1. Fincyトップ
  2. その他
  3. 今さら聞けないApple Payの仕組み。支払いとポイント

今さら聞けないApple Payの仕組み。支払いとポイント

Apple Payを利用すれば、手元に現金がなくても代金の支払いができます。本記事では、Apple Payの基本事項および利用方法を詳しく解説します。Apple Watchを使用した決済方法も、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多い、Apple Pay対応のクレジットカード

  • 【1位】dカードGOLD
    31ヶ月連続1位 ポイントがザクザク貯まる!TVCMでおなじみのdカード!
  • 【2位】三井住友クラシックカード
    セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなどの対象店舗で還元率2.5%と高還元!圧倒的な信頼感!
  • 【3位】JCB ORIGINAL SERIES
    最短翌日にカードが届く!ポイントサービスも充実

Apple Payの仕組みを知ろう

『Apple Pay(アップルペイ)』とは、Apple製の端末を利用して、代金の支払いができるサービスです。Apple Payを使用できる端末には、以下があります。

  • iPhone(アイフォン)
  • Apple Watch(アップルウォッチ)
  • iPad(アイパッド)
  • Mac(マック)

利用する端末により、対応しているサービスの詳細が異なります。Apple Payを利用する際は、あらかじめ確認をしておきましょう。

Apple Pay - Apple(日本)

Walletアプリを使用する

Apple Payを利用するには、まず支払いに使用するカードを、端末に登録する必要があります。登録は、端末内の『Wallet(ウォレット)』アプリで行います。

Walletには、クレジットカードだけでなくSuica(スイカ※1)やプリペイドカード(※2)も登録可能です。カードを登録するには、Walletアプリ右上の「+」ボタンをタップします。

その後、画面の案内に沿ってカードを登録しましょう。カード発行元による登録情報の確認が終わると、Apple Payを利用できるようになります。

(※1:Suicaとは、JR(ジェイアール)東日本の窓口で購入できる交通系IC(アイシー)カードです。首都圏だけでなく、日本全国の公共交通機関や加盟店で利用できます)

(※2:プリペイドカードとは、あらかじめ入金した金額まで利用できる、前払い式のカードです)

トークンを使っての決済となる

Apple Payの支払いでは、トークンが使用されます。トークンとは、クレジットカード情報を別の文字列(トークン)に替えて決済する、カード情報非通過型決済サービスです。

トークンの仕組みを、下図で紹介します。

トークン決済フロー図①購入者からソニーペイメントサービスへカード情報を送信②ソニーペイメントサービスから購入者へトークンを返戻③購入者から事業者様へトークンを連携④事業者様からソニーペイメントサービスへトークンを使って決済

出典:トークン決済とは|決済代行のソニーペイメントサービス

トークンを利用することで、カード情報を保存・処理・通過させずに決済ができるため、情報漏洩のリスクを軽減できます。

Apple Pay利用分の請求について

Apple Payを利用して支払った代金は、後日請求されます。請求日を把握し、支払い忘れがないようにしましょう。

基本的に締め日はクレジットカードと同じ

Apple Payでの支払代金は、登録したクレジットカードの請求日に、Apple Pay以外の支払いと併せて請求されます。

利用履歴の確認方法

Apple Payに登録したカードの利用履歴は、Walletの「ご利用明細」から確認可能です。Walletの利用明細とカード会社から送られる利用明細を照合し、相違がないかを確認しましょう。

Apple Payでの支払い方法

ここでは、Apple Payの利用方法を、支払いケース別に詳しく解説します。

Apple Pay の使い方 - Apple サポート

店頭での決済の場合

店頭でApple Payを利用するには、まず店員にSuica・iD(アイディー※1)・QUICPay(クイックペイ)のどれで支払うかを伝えます。決済の種類がわからない人は、Wallet画面で確認しましょう。

その後、Face ID(フェイスアイディー)もしくはTouch ID(タッチアイディー)で認証を行い、端末の上部を非接触型リーダーにかざします。完了の文字とチェックマークが画面に表示され、端末から完了音がすれば決済は終了です。

(※1:iDとは、三井住友カードとNTT(エヌティティ)ドコモが提携して発行・運営している電子マネーです)

