1. Fincyトップ
  2. その他
  3. Apple Payをセブンイレブンで使うには。設定方法と使い方

Apple Payをセブンイレブンで使うには。設定方法と使い方

Apple Payは、iPhoneなどを財布の代わりとして利用できるサービスです。本記事では、Apple Payの使い方を詳しく解説します。セブンイレブンやSuicaでApple Payを使用する方法も、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

Apple Payを使ってみよう

『Apple Pay(アップルペイ)』はApple製端末を使用している人向けに、Appleが提供しているサービスです。基本事項を解説します。

Apple Pay - Apple(日本)

Apple Payとは

Apple Payとは、『iPhone(アイフォン)』などの端末をお財布代わりに使えるサービスです。

Apple Payの利用を開始するにあたってはまず、普段利用しているクレジットカードやSuica(スイカ※)などを端末に取り込みます。

カードの取り込みや登録が終わると、店舗の読み取り機に端末をかざすだけで、支払いが完了できるようになる仕組みです。

(※Suicaとは、JR(ジェイアール)東日本の窓口で購入できる交通系ICカードです。首都圏だけでなく、日本全国の公共交通機関や加盟店で使えます)

Apple Payのメリット

Apple Payを利用するメリットには、以下があります。

  • 財布がなくても、支払いが可能になる
  • 複数のカードを、端末上でまとめて管理できる
  • 紛失・盗難時には、遠隔操作で利用停止できる

Apple Payを利用すれば、財布がなくても買い物が可能です。また、たくさんのカードを財布に入れる必要もなくなります。

これにより、外出時の荷物を減らせるだけでなく、財布をなくすリスクも軽減できるでしょう。

また、登録した端末の『紛失モード』をオンにしておけば、紛失・盗難時に遠隔操作で利用停止ができるため、セキュリティー面でも安心だといえます。

利用可能なデバイス

Apple Payに対応したデバイス(端末)は、以下のとおりです。

  • iPhone
  • iPad(アイパッド)
  • Apple Watch(アップルウォッチ)
  • Mac(マック)

iPadはタブレットPC(ピーシー:パソコン)です。Apple Watchは、腕時計のように手首に装着できるコンピューターです。Macとは、Appleが開発・販売を行うPCをいいます。

なお、使用する端末のバージョンによって、対応しているサービスの内容に差があります。Apple Payを利用する際は、端末の対応状況をあらかじめ確認しましょう。

カードの登録や設定について

Apple Payでは、利用したいカードをあらかじめ登録しておく必要があります。

Apple Pay を設定する - Apple サポート

登録できるカード

Apple Payは、主要な銀行やカード会社から発行されている多くのカードに対応しています。一例を、下表に紹介します。

銀行カード クレジットカード
具体例 ・三井住友銀行
・みずほ銀行
・横浜銀行
・千葉銀行
・アメリカン・エキスプレス
・クレディセゾン
・JCB(ジェイシービー)
・セディナ

上記のほか、丸井グループが発行しているエポスカードや高島屋カードなども対象です。

Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行元 - Apple サポート

クレジットカードの登録方法

クレジットカードの登録は、以下のいずれかの方法で行います。

  • iPhoneのWallet(ウォレット※)機能で登録
  • カード会社のアプリなどを経由して登録

iphoneのWallet機能を利用する場合、登録手順は以下のとおりです。

1.Walletを開き、「+」もしくは「カードを追加」をタップ
2.クレジットカード・プリペイドカードを選択
3.カード情報を入力
4.名義およびカード番号を確認
5.有効期限とセキュリティコードを入力
6.Apple Pay特約を確認し、同意する

カード情報は、入力だけでなくiPhoneカメラでの取り込みも可能です。上記の手続きが終わると、カード会社によるカード情報の確認が行われます。

確認が終了すれば、カードの登録が完了し、Apple Payを利用できるようになります。

(※Walletは、クレジットカードやプリペイドカード・搭乗券・ポイントカードなどを一括管理できるアプリです。)

