1. Fincyトップ
  2. その他
  3. クオカードの期限はいつまで?使い方や使える場所とともに紹介

クオカードの期限はいつまで?使い方や使える場所とともに紹介

何年も前のクオカードは、そのままお店で使えるのでしょうか。安心して使えるように、クオカードの有効期限について知っておきましょう。クオカードの使い方や、クオカードを使える場所、買える場所も併せて紹介します。

この記事の目次

クオカードの使い方

クオカードとは、全国のクオカード加盟店で使えるギフト券のことです。300円の少額のカードから1万円の高額カードまであり、子どもへのプレゼントや企業のイベントの景品など、さまざまな目的に対応できます。

出典:動物シリーズ | 商品・サービス | ギフトといえばQUOカード

支払可能額が分からないというときは、カードの左上を見てみましょう。『QUO』のマークの下に印字されている数字が、そのクオカードで支払える金額です。

また、残高を知りたい場合は、カードの左下の『0・5・10』などと記載してある箇所を見てみましょう。クオカードを使用すると、残高に応じた数字の上に穴が開きます。

もし、『5』の上に穴が開いていれば、残り500円くらいだと分かります。確実な残高を知りたい場合は、お店のレジで残高確認をしてもらいましょう。

レジで提示すればOK

お店でのクオカードの使い方は、レジで店員に手渡して、クオカードの情報を読み込んでもらうだけです。クレジットカードのように、サインをしたり、暗証番号を入力したりする必要はありません。

支払い後に発行されるレシートにクオカードの残高が記載されているので、あとから残高を確認できるように、レシートを保管しておくとよいでしょう。

不足分の払い方

お店での支払額が、クオカードの支払可能額ぴったりになることは少ないものです。もし、支払額がクオカードの支払可能額より高かった場合は、不足分を現金で支払いましょう。

クレジットカードや電子マネーでも不足分を支払えることがありますが、お店によって対応が異なります。前もってクオカードとクレジットカードや電子マネーが併用できるか確認すると安心です。

なお、クオカードは残高が0円になるまで何度でも使えます。支払額がクオカードの支払可能額より安く残高が残った場合は、次回の買い物の際に使いましょう。

クオカードが使える主な場所

クオカードが使えるのは、クオカード加盟店に限られます。どのお店がクオカードの加盟店なのかを見ていきましょう。

使えるお店 | ギフトといえばQUOカード

ローソンなどコンビニでの支払い

多くのコンビニが、クオカードの加盟店になっています。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブン-イレブン
  • ポプラ

ただし、クオカードで支払えるのは、雑誌や食料品の代金のみです。切手やハガキ、タバコなどの代金の支払いには使えません。また、コンビニでは公共料金や税金、チケット代なども支払えますが、それらもクオカードでの支払い対象外です。

なお、クオカードでの支払いの際にも、ローソンのPontaポイントやdポイント、ファミリーマートのTポイントなどは付与されます。

飲食店での支払い

飲食店にも、クオカード加盟店があります。

  • デニーズ
  • CAFE NORTH GATE 52
  • MELLOW BROWN COFFEE
  • 上島珈琲店(一部店舗除く)
  • UCCカフェプラザ(一部店舗除く)
  • カフェコンフォート(一部店舗除く)
  • 珈琲所コメダ珈琲店(岩倉川井町店・桃花台店のみ)

同じ系列のお店でも、一部の店舗ではクオカードでの支払いに対応していないことがあるので、あらかじめ使用可能かどうかを調べておきましょう。

書店での支払い

書店には、クオカード加盟店が多くあります。

  • ジュンク堂書店
  • 蔦谷書店(一部店舗除く)
  • 紀伊國屋書店(一部店舗除く)
  • 啓文堂書店
  • 積文館書店
  • 有隣堂書店
  • 三省堂書店(一部店舗除く)
  • オリオン書房(一部店舗除く)
  • メトロ書店
  • リブロ(一部店舗除く)
  • ブックファースト
  • 丸善(一部店舗除く)

TSUTAYAとHMVでは、CDの代金の支払いにもクオカードが使えます。

クオカードの期限について

何年も前にクオカードをもらって忘れていた、使いかけを財布に入れたまま忘れていたというとき、クオカードはそのまま使えるのでしょうか。クオカードの有効期限について知っておきましょう。

よくあるご質問|ギフトといえばQUOカード |【QUOカード】有効期限はありますか?

有効期限はない

クオカードには、有効期限がありません。カードが破損していたり、磁気不良を起こしたりしていなければ、何年経っても使えます。

ただし、かなり昔のクオカードの中には、有効期限が設定されていた物があるので、念のため有効期限が記載されていないかをチェックしておきましょう。

破損や磁気不良で使えない場合は、再発行の手続きをすれば新しいクオカードに交換してもらえます。

QUOカード再発行のお手続き | ご利用上のご注意 | ギフトといえばQUOカード

QUOカードPayは有効期限あり

クオカードには、電子版の『QUOカードPay』があります。メールで届いたURLを開くとバーコードが発行され、そのバーコードをレジで読み取ってもらえば支払いが完了するというものです。

アプリをインストールしなくても使えますが、アプリがあると残高が確認できたり、複数のQUOカードPayの残高をまとめたりできるようになるので便利です。

クオカードが財布でかさばるのが気になるという人にうれしいサービスですが、QUOカードPayのバーコードには、『発行から3年間』の有効期限が設定されています。有効期限が切れる前に、早めに使い切ってしまいましょう。

もらって、うれしい。デジタルギフト | QUOカードPay

クオカードが買える場所

クオカードをプレゼントしたい、イベントの景品にしたいというとき、どこでクオカードを買えばよいのでしょうか。

クオカードの取扱店

コンビニや書店などのクオカード加盟店の一部では、クオカードの販売も行っています。お店によって取り扱っている金額やデザインが異なるので、希望の物が置いてあるかを確認してから買いに行った方がよいでしょう。

また、大量にクオカードが置いてあるお店は少ないので、イベントの景品で数十枚必要などというときには、予約しておくのが安心です。クオカード公式サイトでクオカード取扱店が検索できるので、近くのお店を探してみましょう。

トップ | 取扱店検索|QUOカード

金券ショップ

金券ショップでは、買い取りしたクオカードを販売しています。基本的に、使いかけのクオカードは買い取らないので、1度誰かの手に渡ったというだけの、新品同様のクオカードが購入できるでしょう。

さらに、クオカード取扱店やオンラインショップでは、クオカードの支払可能額どおりの金額か、それよりも少し高い金額でクオカードが販売されています。

しかし、金券ショップでは支払可能額の97~99%程度で購入できるので、なるべく安く買いたいという人におすすめです。

ネットショップなど

クオカードには、公式のオンラインショップがあります。オンラインショップではすべての金額のクオカードが購入でき、デザインを選ぶことも可能です。

自分でデザインしたクオカードを作成したり、数十枚、数百枚の大口注文にも対応してもらえたりといったメリットもあります。

Web限定デザインや数量限定デザインのクオカードはすぐに完売になるので、こまめにチェックしておきましょう。

まとめ

クオカードは、全国クオカード加盟店で使える便利なギフトカードです。店員に渡すだけで、サインや暗証番号の入力不要で使えるので、スムーズに会計できます。

クオカードの有効期限はないので、何年経っても残高が残っていれば使用可能です。ただし、かなり昔のクオカードには有効期限が設定されている物があったので、念のため有効期限が記載されていないかを確認しておきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他