1. Fincyトップ
  2. その他
  3. デビットカードの使い方とは。主なシーン別に使い方を紹介

デビットカードの使い方とは。主なシーン別に使い方を紹介

ショッピングやサービス利用の際、キャッシュレスで決済する方法が一般的になってきました。決済方法はたくさんありますが、その中の一つがデビットカードです。デビットカードの基礎知識や、シーン別の使い方を紹介します。

この記事の目次

デビットカードの基礎知識

キャッシュレスで決済できるデビットカードとは、どんな仕組みなのでしょうか?デビットカードの基礎知識と、使用する上での注意点について紹介します。

デビットカードの仕組み

デビットカードを使用して支払いをすると、そのタイミングで銀行口座から利用金額の引き落としが行われます。口座残高以上の金額は使用できないため、使い過ぎを防止できるのがメリットです。

種類によっては利用した金額に応じてポイントが貯まるカードもあり、お得に利用できます。デビットカードは利用の都度、メール通知が行われ、不正利用に気付きやすい仕組みとなっているため、安心です。

クレジットカードとの違い

デビットカードと同じようにキャッシュレスで決済できる方法として普及しているのが、クレジットカードです。しかし、クレジットカードとデビットカードの仕組みは、大きく異なります。

クレジットカードの場合、決済した時点ではカードの所有者の支払いは発生しません。決済のタイミングでは、クレジットカード会社がいったん支払いを肩代わりします。そして月1回の締め日に、まとめてその月の利用額を請求される形です。

それに対し、デビットカードはその場で引き落としになります。クレジットカードは後払いの支払方法ですが、デビットカードは即時決済される支払方法です。

また、クレジットカードは発行する際に審査が必要ですが、デビットカードには基本的に審査はありません。

注意点

デビッドカードはあくまでも即時引き落としのサービスのため、分割払いやリボ払いなどはできず、一括払いのみとなります。

また、キャッシングサービスやETCカードの発行はできないなど、クレジットカードに比べて、利用範囲が狭まる点には注意が必要です。

コンビニなど店頭レジでの使い方

では、デビットカードを利用する際には、どのような使い方をすればよいのでしょうか?コンビニなどの店頭での使い方をみていきましょう。

基本的には、会計の際にデビットカードを提示したら、その後の対応が3種類に分かれます。

サインでの支払い

デビットカード利用の際に、レシートにサインを求められるケースがあります。その場合は、デビットカードの裏面のサインと同じものを、指定された欄に記入しましょう。タブレット端末にサインする場合も同様です。

カードの裏面と違った表記でサインすると、不正利用を疑われる可能性もあるため、注意しましょう。

暗証番号での支払い

サインの代わりに、暗証番号の入力を求められるケースもあります。入力用に専用端末を差し出されるため、カードの申し込み時に指定した、4桁の数字を入力します。

なお、暗証番号の入力を複数回間違えると、ICチップにロックがかかり使えなくなってしまうため、注意が必要です。ロックがかかった場合はカードの再発行になるのが一般的なため、入力誤りがないように気を付けましょう。

スマート決済も可能

非接触IC機能を搭載したデビットカードの場合、スマート決済も可能です。iD(アイディ)や、Visa payWave(ビザペイウェーブ)に対応したデビッドカードであれば、カードリーダーにタッチするだけで決済が完了します。

また、スマートフォンを使ってデビッドカードを利用できる、『スマートデビット』を提供している銀行もありますが、スマホがあれば決済できて便利です。

一般的な電子マネーと異なり、チャージが不要なため、残高さえあればすぐに利用できるのが大きなメリットといえるでしょう。

ネットでの使い方

デビットカードは店頭だけではなく、対応しているネットショップでも利用可能です。多くの場合、VISAやJCBなどの国際ブランドのデビットカードであれば、クレジットカードと同じように使用できます。

デビットカードをネットで使用する場合の、使い方を解説しましょう。

支払いの流れ

発注したい商品を買い物かごに入れ、支払い方法の選択画面で、『デビットカード』を選択します。このとき、デビットカードが選択肢にない場合には、『クレジットカード』を選びましょう。

カード情報の入力画面で、カード番号などの必要事項を入力し、注文確定ボタンを押せばOKです。即時決済が特徴のデビットカードですが、ネットショッピングの場合には、注文確定時または商品発送時に引き落としが行われます。

なお、発注後にキャンセルした場合などは、いったん引き落としされている状態です。また、予約販売では発注時と売上時などに二重支払いが発生するケースがあります。

その際にはもちろん返金処理が行われますが、返金に時間がかかる場合もあるため、口座残高には注意しましょう。

カードレスデビットについて

ネットで使用する場合は、不正利用などセキュリティの点が気になります。そんなときに利用を検討したいのがカードレスデビットです。

カードレスデビットは、通常のデビットカードのようにカードの発行はなく、カード番号だけが発行されます。そのカード番号をサイトに入力することで、デビットカードとしての機能が利用できる仕組みです。

ジャパンネット銀行が発行する『JNBカードレスVisaデビット』では、カード番号を四つまで発行できる上、カード番号はいつでも変更できます。ネットショッピングをした後には、カード番号を変更しておけば安心です。

海外での使い方

VISAやJCBなど、海外ブランドのデビットカードは、海外でも国内と同じようにショッピングに利用できます。海外ならではの便利な使い方や、海外で利用する際の注意点を紹介しましょう。

現地通貨の引き出し

デビットカードを使用すると、ATMで現地通貨を引き出せます。現地通貨に両替する必要がなく、必要なときに引き出せるため便利です。

ただし、カードのブランドによって使用できるATMが異なるため、注意しましょう。VISAはVISA・PLUSのいずれか、JCBはJCB・cirrusのいずれかのマークがついたATMで利用可能です。

なお、場合によっては現地のATM利用料がかかるケースもあります。

海外での注意点

海外ではホテルやレンタカーなどを利用する際、デポジット(保証金)の支払いを求められるケースがあります。デポジットは何もなければ返金されますが、デビットカードで支払うと、返金に数日~2週間程度時間がかかるため注意が必要です。

また、海外で使用する際には、金融機関によって定められた割合で、海外事務手数料がかかります。これは、ATMで現地通貨を引き出す際にも発生する手数料です。

そして、現地通貨と日本円の換算レートにも気を付ける必要があります。現地で使用した際に、いったんその時点のレートで引き落としがされますが、後日お店からの売上データが届いた際のレートが正式なレートとなります。

そこで差額があった場合、返金や追加の引き落としがあることを覚えておきましょう。

まとめ

デビットカードはクレジットカードと異なり、審査が不要なので10代でも発行できるのが一般的です。使用の際に即時銀行から引き落としされ、残高以上は使用できないため、使い過ぎが防げるなどのメリットがあります。

クレジットカードやその他のプリペイドカードとは異なる利点があるため、その特性を理解して、上手にキャッシュレス決済の使い分けを行いましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他