1. Fincyトップ
  2. その他
  3. クラウドファンディング
  4. クラウドファンディングを比較して選ぼう。おすすめサイトまとめ

クラウドファンディングを比較して選ぼう。おすすめサイトまとめ

クラウドファンディングはサイトの数が豊富で、さらに寄付型や融資型など、サイトによっていくつかのタイプに分かれています。クラウドファンディングのタイプやサイトの選び方を知り、クラウドファンディングを始めるときの参考にしましょう。

この記事の目次

クラウドファンディングの選び方

クラウドファンディングは、企業や個人がネット上で不特定多数の人に融資や寄付を募る、新しい資金調達方法です。以下のようにいくつかのタイプに分かれています。

タイプ 概要
購入型 起案者:サービスや商品に関するプロジェクトを起案
支援者:サービスや商品を受け取る
寄付型 起案者:災害復興などに関するプロジェクトを起案
支援者:活動報告などを受け取る
融資型 起案者:事業者が企業への融資を提案
支援者:利息を受け取る
株式型 起案者:企業が未公開株を提供
支援者:未公開株を受け取る
ファンド型 起案者:企業が特定の事業に対する支援を募る
支援者:金銭や商品などを受け取る
ふるさと納税型 起案者:自治体が問題解決のためのプロジェクトを起案
支援者:寄付金控除が受けられる

クラウドファンディングとは? - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

起案者が選ぶポイント

前述の通り、クラウドファンディングは目的や支援者への特典によって、いくつかのタイプに分かれています。

そして、クラウドファンディングを利用するには、クラウドファンディングサイトを利用するのが基本ですが、サイトによって対応しているタイプが異なります。

そのため、起案者として利用する場合は、自分が立ち上げるプロジェクトに合わせてタイプを決め、そのタイプに対応しているサイトを探さなくてはなりません。

また、サイトによって利用手数料や資金の調達方法なども異なるため、登録前に条件を確認することが重要です。

支援者が選ぶポイント

支援者側でクラウドファンディングを利用する場合は、自分がどのような特典を求めているかを考えて、サイトを選びましょう。

例えば、新開発の商品を購入したい場合は、『購入型』のサイトに登録する必要があります。災害支援や難病支援などで社会貢献したい場合は、『寄付型』のサイトを選びましょう。

また、安易にサイトや支援先を選ぶと、商品が届かない、届いたけれど使えないといったトラブルが起きる可能性もあります。登録する前に以下のような点をチェックして、トラブルを回避することも大切です。

  • サイトの運営者はどこか
  • 信用できるサイトか
  • クラウドファンディングサイトの成功実績がどれくらいあるか
  • 投資目的の場合、利回りはどれくらいか
  • 起案者の企業や個人に問題はないか

サイト掲載の比較表も参考にしよう

クラウドファンディングサイトを選ぶときには、サイトに掲載されている比較表も参考にしましょう。そのサイトが対応しているクラウドファンディングのタイプや手数料・シェア率など、さまざまな情報が得られます。

融資型や株式型などのサイトの場合は、利回りや他の投資商品との違いなどが掲載されていることもあるので、利益のシミュレーションに役立つでしょう。

maneoが選ばれる理由
SBIソーシャルレンディング | 投資家向け特設ページ

比較サイトも増えている

クラウドファンディングの広がりとともに、クラウドファンディングサイトの比較サイトも増えています。クラウドファンディングサイトを一つずつチェックするのは面倒だという人は、比較サイトを利用するのもよいでしょう。

比較サイトを利用すれば、クラウドファンディングサイトの特徴や最低出資額などが一目で分かります。

タイプ別のランキングがチェックできる比較サイトもあるので、どのクラウドファンディングサイトにするか迷ったときに便利です。

クラウドファンディング総合比較

大手企業が運営するおすすめのサイト

ここからは、目的別のおすすめクラウドファンディングサイトを紹介します。まずは、大手企業が運営するクラウドファンディングサイトです。

クラウドファンディングの実績を重視する人、案件の取扱数や利用者数が多いサイトがよい人、安心感を求める人などに向いています。

GREEN FUNDING

項目 詳細
タイプ 購入型・モール型(※1)
手数料 担当キュレータープラン:支援金総額の20%
運用サポートプラン:支援金総額の13%
方式 All or Nothing(オールオアナッシング)方式(※2)

