1. Fincyトップ
  2. その他
  3. iDeCo
  4. iDeCoの資料請求って必要?比較やキャンペーンに活用しよう

iDeCoの資料請求って必要?比較やキャンペーンに活用しよう

ここ数年、iDeCoという言葉をよく耳にするようになりました。「iDeCoに関心はあるけれど、どうすればよいか分からない」という場合、資料請求をしてみてはいかがでしょうか?iDeCoの概要や資料請求のポイントを紹介します。

この記事の目次

iDeCoって何?

iDeCoとは、『個人型確定拠出年金』の愛称です。年金は公的年金と私的年金に分けられますが、確定拠出年金は私的年金の一種にあたります。

確定拠出年金は企業や個人が主体となる年金で、iDeCoは個人型です。自分自身で掛け金を決め、積み立てを行って運用し、60歳以上で受け取れる仕組みになっています。

老後など長期で資産形成するための制度

iDeCoは、老後の資金などのために長期で積み立てを行い、備えておくための制度です。日本では、国民年金や厚生年金などの公的年金がありますが、それだけでは老後の生活には不安があります。

豊かな老後を送るためには、老後の資産について考えておくことが重要です。老後のための資産形成として、長期で備えるためにiDeCoが活用できます。

iDeCoは、自分で掛け金や運用方法を決めますが、60歳を超えたときにどのような状況になっているか分かりません。元本割れしている可能性もありますが、うまく運用すれば、資産が増える可能性もあります。

掛け金は月5000円から

掛け金の最低金額は、月5000円で、1000円単位で上乗せ可能です。ただし、職業などの条件によって掛け金の上限が決まっています。

例えば、専業主婦や企業年金のない会社員では月額2万3000円、企業年金のある会社員や公務員では月額1万2000円です。

掛け金の支払方法は月払いだけではありません。年1回以上の決めた月にまとめて支払いができるため、ボーナス月などに一括で支払うことも可能です。

ただし、基本的に60歳にならないと引き出せず、解約もできないのがiDeCoの特徴です。継続して支払いができるよう、無理のない金額を設定しておく必要があります。

イデコってなに|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

自分名義の年金が作れる

iDeCoに加入するメリットの一つが、『自分名義の年金が作れること』で、これは特に専業主婦について大きなメリットです。

以前は専業主婦のiDeCo加入は認められていませんでしたが、2017年の規制緩和により、加入できるようになりました。

専業主婦の場合、老後にもらえる年金は国民年金のみです。会社員であれば厚生年金が上乗せされますが、専業主婦にはこの上乗せがありません。しかし、iDeCoであれば、国民年金とは別に自分名義の年金を作れるのです。

万が一離婚した場合でも、iDeCoは確実に自分の財産となります。

iDeCoのポイント

iDeCoを始める際には、どんな点に注意すればよいのでしょうか。押さえておきたいポイントを紹介します。

掛け金は全額所得控除

iDeCoの最大の特徴でありメリットと言えるのが、『掛け金が全額所得控除になる』ことです。

掛け金で支払った分を所得から差し引くことができるため、結果的に税金が安くなり、年末調整や確定申告を行うことで、戻ってくる税金が多くなります。

例えば、月々の掛け金2万円で加入した場合、所得税率10%・住民税率10%と仮定すると、年間の節税額はトータルで4万8000円です。この控除が掛け金を支払っている間中受けられるため、大きなメリットとなります。

所得が多く、適用される所得税率が高い人は、特にこの所得控除による影響が大きくなりお得です。

運用中の利益は非課税

iDeCoは、自分で決めた掛け金をもとに、投資信託や保険などの金融商品で運用を行います。運用中には利益が出ることがありますが、その利益が非課税になるのも、iDeCoのポイントです。

通常、投資信託や預金の利息などには20.315%の税金がかかり、出た利益を全額受け取ることはできません。しかし、iDeCoでは税金がかからないため、利益をそのまま受け取ることができるのです。

例えば、2万円の運用益が出た場合、iDeCoでは2万円全額受け取れますが、一般の投資信託では15937円になり、4063円の差が出ます。

分割や一括で受給し優遇が受けられる

iDeCoでは、60歳以上になるとそれまでに貯めた年金を受給できますが、一括または分割の受け取り方法が選べ、受け取りの際にも税制優遇があります。

まず、一括で受け取る場合には受け取る一時金は『退職所得』として見なされます。勤続年数に従って、退職所得控除が適用されて税金の負担が軽減されます。

分割で年金として受け取る場合には、他の公的年金同様に雑所得の扱いとなり、公的年金等控除が適用されるため、税金が安くなるのです。

iDeCoを始める前に情報収集をしよう

iDeCoはさまざまな金融機関が提供しており、利用する金融機関によって運用に利用できる商品や、手数料などが異なります。そのため、iDeCoを始める前には、しっかり情報収集をすることが大切です。

