1. Fincyトップ
  2. その他
  3. Apple Payのさまざまなメリット。便利に使う方法を解説

Apple Payのさまざまなメリット。便利に使う方法を解説

Apple Pay(アップルペイ)を利用することには、たくさんのメリットがあります。どうやって使えばより便利になるのか、Apple Payのおすすめの使い方やApple Payに登録するとよいクレジットカードを見ていきましょう。

この記事の目次

Apple Payとは

Apple Payとは、iPhoneをはじめとするApple社のデバイス(電子機器)向けの決済サービスです。iPhoneの場合は、iPhone7以降の機種で利用できます。

デバイスにプリインストールされている『Wallet(ウォレット)』というアプリを使って、Apple Payにクレジットカードや交通系ICカードを登録しましょう。

すると、レジや改札の決済端末にデバイスをかざすだけで、支払いが完了できるようになります。

Apple Pay – Apple(日本)

クレジットカード管理がしやすい

iPhone7シリーズのApple Payには最大8枚、iPhone8シリーズ以降のApple Payには最大12枚のクレジットカードが登録できます。

クレジットカードを複数枚持っていても、すべてApple Payに登録でき、持ち歩く必要がなくなるので管理がしやすくなるでしょう。支払いごとにクレジットカードを切り替えることもできるので、ポイントも効率よく貯められます。

ただし、Apple Pay対応のクレジットカードしか登録できないので、自分のクレジットカードが対応しているかを確認しておきましょう。

また、Apple Payで利用したときに、ポイント還元率が下がるクレジットカードもあるので注意が必要です。

Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行元 – Apple サポート

Suicaもスマホで管理できる

Apple Payには、交通系ICカードのSuica(スイカ)も登録できます。

ただSuicaを登録するだけでも、クレジットカードと同じように決済端末にかざすだけで使えるようになるのですが、Suicaの場合は『エクスプレス設定』をするとより便利です。

通常、Apple Payで決済する際には、Touch ID・Face ID・パスコードのいずれかによる本人認証を求められます。

しかし、エクスプレス設定をすれば、改札を通過するときに本人認証が不要になるので、手間をかけずにスムーズに通過できるようになるのです。

また、Apple PayにビューカードというJR東日本グループのクレジットカードを登録しておけば、オートチャージ(※)も利用できます。

(※オートチャージとは、Suicaの残高が設定した金額以下になった際に、自動チャージされる機能です)

Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaをはじめる

どのカードとの紐付けがおすすめ?

Apple Payにはいろいろなクレジットカードが登録できますが、やはりポイント還元率が高いもの、利便性が高いものを紐付けるのがおすすめです。

なお、Apple Payにクレジットカードを紐付けて支払いに使った場合、クレジットカードに直接請求は行きません。クレジットカードに紐づいている電子マネーを介して、決済が行われます。

そのため、レジでApple Payを使う場合は『Apple Payで』『カード払いで』などと伝えるのではなく、クレジットカードに紐づいている電子マネーの名称を伝えましょう。

クレジットカードに紐づいている電子マネーの種類は、Walletアプリを開いたときに表示されるカードの画像にある、電子マネーのロゴで判断できます。

Apple Watch で支払う画面

出典:Apple Pay の使い方 – Apple サポート

楽天カードのポイント例

楽天カード
項目 詳細
年会費 無料
発行可能ブランド JCB・VISA・MasterCard・American Express
電子マネー  QUICPay(クイックペイ)
ポイントの還元率 1.0%~12.0%
年会費無料・ポイント還元率高い・CMでも話題

楽天カードは、Apple Payでの利用でも通常時と同じく、100円の利用ごとに1ポイント貯まります。

他のクレジットカードは、Apple Pay経由にするとポイント還元率が下がるものが多いので、通常時と同じ還元率なのはうれしいポイントです。

ただし、通常は楽天のサービスで楽天カードを使用するとポイントが加算されますが、Apple Pay経由の利用では加算されないので注意しましょう。

また、楽天カードでApple Payに登録したSuicaにチャージもできるので便利です。(Suicaのチャージはポイント付与対象外です)

楽天カードの公式サイトはこちら

楽天カードの詳細はこちら

ビューカードのポイント例

ビックカメラSuicaカード
項目 詳細
年会費 515円(初年度無料)※年1回以上利用で翌年度無料
発行可能ブランド VISA、JCB
ポイントの還元率 0.50%~10.00%

Apple Payでのチャージでも同じく3倍ポイントが貯まり、還元率が下がることがないのが魅力です。

Suicaをたくさん使う人なら、ビューカードもおすすめです。ビューカードは通常1000円につき5ポイント貯まりますが、Suicaのチャージに使った場合は、1000円で15ポイント貯まります。

ビューカードのみをApple Payに登録していると、電子マネーはQUICPayになりますが、QUICPayの場合はポイント還元率が上がりません。

ビックカメラSuicaカードなら、ビックカメラでの買い物に使用することでポイント還元率が10%となり、非常にお得にポイントが貯められます。

ビューカードを登録するのであれば、ビックカメラSuicaカードを登録して、Suicaで支払うようにするとよいでしょう。

ビックカメラSuicaカードの公式サイトはこちら

その他スマホ決済で活用するメリット

その他に、Apple Payを便利に活用する方法はあるのでしょうか。

メルカリの売上金はSuicaチャージが可能

フリマアプリで人気のメルカリですが、メルカリには『メルペイ』という電子マネーがあります。

メルペイを使うときには、メルカリアプリからメルペイの設定を行って、電子マネーカードというバーチャルカードを発行しますが、この電子マネーカードはApple Payに登録可能です。

さらに、Apple Payにメルペイの電子マネーカードを登録すると、メルカリの売上金をApple Pay経由でSuicaにチャージできるようになります。

メルカリの売上金を口座振替で現金化すると手数料がかかりますが、Apple Pay経由でSuicaにチャージすれば手数料がかからないので、売上金を無駄なく使えるのです。

メルペイ - メルカリアプリでかんたんスマホ決済・QRコード決済

au WALLETクレジットカードでお得

auが取り扱う『au WALLETクレジットカード』を、Apple Payに登録するのもおすすめです。

au WALLETクレジットカードでは、200円利用ごとに2ポイント貯まりますが、Apple Pay経由で利用してもポイント還元率は変わりません。

また、au WALLETクレジットカードを、セブンイレブンやマツモトキヨシなどのポイントアップ店で利用すれば、200円利用ごとに3~5ポイントもらえます。

Apple Pay経由での利用でも、しっかりポイントアップされるので、どんどんポイントが貯まるのです。

貯めたポイントはau WALLETプリペイドカードのチャージやau料金の支払いに使えるので、auユーザーにとってはかなりメリットが大きいでしょう。

Apple Pay(アップルペイ)にクレジットカードを登録する|au WALLET クレジットカード

ポイントアップ店一覧|au WALLET ポイントプログラム

まとめ

Apple Payにはクレジットカードが管理しやすくなったり、駅の改札をスムーズに通れるようになったりとメリットがたくさんあります。

メルペイやau WALLETプリペイドカードを登録するなど、Apple Payをより便利に利用する方法もいろいろあるので、さっそく試してみましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他