1. Fincyトップ
  2. その他
  3. デビットカードのメリットって何?使い方やポイントとともに紹介

デビットカードのメリットって何?使い方やポイントとともに紹介

翌月払いのクレジットカードに抵抗があるという人は、デビットカードの利用を検討してみましょう。デビットカードとは何なのか、どんなメリットがあるのかを紹介します。デビットカードの使い方と知っておくべきポイントも見ていきましょう。

この記事の目次

デビットカードの仕組み

デビットカードとは、店頭やネットでの支払いに使える決済用のカードです。

出典:デビットカードの活用例|楽天銀行デビットカード|楽天銀行

クレジットカードと同じような見た目ですが、クレジットカードと何が違うのでしょうか。

利用や支払いの流れ

クレジットカードを店頭やネットでの支払いに使うと、1カ月分の利用代金がまとめて翌月以降に口座から引き落とされます。

しかし、デビットカードは店頭やネットでの支払いに使うと同時に、利用代金が口座から引き落とされるのです。そのため、口座残高以上の支払いをすることはできません。

クレジットカードとの違い

その他のデビットカードとクレジットカードの違いを比較してみましょう。

項目 デビットカード クレジットカード
支払方法 即時引き落とし 翌月以降に引き落とし
支払回数 1回払いのみ 1回払い・分割払い・リボ払いなど
利用可能額 口座残高の範囲内
※1日あたりや1カ月あたりで上限額が設定されていることがあります
カード会社が定める利用可能額の範囲内
申込条件 15歳から申し込めるものもある 原則18歳以上
申込時の審査 なし あり
利用可能時間 24時間・365日使えるものと、土曜は22時までなど制限されているものがある 24時間・365日使える

デビットカードのメリットとは

店頭やネットでの支払いにデビットカードを使うことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

現金不要で便利

デビットカードがあれば、支払いの際に現金がいりません。定期的に口座からお金を引き出す必要がないので、ATM手数料などを気にする必要もなくなります。

ただし、デビットカードは引き落とし用の口座に指定できるのが、デビットカードを発行している金融機関のものに限定されるのが一般的です。

給与振込用の口座がある金融機関のデビットカードを発行した方が、毎回資金を移動させる手間がかかりません。

使いすぎの心配などがなく安心

クレジットカードは、カード会社が設定した利用可能額の範囲内であれば、自分の収入や口座残高以上の支払いをすることが可能です。

そのため、どれくらい使ったかをしっかり管理しておかないと、うっかり使いすぎてあとから支払いに困る可能性があります。

一方デビットカードは、口座の残高以上の支払いができないので、使いすぎで支払いに困る心配がなく安心です。

それでも心配という人は、デビットカードの利用代金の引き落とし用口座に、一定額以上入金しないようにするとよいでしょう。自分で1日あたり、1カ月あたりの利用上限額を設定しておくのもおすすめです。

ポイントなどお得に使える

デビットカードの中には、クレジットカードと同じく利用額に応じてポイントが付与されたり、キャッシュバックが受けられたりするものがあります。

お得にデビットカードを使いたい人は、ポイント還元率などを重視してデビットカードを選ぶとよいでしょう。

デビットカードの使い方

デビットカードはクレジットカードのように手軽に使えるものなのでしょうか。デビットカードの使い方を見ていきましょう。

店頭での使い方

デビットカードの店頭での使い方は、クレジットカードと同じです。

  1. 店員にカード払いすることを伝える
  2. 店員にデビットカードを渡す
  3. デビットカードの情報が読み取られ、支払いが完了する

店員にカード払いすることを伝える際に、『デビットカードで』といわないようにしましょう。デビットカードには、国際ブランド付帯のものと、銀行のキャッシュカードと一体となった『J-Debit(ジェイデビット)』があります。

国際ブランド付帯のものは、その国際ブランドの対応店舗ならどこでも使えますが、J-DebitはJ-Debit加盟店でしか使えません。『デビットカードで』というと、どちらか分からないので、『カード払いで』『Visaで』などと伝えるようにしましょう。

ネットでの使い方

デビットカードのネットでの使い方も、クレジットカードと変わりません。

  1. 支払方法の選択画面で『クレジットカード』を選択する(『デビットカード』の表示がある場合は、デビットカードを選択)
  2. クレジットカード情報入力欄にデビットカードの情報を入力する
  3. 支払回数を1回払いにする
  4. 決済を完了する

なお、ネットでデビットカードを使うときに、セキュリティコードの入力を求められることがあります。

デビットカードにも、クレジットカードと同じようにカードの裏面の記名欄にセキュリティコードが記載されているので、その番号を入力しましょう。

海外での使い方

デビットカードは海外のお店やATMでも使用できます。店頭支払いの方法は、国内の店頭での使い方と変わりありません。

店員にカード払いすることを伝え、カードをレジで読み取ってもらいます。ATMで現金を引き出す際には以下の流れで操作しましょう。

  1. デビットカードに付帯している国際ブランド対応のATMを探す
  2. ATMにデビットカードを挿入する
  3. PIN(暗証番号)を入力する
  4. ENTERをタップする
  5. WITHDRAWAL(引き出し)をタップする
  6. SAVINGS(預金)をタップする
  7. 出金額を入力する
  8. デビットカード・現金・明細書を受け取る

知っておくべきポイント

最後に、デビットカードについて知っておきたいポイントを紹介します。

J-Debitは海外では使えない

国際ブランドが付帯しているデビットカードは海外でも使えますが、J-Debitは海外では使えません。海外でデビットカードを使いたい場合は、国際ブランド付帯のデビットカードを持っていきましょう。

また、国際ブランド付帯のデビットカードでも、海外で使用すると手数料がかかるので注意が必要です。手数料の金額はデビットカードによって異なるので、前もって調べておきましょう。

種類 店頭決済 海外ATM利用料
楽天銀行デビットカード 海外レート+3.024% 無料
JNBVisaデビットカード 海外レート+3.02% 無料
三菱UFJVisaデビットカード 海外レート+3.0% 108円
ソニー銀行デビットカード 海外レート+1.76% 216円

月々の支払いに使えるカード

公共料金やネット上のサービスなどの月額払いに使えるデビットカードは限られています。そもそもサービス側がデビットカード不可と定めていることもあるので、事前に確認しておきましょう。

月額払い対応のデビットカードで代表的なものとして、『楽天銀行デビットカード』や『JNB Visaデビットカード』があります。

種類 詳細
楽天銀行デビットカード ・年会費:無料(※)
・発行手数料:無料
・公共料金や携帯電話料金の支払いなどに利用可能
・利用額の1.0%のポイント還元
JNB Visaデビットカード ・年会費:無料
・発行手数料:無料
・公共料金や携帯電話料金、NHK受信料の支払いなどに利用可能
・500円利用ごとに1JNBスター付与

(※楽天銀行デビットカードのシルバーカード、ゴールドカードは年会費がかかります)

はじめてのデビットカード、デビットカードとは?|楽天銀行
JNB Visaデビットカード|ジャパンネット銀行

まとめ

デビットカードには、現金を持ち歩く必要がなくなる、口座残高以上の支払いができないので使いすぎを防げるなどのメリットがあります。また、国際ブランド付帯のデビットカードであれば、海外のお店やATMで使うことも可能です。

申込時の審査もなく、指定の銀行口座があればすぐに発行できるので、さっそく申し込んでみましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他