では、どのような方法でiDeCoについての情報収集をすればよいのでしょうか。

公的なサイトで情報を集める

まずチェックしておきたいのが、iDeCoに関して解説がされている『公的なサイト』です。iDeCoの概要や詳細の説明のほか、資産運用に関する基礎知識を学べます。

また、iDeCoを始める前に便利なのが、さまざまなシミュレーションです。公的サイトでは加入資格があるかどうかのチェックや、どのくらいの税制優遇が受けられるのか、年金としていくら貯められるのかなどのシミュレーションが行えます。

転職や退職の際の手続きなどについても詳しい解説があるため、一度目を通しておきましょう。利用できる金融機関の一覧からそのまま金融機関のサイトへ入れるリンクもあり、非常に便利です。

イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

個人型確定拠出年金ナビ(iDeCoナビ)~イデコ加入ガイド~

金融機関のサイトを見る

日常的に自分が利用していてなじみがあったり、手数料が安かったりなど、金融機関を選ぶポイントはいくつかあります。金融機関のサイトでiDeCoに関する情報を確認し、候補を絞っていきましょう。

金融機関によって、手数料や選べる金融商品の種類などが異なります。どのような運用ができるかなど含め、細かい情報を収集して検討しましょう。サイトの見やすさや情報量の多さなども、金融機関を選ぶ際の重要なポイントです。

また、各金融機関のサイトでは、キャンペーン情報が掲載されている場合もあるため要チェックです。

資料請求をする

申し込みをしたい金融機関の候補をいくつかに絞ったら、資料請求をしてみましょう。資料請求はWEBサイトからできることが多く、住所・氏名等の必要事項を入力すればOKです。

資料請求は基本的に無料なので、気になる金融機関があったら、資料を取り寄せて比較してみましょう。

資料には金融機関単独の情報だけでなく、iDeCoの解説が掲載されているケースもあり、基礎知識を得るためにも活用できます。金融機関によっては資料請求から届くまでに時間がかかることもあるため、余裕をもって資料請求しましょう。

資料請求のポイント

iDeCoの資料請求をする際には、どんな点に注意すればよいのでしょうか。資料請求でのポイントを紹介します。

ネットの情報を補完し複数で比較する

iDeCoに関する基本的な情報は、各金融機関のサイトからも分かります。必要な手数料や、金融商品の種類など、ある程度はネットで把握した上で、資料請求する金融機関を絞りこんでいきましょう。

資料請求の時点では、金融機関を1社に絞る必要はなく、逆に候補となった金融機関複数に資料請求をするのがおすすめです。

ネットでは得られない詳細な情報が記載されていることもあるため、その点を中心に比較するための資料として活用しましょう。

キャンペーンの活用

iDeCoを取り扱っている金融機関では、キャンペーンが行われているケースもあります。キャンペーンの有無や適用条件は、金融機関によって異なるため、資料請求でサイトを訪問したらチェックしてみましょう。

資料請求後に実際に申し込みをすることで、キャンペーンの対象となるものもあれば、資料請求だけでもキャンペーンが適用される銀行もあります。適用条件から外れてしまうことがないよう、期間や条件をしっかり確認しておきましょう。

各金融機関の資料請求方法

実際に各金融機関に対して資料請求をするには、どのような方法で行えばよいのでしょうか。人気の金融機関について、資料請求の方法を紹介します。

楽天証券

楽天証券では、WEBサイトのフォームから、資料と申込書を請求できます。楽天証券に口座がある人は、ログインすることで入力情報を少なくできるため、ぜひ利用してみましょう。

また、楽天証券では、iDeCoについて詳細に説明したガイドをPDFでダウンロードできます。iDeCoの概要や商品についても説明されているため、申込書を請求しなくても楽天証券のiDeCoについて詳しく知ることが可能です。

個人型確定拠出年金:iDeCo(イデコ) | 楽天証券

マネックス証券

マネックス証券でも、WEBサイトから申し込み書類を請求できます。請求画面の最初にいくつか質問があり、iDeCoの加入資格についてチェックされるため、自分がどの手続きができるのか確認できて便利です。

また、マネックス証券でのiDeCoについて解説した『イラストで分かる!iDeCo簡単ガイドブック』もダウンロードできます。

個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ) │ マネックス証券

SBI証券

SBI証券でも、WEBサイトから資料請求が可能ですが、資料請求時に、『オリジナルプラン』か『セレクトプラン』かを選ぶ必要があります。

オリジナルプランは、iDeCoサービス開始当初から提供されているプランで、コストや運用実績などを総合的に鑑みて選定された商品がラインアップされています。一方セレクトプランは低コストと多様性にこだわったラインアップです。

どちらかを選んで資料請求をすることになるため、事前に自分が向いているのはどちらかをチェックしておきましょう。

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)で節税しながら年金作り

手数料の安い主な金融機関

iDeCoを運用するには、少なからず手数料がかかります。積み立て時に国民年金基金連合会に支払う事務手数料は定額、事務委託先金融機関に支払う手数料は大きく変わりません。

