その他

FXチャートパターン。初心者は代表的なパターンを覚えよう

ランダムな動きを繰り返しているように見える相場ですが、時にある一定のパターンを形成することから、次の動きを読む手がかりになることがあります。ここでは、FXの初心者が覚えておきたい、チャートのパターンとテクニカル分析についてご紹介します。

種類は大きく分けて3つある

エントリーのチャンスを狙ってチャートを見る場合、知りたいのは「今のトレンドがいつまで続いて、いつ終わるのか」という一点に尽きます。

「先のことは判らない」というのが相場における基本中の基本ですが、あとでチャートの形を見ると3つのパターンがあることに気づきます。

反転型のパターン

勢いよく上昇するチャートを見て慌ててエントリーしたら逆行し始めたとか、押し目のつもりがそのまま反転したという経験は、初心者の頃にはよくあることです。

しかし、明確な反転のサインに気づければ「エントリーしない」という選択ができます。反転型の典型的なパターンには、

  • ヘッドアンドショルダー
  • カップアンドソーサー
  • ダブルトップボトム/トリプルトップボトム

などがあります。反転型の大前提は、まずしっかりとしたトレンドが形成されていることです。とにかく早くエントリーしたいとの思いから、レンジに手を出して負けを繰り返すのは初心者にありがちな失敗なので、まずは相場の見極めが肝心です。

継続型のパターン

トレンドは上がるか下がるかの2通りのみです。問題はどこまで上がり、いつまで下がり続けるかです。

しかし、一旦落ち着いたトレンドが再びブレイクするのか、反転するのかによって利確のタイミングが違います。トレンドが継続するときに形成しやすいパターンとしては、

  • 上昇/下降ウエッジ(トライアングル)
  • ボックス相場(フラッグ)
  • 上昇/下降ペナント(三角保ち合い)

などがあります。リスクを抑えて納得できるポイントを見極めるためにも、トレンド継続のサインは大切です。

どっちつかずのパターン

  • 上昇トレンド(ブル)
  • 下降トレンド(ベア)
  • 保ち合いトレンド(フォッグ/レンジ)

相場には、上昇、下降、保ち合い(もちあい)の3パターンがあります。先述のとおり、トレンドが形成されていない保ち合い相場は、狭いレンジで反転を繰り返し、方向性が定まりません。

うかつに入ってしまうと、損切り連発と言うことにもなりかねないので、手出ししない方が賢明です。

反転型の代表的パターン

反転型のパターンとして比較的出現率が高く、信頼性が高いものを以下にまとめます。

反転型のチャートが意味するところを簡潔に述べれば、利確するトレーダーがトレンド継続の勢力を上回ることで相場が弱気になります。そして、ある一線を越えたところで一気に反転しているということです。

ヘッドアンドショルダー

漢字の「山」のような形が特徴的な『ヘッドアンドショルダー(ヘッド&ショルダーズ)』は、上昇トレンドの終わりを暗示するパターンです。比較的信頼度の高いチャートパターンだと言われています。

ひとつの頭(ヘッド)とふたつの肩(ショルダー)による、3つの高値で構成されます。

ダブルトップ・ボトム

同じく上昇トレンドの終わりを告げる『ダブルトップ』は、ヘッド&ショルダーズよりも山がひとつ少なく、アルファベットの「M」の形をしています。

『ダブルボトム』は逆パターンで、下降トレンドの終わりに出現します。こちらはアルファベットの「W」の形を描くのが特徴です。

継続型の代表的パターン

一定期間のトレンドが続いたあと、エネルギーを放出した相場はしばらく保ち合いに入り、再びどちらかに動き出します。

このとき、勢いがついてブレイクするケースが多いことから「保ち合い放れにつけ」と言われます。どちらに動くかを見極めるのに役立つのが次のパターンです。

ウェッジ

「くさび形」と言う意味の『ウエッジ』は、保ち合い相場のレンジ幅が次第に狭まっているチャートです。

レンジの高値と安値にラインを引いたとき、直角三角形に近い線を描くのが特徴で、高値のラインが水平なら「上向き」、安値のラインが水平なら「下向き」と見ます。

バリエーションによっては反転の場面でも出現しますが、継続するケースでは『ウエッジの先が、直前のトレンドと反対の方向に伸びている』ことが条件です。

逆に、直前のトレンドとウエッジの先が同じ方向を向いているときは、トレンドの反転を暗示します。

ペナント

「ペナント(三角保ち合い)」も、直前のトレンドが継続する可能性が高いことを示すチャートパターンです。高値の切り下げと安値の切り上げが同時に起こっていることから、ラインを引くと正三角形に近い形になるのが特徴です。

パターンの分析方法

ダブルトップのときは、2回目の高値が最初の高値を切り下げ、さらに安値同士を繋いだ「ネックライン」を割ったところがエントリーポイントです。

2回目の高値を切り上げネックラインで反転した場合は、3回目の高値切り下げを待ってからネックライン割れでエントリーです。

継続型の場合は、高値と安値のラインを放れたタイミングを狙います。上昇トレンドの場合は高値を、下降トレンドのときは安値を割ったところでエントリーします。

パターンで取引タイミングを掴む

チャートパターンを見てエントリーするときは、まず長期チャートで形を確認してから短期足でタイミングを計ります。特に、長期足でパターンを形成していたら、積極的にエントリーしたいところです。

ただし、チャート分析が万全の答えというわけではありません。中長期的に勝ち続けられるかどうかは、いかに「あわよくば」という気の弛みを排し、リスクをコントロールできるかに掛かっています。

テクニックやパターンを過信することなく、よく相場を観察してポジションを管理しましょう。

まとめ

よく使われるチャートパターンは他にもありますが、一度に知ってしまうと手数が増えてリスクが高まる恐れもあります。

まずは、今回ご紹介した代表的なサインを確実に見つけられるようになってから次に進んでも、決して遅くありません。検証しながら、少しずつ自分のものにしていくことをお勧めします。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「その他に関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。