1. Fincyトップ
  2. その他
  3. nanacoで公共料金を支払うとお得?ポイントに関する注意点

nanacoで公共料金を支払うとお得?ポイントに関する注意点

電子マネーの多くは公共料金の支払いには利用できませんが、nanaco(ナナコ)は公共料金の支払いも可能です。公共料金をnanacoで支払うメリットや注意点、nanacoのクレジットチャージなどについて知っておきましょう。

この記事の目次

ポイントが貯まる電子マネーnanaco

nanacoとは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが発行する電子マネーです。『nanacoカード』と『nanacoモバイル』があり、nanaco対応のお店のレジで、カードやスマートフォンをかざすだけで支払いができます。

残高が少なくなってきたら、現金やクレジットカードでチャージ(入金)することで、何度でも使うことが可能です。

さらに、nanacoは使えば使うほどnanacoポイントが貯まります。利用額200円ごとに1ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円としてnanacoにチャージできるので、大変お得です。

nanacoとは|電子マネー nanaco 【公式サイト】

セブンイレブンはもちろんスーパーでも

nanacoが利用できるのは、セブンイレブンだけではありません。スーパー・デパート・飲食店・家電量販店・ドラッグストアなど、さまざまな場所で使えます。

お店によっては、nanacoの利用で割引が受けられたり、200円で4ポイントもらえたりするサービスデーもあるのでチェックしておきましょう。

nanacoカードの発行手数料は300円

nanacoカードは、セブンイレブンやイトーヨーカドーに設置されている申込書に必要事項を記入し、レジやサービスカウンターに提出すれば発行できます。

また、事前にパソコンやスマートフォンで Web申込書を作成し、届いたメールを提示するか、Web申込書を印刷するなどして提出することでも発行可能です。

nanacoカードを発行しても年会費はかかりませんが、発行時に発行手数料が300円かかります。

無料でnanacoを使う方法

nanacoを無料で使いたい場合は、nanacoモバイルを利用しましょう。nanacoモバイルは無料アプリをダウンロードして、会員登録をするだけで利用できます。年会費も発行手数料もかかりません。

ただし、iPhoneではnanacoモバイルは利用できないので、iPhoneユーザーはnanacoカードを使いましょう。

また、『セブンカードプラス』のnanaco一体型を発行するという方法もあります。セブンカードプラスのnanaco一体型とは、nanacoカード機能付きのクレジットカードです。

クレジットカードとしても、nanacoカードとしても利用可能で、年会費・発行手数料ともに無料で利用できます(※)。

(※あくまでクレジットカードなので、発行には審査があり、審査結果によっては発行を断られることもあります)

セブンカード・プラスはnanacoをもっとお得に便利にするクレジットカード

nanacoで公共料金を支払うメリット

電子マネーには数多くの種類がありますが、基本的に公共料金の支払いには対応していません。しかし、nanacoは公共料金の支払いにも利用できます。nanacoで公共料金を支払うメリットを見ていきましょう。

クレジットカードチャージができる

nanacoはクレジットカードでのチャージが可能です。そして、クレジットカードの中には、nanacoへのチャージでポイントが貯まるものがあります。

通常、公共料金をコンビニで払うときには現金しか使えないので、当然クレジットカードのポイントは貯まりません。

しかし、nanacoに公共料金支払い分の残高をクレジットチャージすれば、コンビニでの公共料金の支払いでクレジットカードのポイントが貯められるのです。

なお、nanacoのチャージ上限額は5万円で、クレジットカードチャージにもチャージ金額やチャージ回数の上限が定められているので注意しましょう。

クレジットチャージ|電子マネー nanaco 【公式サイト】

nanacoポイントを電子マネーにして使える

貯まったnanacoポイントを電子マネーに交換して使えるのも、nanacoのメリットです。

日々の買い物でコツコツnanacoポイントを貯めておき、公共料金の支払い時に貯まったnanacoポイントをnanacoにチャージすれば、その分公共料金がお得になります。

クレジットカードチャージについて

ここでは、公共料金をnanacoでお得に支払いたいときに、知っておきたいことを紹介します。

登録できるクレジットカードは?

nanacoのクレジットチャージには、以下のようなクレジットカードが登録できます。

国際ブランド クレジットカード
JCB ・JCBマークがあるもの
Visa/Mastercard ・三井住友Visaカード
・セゾンカード
・UCカード
・ライフカード
など
American Express ・セゾンマークがあるもの

クレジットカードの登録は、nanacoカードは入会から10日後、nanacoモバイルは入会から4日後の朝6時以降にならないとできません。

また、クレジットカードを登録して24時間経たないとクレジットチャージができないので、早めに入会を済ませておきましょう。

nanacoクレジットチャージに登録できるクレジットカードは何ですか? | よくあるご質問|電子マネー nanaco 【公式サイト】

リクルートカードはポイント1.2%

nanacoのクレジットチャージによるポイント還元率は、クレジットカードによって異なります。公共料金をよりお得に支払えるように、できるだけ還元率が高いものを選びましょう。

『リクルートカード』は、クレジットチャージによる還元率が1.2%、通常の利用での還元率が1.2~4.2%と高還元率で、ポイントを効率よく貯めたい人におすすめです。

ただし、nanacoのクレジットチャージでポイントが付与されるのは、月3万円までなので注意しましょう。

ポイントを貯める・使う - リクルートカード(Recruit Card)

Pontaを使ってJALマイルにも

nanacoへのチャージや、その他リクルートカードでの支払いで貯めたポイントは、nanacoにはチャージできません。しかし、Pontaポイントに交換ができます。

Pontaポイントは、電子マネーのPontaにチャージすることで、さまざまなお店で利用できるほか、JALマイルへの交換が可能です。

ポイント還元率だけでなく、JALマイルを貯めたい人にとってもリクルートカードはおすすめといえるでしょう。

nanacoで公共料金を支払うときの注意点

最後に、nanacoで公共料金を支払うときに注意したい点を紹介します。ここで解説することを押さえておかないと、nanacoで公共料金を支払うメリットがあまりなくなるので、しっかりチェックしておきましょう。

nanacoポイントは付与されない

nanacoで公共料金を支払っても、nanacoポイントは付与されないため、nanacoに現金でチャージして公共料金を支払ってもお得にはなりません。

nanacoで公共料金を支払うとお得なのは、公共料金の支払い分をクレジットチャージすると、その分クレジットカードのポイントが貯まるからです。nanacoで公共料金をお得に支払いたいのであれば、クレジットチャージを利用しましょう。

楽天カードなどポイント対象外のカードも

楽天カードはポイントが貯まりやすいクレジットカードとして人気ですが、nanacoのチャージはポイント付与の対象外です。

その他にも、nanacoのクレジットチャージ用として登録はできるものの、nanacoのチャージがポイント付与の対象外になるクレジットカードは複数あります。

nanacoには、クレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードを登録するようにしましょう。以下にクレジットチャージでポイントが貯まる、主なクレジットカードを紹介します。

  • リクルートカード:還元率1.2%
  • セブンカード・プラス:還元率0.5%
  • セディナカード:還元率0.5%
  • ヤフーカード:還元率0.5%

まとめ

多くの電子マネーは公共料金の支払い不可ですが、nanacoは公共料金の支払いにも利用可能です。ただ公共料金が支払えるだけでなく、nanacoにクレジットチャージして公共料金を支払うと、クレジットカードのポイント分公共料金がお得になります。

ただし、どのクレジットカードでもnanacoのチャージでポイントが貯まるわけではありません。登録するクレジットカードが、nanacoのチャージでポイントが貯まるタイプのものかをチェックしましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他