『GREEN FUNDING(グリーンファンディング)』は、TSUTAYA(ツタヤ)の運営会社のグループ企業である、株式会社ワンモアが運営しています。

大きな特徴は、通常の購入型クラウドファンディングだけでなく、『モール型』のクラウドファンディングを展開しているところです。

起案者側でGREEN FUNDINGを利用する場合は、購入型とモール型のどちらにするのか考えておきましょう。

(※1.モール型とは、クラウドファンディングのシステムとページを企業に貸し出し、企業がそのページでクラウドファンディングを行うサービスのことをいいます)

(※2.All or Nothing方式とは、起案者が設定した目標金額に届かなかった場合には取引が成立せず、支援者には支援金が返金され、起案者には手数料が請求されない方式のことです)

GREEN FUNDING - クラウドファンディング

A-port

項目 詳細
タイプ 購入型・寄付型
手数料 購入型:支援金総額の15%+決済手数料5%
寄付型:支援金総額の15%+決済手数料5%
※寄付型のAll In方式(※)で期間内に目標額を達成しなかった場合は+5%
方式 All or Nothing方式
All In方式

大手企業が運営するクラウドファンディングサイトを利用したいのであれば、朝日新聞社が運営する『A-port(エーポート)』もよいでしょう。

『購入型』と『寄付型』の2種類に対応しているので、プロジェクトの内容に合わせてタイプを選べます。

なお、寄付型はAll or Nothing方式とAll In方式を選べますが、All In方式にすると目標が達成できなかったときに手数料が高くなるので注意が必要です。

(※All In方式(実行確約方式)とは、目標金額の達成の有無にかかわらず、集まった支援金が受け取れる方式です。ただし、起案したプロジェクトを確実に実行する必要があります)

クラウドファンディング|A-port 朝日新聞社

Makuake

項目 詳細
タイプ 購入型・ふるさと納税型
手数料 支援金総額の15%+決済手数料5%
方式 All or Nothing方式
All In方式

『Makuake(マクアケ)』は、株式会社サイバーエージェントの子会社である、株式会社マクアケが運営しています。

Ameba(アメーバ)やAbema TV(アベマティーヴィー)などを運営する強みを活かしたPR力と、さまざまな分野の専門スタッフがおり、サポートが手厚い点が魅力です。

購入型でもAll or Nothing方式とAll In方式が選べます。ただし、All In方式にした場合は、目標金額の達成の有無に関わらず、必ずサービス・商品を提供しなければなりません。

Makuake(マクアケ)|クラウドファンディング

未来ショッピング

項目 詳細
タイプ チケット購入型・ふるさと納税型
手数料 支援金総額の20%+決済手数料2.8%
方式 All or Nothing方式
All In方式

日本経済新聞社が運営している『未来ショッピング』も、大手企業が運営するクラウドファンディングサイトを探している人におすすめです。未来ショッピングは『チケット購入型』という、ほかとは違うシステムを採用しています。

支援者が事前にサービス・商品の引換券(チケット)を購入し、プロジェクト達成後にチケットの利用確定を行うと、サービス・商品を受け取ることが可能です。

『チケットを送る』という機能もあり、プレゼントに利用できるというメリットもあります。

クラウドファンディング | 未来ショッピング 日本経済新聞社

海外を視野に入れるなら

「海外でサービスや商品を売り出したい」「海外のサービスや商品を入手したい」など、海外を視野に入れている場合、どのクラウドファンディングサイトを利用するとよいのでしょうか。