Suicaの設定方法

Suica(スイカ※1)をApple Payに登録する方法は、以下の二つです。

  • iPhone上で、新規発行する
  • 保有しているSuicaを取り込む

iPhone上で新規発行する場合は、Walletの交通系IC(アイシー)カード(※)セクションの「Suica」から、手続きします。

保有しているSuicaを登録するには、Suicaカード裏面に記載された数字の下4桁を、Walletに入力しましょう。

プラスチックの Suica カードの裏面

出典:Apple Pay に Suica を追加する - Apple サポート

入力後は、iPhoneを下図のようにSuicaの中央に置くことで、Suicaの残高がApple Payに転送されます。

iPhone の上部をプラスチックカードの Suica の上に置いているところ

出典:Apple Pay に Suica を追加する - Apple サポート

また、カード購入時に支払ったデポジット(※2)も、Apple PayのSuicaの残高に追加されます。取り込み後のSuicaカードは使用できなくなるため、破棄しても構いません。

(※1:交通系ICカードとは、電車やバスといった公共交通機関で、運賃として利用できるカードです。Suicaのほかにも、ICOCA(イコカ)やPASMO(パスモ)などがあります)

(※2:デポジットとは、カード発行預かり金のことです。カードの使い捨てを防止するなどの目的で設けられ、カードの返却時に返金されます。Suicaのデポジットは、500円です)

セブンイレブンでの使い方

ここからは、セブンイレブンでApple Payを使用する方法を紹介します。Apple Payには、何枚かのカードを登録できます。

登録したカードは、メインカードとその他のカードに設定できます。それぞれのカード別に、使い方を見ていきましょう。

メインカードでの支払い

メインカードは、Wallet使用時に先頭に来るよう設定されたカードです。メインカードで支払う場合は、ロック画面のままでも、iPhoneを読み取り機にかざせば支払いが完了します。

ただし、Touch ID(タッチアイディー:指紋認証)もしくはFace ID(フェイスアイディー:顔認証)による認証は必要です。

メインカード以外での支払い

メインカード以外のカードで支払うにはまず、使用するカードを選択しましょう。

iPhoneのサイドボタンをダブルクリックし、使用したいカードに変更してから、iPhoneを読み取り機にかざします。

Suicaの利用について

最後に、Apple PayでのSuicaの使い方を解説します。Apple Payでは、交通系ICカードを1枚、エクスプレスカード(※)として登録できます。

2019年10月現在、Apple Payに対応している交通系ICカードはSuicaのみです。よって、交通系ICカードとしてエクスプレスカードに登録できるのは、Suicaのみとなっています。

(※エクスプレスカードとは、Touch IDやFace IDによる認証をせずに、端末を読み取り機にかざすだけで支払いが完了する機能です)

日本で iPhone や Apple Watch の Suica を使う - Apple サポート

エクスプレスカード設定済みの場合

Suicaをエクスプレスカード設定済みの場合は、iPhoneの上部を読み取り機にかざすだけで、支払いが完了します。支払いの完了は、振動で利用者に通知されます。

通勤や通学などでスムーズに改札を通りたい人や、駅のコンビニなどでの買い物を短時間で終わらせたい人は、エクスプレスカードが便利です。

エクスプレスカード設定していない場合

Suicaをエクスプレスカードに設定していない場合は、サイドボタンをダブルクリックし、Suicaを選択してから読み取り機にかざしましょう。

チャージの方法

Apple Payを使えば、iPhone上でSuicaのチャージ(入金)も可能です。チャージをするにはまず、WalletでSuicaを選びます。

次に、チャージをタップし、金額を入力、支払いをするカードを選べば、チャージは完了です。

Suicaで利用できる金額は、チャージした金額までです。よって、残高が少ない場合、残高不足で支払いができなくなる可能性があります。

通常のSuicaは、自動券売機やコンビニのレジなどでしかチャージができませんが、Apple Payを使うことで、場所や時間を選ばず簡単にチャージが可能です。

まとめ

Apple PayにクレジットカードやSuicaを登録すれば、iPhoneでさまざまな代金の支払いができるようになります。

外出時の荷物を減らしたい人や、カードを持ち歩きたくない人は、Apple Payを活用してはいかがでしょうか。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他