(※2:QUICPayとは、JCB(ジェイシービー)が推進する電子マネーです)

支払い可能な店舗はこのマークが目印

日本国内では、以下のマークが表示されているところで、Apple Payを利用できます。

Apple Pay のシンボル (日本)

出典:Apple Pay が使える場所について - Apple サポート

上記のマークがあれば、店舗だけでなく自動販売機やタクシーなどでもApple Payが使えます。

iPhoneでのオンライン決済の場合

Apple Payに対応しているアプリや、Safari(サファリ※)での支払いにも、Apple Payが利用可能です。支払い方法選択時にApple Payを選び、Touch IDもしくはFace IDで認証すれば、支払いは完了です。

Apple Payを利用することで、オンライン決済時に求められる配送先や請求先・連絡先などの入力の手間を軽減できます。

(※Safariとは、Apple社が開発・配布しているウェブブラウザーです。iPhoneなど、Apple製の端末に内蔵されています)

Apple Watchを使った決済

iPhoneなどの端末に登録したカードをApple Watchに転送すれば、Apple WatchでもApple Payを利用できるようになります。Apple Payに対応したApple Watchは、以下のとおりです。

  • 日本国内で販売されたApple Watchシリーズ2以降
  • Apple Watchシリーズ3以降

Apple Watchを利用するメリットは、利便性です。Apple WatchでApple Payを使えば、iPhoneや財布を持ち歩かなくても支払いができるため、外出時の荷物を減らすことができるでしょう。

転送のやり方

Apple Watchにカードを転送するには、まずiPhoneでApple Watchアプリを起動し、マイウォッチタブを開きます。次に「WalletとApple Pay」をタップし、案内に従ってカードを追加しましょう。

Apple Pay を設定する - Apple サポート

非接触型リーダーにかざして支払う

Apple Watchで決済をするには、非接触型リーダーにApple Watchをかざします。Apple Watchから手首を優しくタップされる感覚がして、決済端末から音がしたら、決済は完了です。

ポイントも貯められて便利

Walletアプリにポイントカードを登録すれば、iPhone上でポイントの管理ができます。最後に、二つのポイントカードを例に、Walletの活用方法を見ていきましょう。

Pontaカード追加方法

Ponta(ポンタ※)カードをiPhoneに登録する方法は、以下の三つです。

  • Pontaカード公式アプリから登録
  • PontaWeb(ポンタウェブ)から登録
  • iPhoneで通知を受け取り登録

Pontaカード公式アプリおよびPontaWebでは、案内に従って「Apple Walletに追加」をタップし登録します。

iPhoneで通知を受け取り登録するには、PontaカードおよびiPhoneを持って、ローソン店頭で登録したいことを店員に伝えましょう。店頭の端末で手続き後、iPhoneに届いた通知から登録を完了します。

(※Pontaは、全国の提携店舗やウェブサービスで貯めたり使ったりできる、共通ポイントサービスです)

iPhoneでタッチすればポイントと支払いが同時に完了!|ローソン研究所

TポイントはファミマTカードが必要

T(ティー)ポイント(※)をApple Walletで管理するには、クレジットカード機能が付いたファミマTカードを用意する必要があります。ポイント機能のみのファミマTカードは、Walletに登録できません。

Apple Payに登録したファミマTカードをファミリーマートで使うと、自動的にポイントが付与されます。ファミリーマート以外のTポイント加盟店でApple PayのファミマTカードを使う場合は、利用前にファミマTカードを提示しましょう。

(※Tポイントとは、カルチュア・コンビニエンス・クラブが提供する、共通ポイントサービスです。全国の提携店舗やウェブサービスで、貯めたり使用したりできます)

Apple Payでファミリーマートをより身近に! | ポケットカード株式会社

まとめ

Apple Payとは、Apple製の端末にクレジットカードやSuicaを登録することで、端末上で決済ができるようになるサービスです。

Apple Payを利用すれば、端末をお財布代わりにして、買い物などができます。クレジットカードやポイントカードを一括管理したい人は、Apple Payを活用するのもよいでしょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他