COUNTDOWN

項目 詳細
タイプ 購入型
手数料 支援金総額の20%
方式 All or Nothing方式
All In方式

『COUNTDOWN(カウントダウン)』は、元Google日本法人の代表取締役が立ち上げたクラウドファンディングサイトです。

国内唯一のグローバルクラウドファンディングで、起案者のプロジェクトを世界に向けて発信しています。プロジェクトの多言語掲載や完成した商品を世界的に販売できるなど、海外向けのサポートが手厚いのがメリットです。

『審査が厳しい』と明言されていますが、海外を視野に入れている場合は、1度チャレンジしてみるとよいでしょう。

COUNTDOWN(カウントダウン)- クラウドファンディング

Kickstarter

項目 詳細
タイプ 購入型
手数料 支援金総額の5%+決済手数料3~5%(国によって異なる)
方式 All or Nothing方式

音楽やアートなど、クリエイティブ系のサービスや商品でクラウドファンディングを利用したい人は、『Kickstarter(キックスターター)』もおすすめです。

アメリカのクラウドファンディングサイトですが、日本語や日本円にも対応しているため、それほど抵抗なく利用できるでしょう。

プロジェクトの掲載数や支援者数が非常に多く、起案したプロジェクトが支援者の目に止まれば、かなりの支援金を集められる可能性があります。

Kickstarter

起案者が手数料で選ぶなら

クラウドファンディングサイトでは、支援金総額の20%程度の手数料がかかるのが一般的です。100万円の支援金が集まっても、そのうち80万円しか手元に残らないと考えると、なかなか大きな金額でしょう。

「20%も手数料を取られるのは困る」という人のために、続いては起案者が支払う手数料が安いクラウドファンディングサイトを紹介します。

moonshot

項目 詳細
タイプ 購入型
手数料 決済手数料5%
方式 All or Nothing方式

手数料を安く抑えたいのであれば、『moonshot(ムーンショット)』の利用を検討してみましょう。日本初の手数料無料のクラウドファンディングサイトで、決済手数料5%のみで利用することが可能です。

また、支援金の早期振り込みを実施しており、支援金額が500万円未満の場合は、支援募集終了後3営業日以内で支援金が振り込まれます。

moonshot

Kibidango

項目 詳細
タイプ 購入型
手数料 支援金総額の10%
※楽天ペイ利用時は14%
方式 All or Nothing方式

『Kibidango(きびだんご)』は、10%という安価な手数料でありながら、プロジェクトの成功率が80%と非常に高いのが魅力です。(業界平均40%)

アメリカのクラウドファンディングサイトであるKickstarterから、世界で初めてKickstarter Expert(キックスターターエキスパート※)と認定された実績もあります。

アイデアが固まっていない状態でもサポートしてもらえるので、1度相談してみるとよいでしょう。

(※Kickstarter Expertとは、Kickstarterがクラウドファンディングのプロジェクトに関するアドバイス能力を認めた企業・個人のことです)

クラウドファンディング | Kibidango【きびだんご】

MotionGallery

項目 詳細
タイプ 購入型
手数料 支援金総額の10%

※All In方式で期間内に目標額を達成しなかった場合は20%

方式 All or Nothing方式
All In方式

『MotionGallery (モーションギャラリー)』も、支援金総額の10%で利用することが可能です。アーティストの支援を得意としており、映画製作やアートイベントの開催などのプロジェクトが数多く見られます。

世界での活動を視野に入れているアーティストの支援のために、アメリカのクラウドファンディングサイトであるIndiegogo(インディーゴーゴー)とも提携しているのもメリットです。

クラウドファンディング - MotionGallery (モーションギャラリー)

起案者が寄付型で選ぶなら

ボランティアや災害支援といった活動のために、寄付型のクラウドファンディングサイトを利用したいという人もいるでしょう。ここでは、寄付型のクラウドファンディングサイトを探している人におすすめのサイトを紹介します。