しかし、金融機関によっては異なる手数料があるため、口座を開設する金融機関を選ぶ際には重要なポイントとなります。数あるiDeCo運営管理機関の中から、手数料の安い主な金融機関を紹介します。

大和証券

大和証券の場合、口座開設時の手数料・運用管理機関手数料は無料です。特に条件などもないため、誰でも手数料はかかりません。

加入者が月々に必要となるのは、国民年金基金連合会に支払う103円(各社共通)と事務委託金融機関に支払う64円の合わせて167円のみです。積み立てを行わず、運用指図のみの場合は、64円のみが必要となります。

また、年金の受け取り時には、事務委託先金融機関に対して、支払いごとに432円の手数料がかかりますが、大和証券に対しての手数料は発生しません。

ただし、大和証券の場合、途中で他社のiDeCoに変更したり、就職先企業の確定拠出年金へ移換したりする場合には、手数料がかかります。そこまでに積み立てられた資産から、4320円が差し引かれることは、認識しておきましょう。

手数料/サービス | ダイワのiDeCo

イオン銀行

イオン銀行のiDeCoも、口座開設時の手数料・運用管理機関手数料は無料です。無料になる条件などもありません。大和証券と同様に、月々の手数料は積み立てありで167円、積み立てなしで64円、受け取り時の手数料は支払の都度432円になります。

なおイオン銀行では、他社iDeCoへの移管や、他の確定初出年金への移換の際であっても、特に手数料は発生しません。

iDeCo(イデコ)ならイオン銀行

運営管理はみずほ銀行

イオン銀行のiDeCoの運用管理を行っているのは、イオン銀行ではなく『みずほ銀行』です。運用管理機関手数料は運用管理を行う金融機関に支払われるため、みずほ銀行に支払う手数料が無料ということになります。

なお、みずほ銀行が運用管理を行っているため、契約後の変更手続きなどはみずほ銀行のコールセンターに連絡する必要があるものもあり、注意が必要です。

松井証券

松井証券でも口座開設時の手数料・運用管理手数料は0円です。条件もないため、どんな人でも手数料はかかりません。月々の手数料は積み立てありで167円、積み立てなしで64円、受け取り時の手数料はその都度432円です。

また、松井証券では、他社のiDeCoへの移管や、企業など他の確定拠出年金への移換には、4320円の手数料がかかります。

手数料 | iDeCo(イデコ) | 松井証券

キャンペーンを行っている主な金融機関

iDeCoの申し込みをするなら、各金融機関で実施されているキャンペーンにも注目したいものです。資料請求者や新規申込者を対象として、いろいろなキャンペーンが実施されているため、チェックした上で金融機関を選びましょう。

iDeCoに関するキャンペーンを行っている、主な金融機関を紹介します。

マネックス証券

マネックス証券では、『コツコツ積立スタート応援キャンペーン』が実施されています。期間中にiDeCoの申し込み書類の請求をした人に対して、Amazonギフト券200円分がプレゼントされるキャンペーンです。

申し込みではなく、書類請求をするだけで200円分のギフト券がもらえますが、別途エントリーが必要なため、資料請求の際には忘れないように手続きをしておきましょう。(※2019年9月現在)

コツコツ積立スタート応援キャンペーン | 最新情報 | マネックス証券

みずほ銀行

みずほ銀行では『W現金プレゼントキャンペーン』が実施されています。期間中に『みずほのiDeCo』に新規加入し、掛金引落口座にみずほ銀行を指定した人が対象です。

プレゼント内容の一つ目は全員が対象で、もれなく現金1000円がプレゼントされます。もう一つは、抽選で100名につき1名に対し、現金1万円がプレゼントされます。(※2019年9月現在)

iDeCoで夏のW現金プレゼントキャンペーン | みずほ銀行

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行では、『資産づくり応援キャンペーン』として、iDeCoの新規申し込み者を対象としたキャンペーンが実施されています。

期間中に指定の取引をした顧客の中から、抽選で毎月1000名に5000円がプレゼントされるキャンペーンです。

iDeCo『ゆうちょAプラン』に新規で加入し、掛金引落口座をゆうちょ口座(通常貯金)に指定の上、月額掛金を1万円以上に設定すると、自動的にエントリーされます。

資産づくり応援キャンペーン:個人のお客さま|ゆうちょ銀行

まとめ

iDeCoは、老後の資金に備えるための手段の一つです。上手に利用すれば、老後の資金を貯められるかもしれませんが、始める前には知識を身に着けておく必要があります。

金融機関ごとに選べる商品が異なったり、手数料に差が合ったりなど、条件も異なるため、資料請求をしてしっかり比較をしてから選びましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

iDeCoの人気記事

カテゴリ

その他