1. Fincyトップ
  2. その他
  3. Suicaオートチャージのおすすめクレジットカード。概要と設定も解説

Suicaオートチャージのおすすめクレジットカード。概要と設定も解説

交通系ICカードの一つであるSuicaには、オートチャージ機能があります。本記事では、オートチャージの基本事項および利用方法を詳しく解説します。オートチャージに便利なクレジットカードも、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

Suicaのオートチャージとは

Suica(スイカ)とは、JR東日本の窓口で購入できる、交通系IC(アイシー)カードです。Suicaは、首都圏だけでなく、日本全国の公共交通機関や加盟店で利用可能です。

Suicaを利用するには、あらかじめSuicaにチャージ(入金)する必要があります。Suicaをチャージするには、以下の方法があります。

  • 自動券売機
  • 加盟するコンビニ
  • オートチャージ

ここでは、オートチャージについて詳しく見ていきましょう。

入金(チャージ)|利用方法|Suica:JR東日本

指定された金額を自動で追加する機能

オートチャージとは、自動改札機や一部の簡易Suica改札機にタッチして通過するだけで、自動的にチャージができるサービスです。

オートチャージは、Suicaの残高が設定以下になったときに行われます。これにより、残高不足で電車やバスを利用できない、という状況を防げるようになります。

なお、Suicaのオートチャージを利用できるエリアは、以下のとおりです。

  • 首都圏・仙台・新潟のSuica対応エリア
  • 首都圏のPASMO(パスモ※)対応エリア

(※PASMOとは、首都圏を中心とした関東周辺を主な利用エリアとする、交通系ICカードです。東京メトロのほか、10社以上の鉄道およびバス会社が出資しています)

Suica・オートチャージのご利用・設定:ビューカード

オートチャージにはビューカードが必要

Suicaのオートチャージ機能を利用するには『ビューカード』が必要です。ビューカードは、JR東日本が発行する『Suica一体型のクレジットカード』です。ビューカードの一例を以下に挙げます。

  • ビュー・スイカカード
  • ビュー・スイカリボカード
  • ビューゴールドプラスカード

ビュー・スイカカードは、Suica・定期券・クレジットカードが一体となったベーシックなカードです。ビュー・スイカリボカードは、リボルビング払い(※)専用となっています。

そのほか、ルミネカードやJALカードSuica・ビックカメラSuicaカードなど複数あります。

(※リボルビング払いとは、クレジットカードの利用金額や利用回数にかかわらず、あらかじめ設定した一定の金額を、毎月支払う方法です)

カード一覧:ビューカード

オートチャージの利用設定や変更

オートチャージを利用するには、いくつかの手続きが必要です。ここでは、Suicaの種類別に、手続き方法を解説します。

Suica・オートチャージのご利用・設定:ビューカード

Suica付きビューカードの場合

新たなSuica付きビューカードでオートチャージを申し込むには、以下の二つの方法があります。

  • インターネット
  • 郵送

インターネットで申し込む場合、オンライン入会画面で下図の項目にチェックを入れましょう。これにより、残高が1000円以下になると、自動的に3000円のチャージが行われる設定になります。

オンライン入会画面へのご入力時 図

出典:Suica機能付きビューカードでのオートチャージのご利用方法:ビューカード

また、すでに持っているSuica付きビューカードへのオートチャージの付加や、オートチャージの金額変更・利用停止は、VIEW ALTTE(ビューアルッテ※)で行います。

(※VIEW ALTTEは、ビューカードの各種設定や提携金融機関の預貯金の引き出しなどができる、駅のATM(エーティーエム)です)

通常のSuicaの場合

通常のSuicaへのオートチャージ設定および設定額の変更・利用停止は、VIEW ALTTEで行います。オートチャージを設定するSuicaと決済用のビューカードを用意して、手続きをしましょう。

Suicaのオートチャージが利用できるのは、決済用に登録したビューカードの有効期限までです。ビューカードを更新したときには、オートチャージ有効期限延長の手続きも行う必要があります。

モバイルSuicaの場合

モバイルSuicaとは、スマートフォンをSuicaとして利用するサービスです。モバイルSuicaでは、オートチャージの申し込みや設定の変更・利用停止を、スマートフォン上で行えます。

オートチャージの設定・変更をするには、SuicaアプリのSF電子マネーを選択します。次にオートチャージ設定からオートチャージ申込/変更を選択し、金額などを入力すれば完了です。

