1. Fincyトップ
  2. その他
  3. クオカードはファミレスでも使用可能か。加盟店についてのまとめ

クオカードはファミレスでも使用可能か。加盟店についてのまとめ

懸賞で当たったり、プレゼントでもらったりしたクオカードを、ファミレスで使うことはできるのでしょうか。クオカードで代金が支払える、クオカード加盟店について知っておきましょう。クオカードの概要や使い方も併せて紹介します。

この記事の目次

クオカードの概要と使い方

クオカードがどこで使えるのかを紹介する前に、そもそもクオカードとは何なのか、概要と使い方について解説します。

QUOカードとは | ギフトといえばQUOカード

クオカードとは

クオカードとは、全国のクオカード加盟店で代金の支払いに使えるプリペイドカードです。額面金額は300~1万円の8種類で、カードの表側の『QUO』のマークの下に記載されている数字を見れば、そのクオカードの額面金額をチェックできます。

出典:花・植物シリーズ | 商品・サービス | ギフトといえばQUOカード

カードの左下にある『0・5』などの数字は、残高確認用です。例えば、額面金額2000円のクオカードには『0・5・10・20』と記載されています。そのうち、10の上に穴が開いていれば、残高は1000円くらいということです。

なお、この方法ではおおよその残高しか分からないので、正確な残高を確認したい場合はレシートを見るか、レジで残高を確認してもらいましょう。

基本的な使い方

クオカードの基本的な使い方を見てみましょう。

  1. レジでクオカードで支払いたいことを伝える
  2. クオカードを店員に渡す
  3. 店員がクオカードをレジに通し、情報を読み込んだら決済完了

クオカードの額面金額が500円で支払額が200円だった場合、300円が残高としてクオカードに残ります。残高は次回の買い物のときに使えるので、現金でおつりはもらえません。

クオカードの額面金額が500円、支払額が1000円などで不足が出た場合は、不足額を現金で支払いましょう。何枚かクオカードを持っているのであれば、不足額を別のクオカードで支払うこともできます。

クレジットカードや電子マネーで不足額を支払えるかはお店によるので、店員に確認してみましょう。

ファミレスでの利用について

クオカードが使えるのは、『クオカード加盟店』として登録されているお店だけです。クオカード加盟店の中に、ファミレスはあるのでしょうか。

使えるお店 | ギフトといえばQUOカード

使えるのはデニーズのみ

クオカード加盟店になっているファミレスは『デニーズ』のみです。クオカード加盟店の中には、一部の店舗のみクオカード払い対応というところもありますが、デニーズは全店で使用できます。

すかいらーくなどは取扱終了

過去にはすかいらーく系列のガストやバーミヤン、夢庵などでもクオカードが使えましたが、2018年6月30日に取り扱いが終了しています。

(株)すかいらーくにおけるQUOカード利用終了について | 重要なお知らせ | ギフトといえばQUOカード

クオカードが利用可能な主な加盟店

デニーズ以外にどこでクオカードが使えるのか、主なクオカード加盟店を紹介します。

ローソンなどのコンビニ

大手コンビニ3社とポプラグループはクオカード加盟店です。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ポプラグループ(ポプラ・生活彩家・くらしハウス・スリーエイト)

店内の食料品や日用品、雑誌などの代金の支払いにクオカードが使えます。タバコやハガキ、切手などの代金の支払いには使えないので注意しましょう。

また、店内で発券したチケット代の支払い・公共料金・税金の支払いなども使用できません。

上島珈琲店などの飲食店

飲食店では、以下のお店がクオカード加盟店になっています。

  • 上島珈琲店(一部店舗除く)
  • UCCカフェプラザ(一部店舗除く)
  • CAFE NORTH GATE 52
  • MELLOW BROWN COFFEE
  • カフェコンフォート(一部店舗のみ)
  • 珈琲所コメダ珈琲店(岩倉川井町店・桃花台店のみ)

一部の店舗のみ対応という飲食店が多いので、事前にクオカードが使えるかを確認しておくとよいでしょう。

ジュンク堂書店などの書店

書店はクオカード加盟店がたくさんあります。

  • ジュンク堂書店
  • 丸善(一部店舗除く)
  • 紀伊國屋書店(一部店舗除く)
  • 啓文堂書店
  • ブックファースト
  • 有隣堂
  • 三省堂書店(一部店舗除く)
  • オリオン書房(一部店舗除く)
  • メトロ書店
  • 啓林堂書店
  • リブロ/よむよむ(一部店舗除く)
  • 蔦屋書店
  • TSUTAYA(一部店舗のみ)
  • 明文堂書店(一部店舗除く)

上記以外にもクオカード加盟店になっている本屋があるので、クオカード公式サイトでチェックしてみましょう。

このほか、ドラッグストアのマツモトキヨシやガソリンスタンドのENEOS(一部店舗)、JA-SS(一部店舗)などでもクオカードが使えます。

まとめ

クオカードが使えるのはクオカード加盟店として登録されているお店のみです。ファミレスの中でクオカード加盟店になっているのはデニーズだけなので、ファミレスでクオカードを使いたい場合はデニーズに行きましょう。

近くにデニーズがないという人は、飲食店であれば上島珈琲店やUCCカフェプラザでも使えます。クオカード加盟店の飲食店が近くにないという人は、コンビニや書店でもクオカードが使えるので、そちらで使うとよいでしょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他