LIFULLソーシャルファンディング

項目 詳細
タイプ 寄付型・融資型・ファンド型
手数料 支援金総額の15%
方式 All or Nothing方式
All In方式

『LIFULL(ライフル)ソーシャルファンディング』は、寄付型・融資型・ファンド型など、複数のタイプに対応しているクラウドファンディングサイトです。

寄付型としては国内最大級の団体登録数で、豊富なノウハウを生かしたサポートをしてもらえます。

LIFULL

Good Morning

項目 詳細
タイプ 寄付型
手数料 支援金総額の7%+決済手数料5%
方式 All or Nothing方式
All In方式
マンスリーサポート(※)

社会問題の解決に取り組むプロジェクトを考えている人には、『GoodMorning(グッドモーニング)』がおすすめです。

専任プランナーがプロジェクトの伝え方や目標金額の設定方法、クラウドファンディングのページ作成方法など、さまざまな相談に対応してくれるので、初心者でも利用しやすいでしょう。

(※マンスリーサポートとは、月額制で継続的に支援が続けられる方式のことです)

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング - GoodMorning(グッドモーニング)

Readyfor Charity

項目 詳細
タイプ 寄付型・ふるさと納税型
手数料 シンプルプラン:支援金総額の7%+決済手数料5%
フルサポートプラン:支援金総額の12%+決済手数料5%
※フルサポートプランで手数料が20万円以下になった場合、最低手数料20万円を徴収
方式 All or Nothing方式

『Readyfor Charity(レディーフォー チャリティ)』は、2011年のサービス開始以来、個人だけでなく自治体やNPO法人などの団体のプロジェクトも取り扱っています。

クラウドファンディング経験者向けのシンプルプランと、未経験者向けのフルサポートプランが選べるので、必要に応じてプランを選びましょう。

寄附型クラウドファンディングReadyfor Charity(レディーフォー チャリティ)

支援者が社会貢献で選ぶなら

支援者としてクラウドファンディングを利用し、社会貢献したいという人におすすめのクラウドファンディングサイトも見てみましょう。

Readyfor

『Readyfor(レディーフォー)』は、社会貢献や地域活性化を目指すプロジェクトが多く掲載されています。国際協力やまちづくり、ものづくりなど豊富なカテゴリがあるので、気になるプロジェクトを探してみましょう。

クラウドファンディング - Readyfor(レディーフォー)

FAAVO

クラウドファンディングで社会貢献したいという人には、『FAAVO(ファーボ)』もおすすめです。地域活性化のプロジェクトに特化しており、日本全国の各地域のまちづくり、ものづくりを応援できます。

地域 × クラウドファンディング | FAAVO(ファーボ)

支援者が融資型で選ぶなら

投資の一環としてクラウドファンディングを利用したい場合は、どのクラウドファンディングサイトがよいのでしょうか。

maneo

クラウドファンディングを利用した投資にチャレンジしたい人には、『maneo(マネオ)』がおすすめです。maneoは中小企業への融資を得意分野としており、年5~8%の利回りを期待できます。(ローンファンディングの場合)

ソーシャルレンディング | maneo(マネオ) | あなたの投資が中小企業をサポート!!

SBIソーシャルレンディング

少額投資から始めたい人には、『SBIソーシャルレンディング』がよいでしょう。月々1万円から投資できるので、これまでクラウドファンディングを利用した投資をしたことがなく、いきなり大金を投資するのは不安があるという人でも安心です。

SBIソーシャルレンディング | 投資家向け特設ページ

オーナーズブック

『OwnersBook(オーナーズブック)』を利用すれば、クラウドファンディングによる不動産投資も可能です。最低1万円からプロが厳選した不動産に投資でき、年4~6%程度の利回りを目指せます。

クラウドファンディングで不動産投資「OwnersBook」

まとめ

クラウドファンディングには、購入型や寄付型などいくつかのタイプがあり、サイトによって対応しているタイプが異なります。

起案者、支援者ともに、自分の目的をはっきりさせて、それに合うサイトを選びましょう。トラブルを避けるために、前もってサイトの運営者や起案者の情報などをよく調べることも重要です。

また、サイトによって決済方式や手数料なども違います。クラウドファンディングサイトにほとんどの情報が記載されているので、前もって確認しておきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

クラウドファンディングの人気記事

カテゴリ

その他