプリもあります。いろいろ試してみた中で、自分が一番使いやすいアプリを選ぶとよいでしょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

仮想通貨の人気記事

カテゴリ

その他