1. Fincyトップ
  2. その他
  3. Suicaのオートチャージはコンビニも可能?利用可能場所はどこ?

Suicaのオートチャージはコンビニも可能?利用可能場所はどこ?

交通系ICカードの一つであるSuicaは、オートチャージが可能です。本記事では、オートチャージの基本事項および、利用方法について詳しく解説します。コンビニでチャージする方法も、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

Suicaのオートチャージはどこでできるの?

『Suica(スイカ)』は、『交通系IC(アイシー)カード(※1)』の一つです。Suicaは、公共交通機関の運賃や加盟店での買い物代金の支払いに利用できます。

Suicaで利用できるのは、Suicaにチャージ(入金)した金額までです。よって、Suicaの残高が少なくなったときには、チャージする必要があります。以下の方法で行いましょう。

  • 駅の券売機やコンビニのレジ・セブン銀行のATM(エーティーエム:現金自動預け払い機)など
  • インターネット上でチャージ(モバイルSuica(※2)のみ)
  • オートチャージ

『オートチャージ』とは、Suicaの残高が設定以下になったときに、自動的にチャージが行われるサービスです。ここではまず、オートチャージの基本事項を詳しく見ていきましょう。

(※1:交通系ICカードとは、電車やバスといった公共交通機関で、運賃として利用できるカードです。Suicaのほかにも、ICOCA(イコカ)やPASMO(パスモ)などがあります)

(※2:モバイルSuicaとは、携帯電話をSuicaとして利用できるサービスです。乗車賃の支払いのほか、チャージや特急券・定期券の購入、残高の確認などを、インターネット上で行えます)

JR東日本:Suica電子マネー>チャージ(入金)方法

自動改札機でオートチャージが利用可能

オートチャージを利用できるのは、自動改札機や一部の簡易Suica改札機にタッチして通過したときです。オートチャージを利用できる自動改札機は、以下のエリアに設置されています。

  • 首都圏・仙台・新潟のSuica対応エリア
  • 首都圏のPASMO(パスモ※)対応エリア

(※PASMOとは、首都圏を中心とした関東周辺を主な利用エリアとする、交通系ICカードです。東京メトロのほか、10社以上の鉄道およびバス会社が出資しています)

頻繁にSuicaを使う場合は設定金額を見直す

頻繁にSuicaを利用する人は、オートチャージ設定金額をよく検討しましょう。Suicaのオートチャージにおいて利用者が設定する金額は、以下の二つです。

  • 実行判定金額:チャージを行うかどうかを判定する金額
  • 入金実行金額:自動的にチャージされる金額

オートチャージが行われるのは、自動改札機通過時のみです。実行判定金額および入金実行金額を低く設定していると、残高不足で利用できない事態となる可能性があります。

オートチャージを活用するには、それぞれの利用状況に合わせ、残高不足にならない金額を設定することが重要です。

VIEW ALTTEでの変更方法

オートチャージの設定金額は、VIEW ALTTE(ビューアルッテ※)で変更できます。変更手続きは、サービス開始画面の『オートチャージ設定』からスタートしましょう。

オートチャージの設定金額変更(Suicaの場合)1

出典:オートチャージの設定金額変更(Suicaリンクの場合):ビューカード

画面からの指示に従い、Suicaおよびオートチャージの支払いが行われるビューカードを、VIEW ALTTEに挿入します。

その後、ビューカードの暗証番号を入力し設定金額を変更すれば、手続きは終了です。

なお、設定できる金額は、実行判定金額・入金実行金額ともに、1000円以上1万円以下の範囲で1000円単位となっています。

(※VIEW ALTTEは、ビューカードの各種設定や提携金融機関の預貯金の引き出しなどができる、駅のATMです)

Apple Payの場合は?

Apple Pay(アップルペイ)とは、iPhone(アイフォン)やApple Watch(アップルウォッチ)などを、財布代わりとして利用できるサービスです。

Apple PayにSuicaを登録すれば、Suicaのカードがなくても、iPhoneやApple Watchなどの端末をSuicaとして利用できるようになります。

利用するにはまず、端末にSuicaアプリをダウンロードし、利用Suicaの登録をしましょう。併せてビューカードの登録を行えば、オートチャージが可能となります。

コンビニではオートチャージできないの?

コンビニでは、オートチャージはできません。チャージを希望する人は、レジでチャージすることを伝え、チャージ代金を支払います。

現金のみOK。クレジットカードは不可

コンビニのチャージは、現金でしかできません。クレジットカードが使えない点には、注意しましょう。

ローソンでのチャージ例

ローソンでチャージを行う手順は、以下のとおりです。

1.店員にチャージすることを伝える
2.Suicaを電子決済端末に乗せる
3.チャージ金額をタッチして選択する
4.レジでチャージ金額を支払う
5.チャージ音を確認後、Suikaを端末からおろし、レシートを受けとる

レジチャージ|ローソン公式サイト

セブン銀行でもチャージが可能

最後に、セブン銀行のATMで、Suicaをチャージする方法を紹介します。2019年10月現在、セブン銀行ATMは全国のセブンイレブンの店舗を中心に2万5000台以上設置されています。

Suicaをチャージする身近な方法の一つとして、知っておきましょう。

電子マネーの操作方法 | セブン銀行

チャージの手順

Suicaをチャージするにはまず、スタート画面の電子マネーチャージボタンを押します。次に、以下のATMのリーダーライター(読み取り部)に、Suicaを置きます。

出典:電子マネーの操作方法 | セブン銀行

その後、画面のメニューからチャージを選択し、指示に従い手続きを進めましょう。チャージ金額を選び、代金を支払えば手続きは完了です。

チャージ代金の支払いに使えるのは、現金のみです。セブン銀行口座にある残高からのチャージはできません。

選べるチャージ金額

セブン銀行ATMでチャージできる金額は、以下のとおりです。

  • 1000円
  • 2000円
  • 3000円
  • 5000円
  • 1万円
  • 2万円

まとめ

Suicaのオートチャージは、チャージ残高が設定金額より下回った場合に、自動でチャージしてくれるサービスです。

オートチャージが行われるのは、対象となるエリアに設置された自動改札機を通過したときです。それ以外のタイミングでチャージをしたい人は、コンビニやATMを活用しましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他