1. Fincyトップ
  2. その他
  3. au WALLETやおサイフケータイって実際なに?概要や使い方

au WALLETやおサイフケータイって実際なに?概要や使い方

au WALLET(エーユーウォレット)やおサイフケータイなど、便利そうだけどいまいちどういうものなのか、どうやって使うのかが分からないという人もいるでしょう。この記事では、au WALLETやおサイフケータイの概要や使い方を紹介します。

この記事の目次

au WALLETとは

まずは、au WALLETがどのようなものなのかを見ていきましょう。

au WALLET

KDDI提供の電子マネー

au WALLETとは、KDDIが提供している電子マネーサービスです。プリペイドカード式の電子マネーで、国際ブランドのMastercard・VISAカードの対応店舗で利用できます。

プリペイドカード式といっても残高が0円になると使えなくなるわけではなく、チャージすれば再使用可能です。

チャージはau WALLETサイト・アプリから行いますが、auショップやローソン、セブン銀行ATMなどでもチャージできます。

au WALLETサイト、アプリからであれば、クレジットカードやau WALLET ポイントやauポイントなどでチャージすることが可能です。auショップやローソン、セブン銀行ATMでは、現金でしかチャージできません。

au WALLET 残高へのチャージ(入金)方法 | ご利用ガイド | au WALLET

au WALLETの使い方

au WALLETを使うには、まずau IDを設定する必要があります。auのスマートフォンやタブレットなどから設定を済ませましょう。

auのサービスを利用していない場合は、じぶん銀行の口座があれば、口座と紐付けたau IDが発行できます。au IDの設定が済んだら、au WALLETにチャージしましょう。

あとは、レジでカード払いすることを伝え、店員にカードを渡すか、決済端末に挿入すれば支払完了です。なお、クレジットカードとは違って分割払いやリボ払いには対応していないので、支払回数は1回と伝えましょう。

au WALLET プリペイドカードの使い方 | ご利用ガイド | au WALLET

おサイフケータイとは

続いて、おサイフケータイのサービス内容や使い方を紹介します。

おサイフケータイ(R) | サービス・機能 | au

おサイフケータイのサービス

おサイフケータイは、電子マネーやクレジットカード、交通系ICカードといったさまざまな決済方法を、ICチップが埋め込まれた携帯電話で使えるようになる決済サービスです。

おサイフケータイアプリも必要ですが、ICチップが埋め込まれた携帯電話には基本的にアプリがプリインストールされているので、すぐに利用を開始できます。

おサイフケータイの使い方

おサイフケータイを使うには、まず電子マネーやクレジットカードなどの登録・設定が必要です。登録・設定が完了すれば、あとはレジや改札などで携帯電話をかざすだけで、支払いができるようになります。

レジでおサイフケータイを使うときに注意したいのが、クレジットカードを登録していても、直接クレジットカードに請求が行くわけではないことです。

レジでの支払いの際には、クレジットカードに紐付けられた電子マネーによって決済処理されます。そして、クレジットカードの利用分に電子マネーの利用分が合算されていくのです。

そのため、レジでは、「iD(アイディー)で」「WAON(ワオン)で」など、電子マネーの種類を伝える必要があります。

au WALLETとの違い

au WALLETとおサイフケータイは、以下のような点が異なります。

au WALLET おサイフケータイ
・プリペイドカードで決済する
・利用する際にau IDが必要
・サーバー管理型なので、電子マネーの情報などがauのサーバーに保存される
・携帯電話で決済する
・おサイフケータイ対応の携帯電話と決済方法があれば誰でも利用可能
・携帯電話に埋め込まれたICチップに情報が保存される

au WALLETをApple Payで活用しよう

au WALLETプリペイドカードを持ち歩くのが面倒だという人は、Apple Pay(アップルペイ)を活用しましょう。

Apple Payとは

Apple Payとは、iPhoneやApple Watch(アップルウォッチ)で使える、アップル社が提供している決済サービスです。iPhone版のおサイフケータイ機能と考えると分かりやすいでしょう。

事前にiPhoneやApple Watchにクレジットカードや交通系ICカードを登録しておけば、レジや改札などでデバイスをかざすだけで支払いができるようになります。

Apple Payは、旧型のiPhoneやApple Watchでは使えないので、対応機種を確認しておきましょう。

Apple Pay - Apple(日本)

au WALLETアプリからApple Payを登録

まずはApple Payにau WALLETを登録しましょう。登録は、au WALLETアプリから行います。

  1. au WALLET アプリを開く
  2. プリペイドカードタブで『Apple Payを始める』を押す
  3. 『Apple Payを設定』を押す
  4. 表示された情報と利用条件を確認し、『同意する』を押す
  5. カードの認証方法を選択する
  6. 届いた認証コードを入力する
  7. 登録完了

デバイスにプリインストールされている、『Wallet アプリ』からも登録可能です。

  1. WALLET アプリを開く
  2. 『カードを追加』を押す
  3. 『クレジット/プリペイドカード』を選択する
  4. プリペイドカードをスキャンする
  5. セキュリティコードを入力する
  6. カードの認証方法を選択する
  7. 届いた認証コードを入力する
  8. 登録完了

設定方法 | Apple Pay | iPhone | au

Apple Payの使い方

Apple Payの使い方は、おサイフケータイと同じです。やはり電子マネーによって決済処理されるので、電子マネーの種類を伝えます。あとは、デバイスをかざせば支払完了です。

iPhoneの場合は、支払いの前にIDやパスコードでの認証が求められます。使用しているiPhoneの種類によって認証方法が異なるので、前もって調べておきましょう。

Apple Pay の使い方 - Apple サポート

まとめ

au WALLETとはプリペイドカード式電子マネー、おサイフケータイは携帯電話でさまざまな決済方法が使えるサービスです。

どちらも便利なサービスですが、au WALLETはカードを持ち歩く必要があります。カードを持ち歩くのが面倒だという場合は、Apple Payにau WALLETプリペイドカードを登録するとよいでしょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他