Suica付きクレジットカードが便利

Suicaのオートチャージ機能を活用するには、Suica付きクレジットカードが便利です。

Suica付きクレジットカードとは

『Suica付きクレジットカード』とは、Suicaの機能が付いたクレジットカードです。Suica付きクレジットカードには、上述した各種ビューカードのほかに、提携他社が発行するカードもあります。

カードの選び方

Suica付きクレジットカードは、種類によって特徴があります。カードにより貯まるポイントの種類や還元率が異なるため、自分のライフスタイルに合ったカードを選びましょう。

おすすめのSuica付きカード

最後に、おすすめのSuica付きクレジットカードを3枚紹介します。

通勤利用なら定番のビュー・スイカカード

ビュー・スイカカードは、主に通勤用としてカードを利用する人におすすめです。ビュー・スイカカードの詳細を、下表にまとめます。

項目 詳細
クレジットカードブランド ・VISA(ビザ)
・JCB(ジェイシービー)
・マスターカード
年会費(税抜き) 477円
入会条件 日本在住で電話連絡が取れる満18歳以上の人
(高校生を除く)
付帯機能 ・定期券
・JRE POINT(ジェイアールイーポイント※1)
・ETC(イーティーシー※2)
保険内容 旅行傷害保険(国内および海外)
その他 ・家族カード申し込み可
・接触IC(アイシー)チップ搭載

ビュー・スイカカードでは、通常の買い物は税込み1000円につき1ポイント、定期券購入やオートチャージでは税込み1000円につき15ポイントのJREポイントが貯まります。

(※1:JRE POINTとは、JR東日本グループ共通のポイントです。1ポイント1円として、Suicaにチャージしたり、加盟店で利用したりできます)

(※2:ETCとは、有料道路の料金所を止まらずに通過できる、自動料金収受システムです。ETC車載器にクレジットカードを差し込んで料金所を通過すると、通行料金が後日カード決済されます)

「ビュー・スイカ」カード:ビューカード

買い物利用が多い人ならイオンSuicaカード

イオンSuicaカードは、AEON(イオン)グループに属するイオンクレジットサービス(株)が発行するカードです。

イオンSuicaカードを利用すると、ときめきポイント(※1)が貯まります。貯まったときめきポイントは、Suicaへのチャージに利用できます。イオンSuicaカードの詳細は、下表のとおりです。

項目 詳細
クレジットカードブランド ・VISA
・JCB
・マスターカード
年会費 無料
付帯機能 ・ETC
・イオンiD(アイディー)
・Apple Pay(アップルペイ)
保険内容 ・旅行傷害保険(国内および海外)

イオンSuicaカードを提示し、電子マネー(WAON:ワオン)や現金で買い物をした場合は、WAON POINT(ワオンポイント※2)が貯まります。

(※1:ときめきポイントとは、イオンクレジットカード利用時に貯まるポイントです。通常の買い物では税込み200円で1ポイント、イオングループ加盟店では税込み200円で2ポイント貯まります)

(※2:WAON POINTとは、イオングループ加盟店で買い物をした際に貯まるポイントです。電子マネー(WAON)では税込み200円で1ポイント、現金では税込み100円で1ポイント貯まります)

イオンSuicaカード|イオンカード 暮らしのマネーサイト

保険付帯で便利なANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは、三井住友カードが発行するクレジットカードの一つで、ANAカードとSuicaが一体になったカードです。ANA VISA Suicaカードの詳細を下表に紹介します。

項目 詳細
クレジットカードブランド VISA
年会費(税抜き) 2000円
入会条件 満18歳以上の人
(高校生を除く)
付帯機能 ・iD
・Apple Pay
・PiTaPa(ピタパ※1)
・ETC
保険内容 旅行傷害保険(最大1000万円)

ANA VISA Suicaカードは、税込み1000円の利用につき1ポイントのワールドプレゼント(※2)が貯まります。貯まったワールドプレゼントは、SuicaやANAマイルへの移行が可能です。

(※1:PiTaPaとは、スルッとKANSAIが取り扱うICカード決済サービスです。スルッとKANSAIエリアでの公共交通機関の乗車や、加盟店での支払いに使えます)

(※2:ワールドプレゼントとは、三井住友カードの利用額に応じて貯まるポイントです。貯まったポイントは、景品や商品券と交換したり、他社のポイントプログラムへ移行したりできます)

ANA VISA Suicaカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

まとめ

Suicaのオートチャージは、チャージ残高が一定金額以下になると、改札通過時に自動でチャージされるサービスです。

オートチャージを利用するには、ビューカードへの申し込みが必要です。ビューカードにはいくつかの種類があるため、生活スタイルに合ったカードを選びましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他