1. Fincyトップ
  2. その他
  3. nanacoで税金支払いをお得に。高額な支払いや一部現金は可能?

nanacoで税金支払いをお得に。高額な支払いや一部現金は可能?

税金の納付は、nanaco(ナナコ)を使うとお得です。なぜnanacoを使うとお得なのか、高額な納付や現金との併用は可能なのか、nanacoで税金を納付するときに知っておきたいポイントや注意点を紹介します。

この記事の目次

税金の支払いにクレジットカードは使える?

住民税や固定資産税、自動車税など、納めなければならない税金は数多くあります。これだけたくさん納めるのなら、クレジットカード払いにしてポイントが貯められるとお得です。しかし、税金の納付にクレジットカードは使えるのでしょうか。

自動車税や固定資産税などは利用可能

2016年の税制改正によって、一部の税金はクレジットカードで納付できるようになっています。対象となる主な税金の種類は、以下の通りです。

区分 種類
国税 ・法人税
・相続税
・贈与税
・消費税
・申告所得税
など
地方税 ・住民税(都道府県民税・市区町村民税)
・自動車税
・固定資産税
・都市計画税
・個人事業税
など

クレジットカードで税金を納付するには、国税や地方税の『クレジットカードお支払いサイト』、または『Yahoo!公金支払い』で手続きする必要があります。

自治体によってはクレジットカードで納付できる税金の種類が限定されていたり、Yahoo!公金支払いに対応していなかったりするので、前もって調べておきましょう。

国税クレジットお支払サイト
都税 クレジットカードお支払サイト
ヤフー公式アプリならその払込票、どこでも「スマホ」で支払えます

nanacoを使えばコンビニ支払いもお得に

納付書を利用してコンビニなどで税金を納付する場合は、現金払いが基本です。クレジットカードや電子マネーは、原則使えません。ただし、nanacoだけは、コンビニで税金を納付するときにも使えます。

nanacoで税金を納付してもnanacoポイントはもらえません。しかし、nanacoの残高をクレジットチャージすると『クレジットカードのポイントが付く』ため、税金の納付のためにチャージして付与されたポイント分、税金がお得になります。

nanacoで税金をお得に支払う方法

ここでは、nanacoで税金をお得に納付するために、知っておきたいことを紹介します。

ポイントがつくクレジットカードを登録

nanacoで税金を納付するとお得な理由は、nanacoの残高をクレジットチャージすることで、クレジットカードのポイントが付くからです。

しかし、nanacoのクレジットチャージがポイント付与の対象となっているクレジットカードは、種類が限られています。nanacoに登録するクレジットカードは、クレジットチャージでポイントがつくものにしましょう。

また、ポイントが付くクレジットカードでも、それぞれポイントの還元率は異なります。できるだけお得に利用したい場合は、高還元率のクレジットカードを選びましょう。

リクルートカードは高還元率

『リクルートカード』は、nanacoのクレジットチャージによる還元率が1.2%と高いので、nanacoに登録するクレジットカードとしておすすめです。

通常の買い物やサービスの支払いで利用した場合の還元率も1.2~4.2%あるので、普段使いにも向いています。ただし、クレジットチャージでポイントの加算対象となるのは、月間3万円までなので注意しましょう。

ポイントを貯める・使う - リクルートカード(Recruit Card)

セブンカード・プラスは特典をチェック

セブンカード・プラスのクレジットチャージによるポイント還元率は0.5%です。しかし、セブンカード・プラスは、入会特典でnanacoポイントがもらえるキャンペーンを行っていることがあります。

もらったnanacoポイントをnanacoにチャージすれば、その分を税金の納付に利用できるのでお得です。

セブンカード・プラス:nanacoをもっと便利でお得に使えるクレジットカード

nanacoによる税金支払いの注意点

nanacoで税金を納付するときには、nanacoにクレジットカードを登録する際の注意点について把握しておくことが重要です。

24時間前までに事前登録が必要

nanacoで税金を納付する場合は、納付する日の24時間前までに、クレジットカードの事前登録を済ませておきましょう。

nanacoのクレジットチャージは、クレジットカードを事前登録してから24時間経ってからでないと利用できないからです。

『nanacoカード』と『nanacoモバイル』のどちらであっても、時間が短くなることはないので、早めに登録しておきましょう。

発行から10日後まで事前登録不可

nanacoは、クレジットカードが事前登録できるようになるまでにも時間がかかります。発行から事前登録ができるようになるまでの期間は以下の通りです。

  • nanacoカード:発行から10日後
  • nanacoモバイル:発行から4日後の朝6時以降

税金の納期限ぎりぎりに発行すると間に合わなくなるので、nanacoで税金を納付したい場合は、早めに発行しておきましょう。

高額な税金を支払うには

人によっては、税金が高額になることもあるでしょう。高額な税金をnanacoで支払うにはどうすればよいのでしょうか。

nanacoのチャージ限度額は5万円

nanacoカードへのチャージ限度額は5万円です。そのため、納付できる税金は5万円が上限ですが、nanacoは1人で複数枚持てるので、例えば5万円チャージしたnanacoが3枚あれば、15万円の税金を納付することが可能です。

ただし、お店ごとに1回の精算で使用できるnanacoの枚数に制限があり、複数枚同時使用不可というケースもあるので、事前に使用可能枚数を確認しましょう。

また、クレジットチャージには、nanaco番号一つにつき1日3回、月15回の回数制限があります。さらに、チャージ金額にはチャージ1回あたり3万円、月20万円の限度額が設けられているので注意しましょう。

上限を超えた金額はセンターお預かり分へ

nanacoカードにクレジットチャージすると、すぐに残高には反映されずに、一旦『センターお預かり分』として保管されます。これを使えるようにするには、レジかセブン銀行ATMでの残高確認が必要です。

nanacoのチャージ限度額は5万円なので、限度額を超えた分はセンターに保管されたままとなります。そして、センターお預かりの限度額も5万円です。これをうまく利用すると、nanacoを複数枚持たなくても10万円分の税金を納付できます。

  1. nanacoカードに5万円チャージ
  2. 追加で5万円チャージし、センターお預かりとして保管
  3. nanacoカードで税金5万円分を納付
  4. そのままレジで残高確認してもらい、センターお預かり分をnanacoカードにチャージ
  5. 残りの税金を納付

センターお預り分|電子マネー nanaco 【公式サイト】

nanacoモバイルアプリの場合

nanacoモバイルアプリにはセンターお預かりがなく、クレジットチャージすると、すぐ残高に反映されます。『ケータイ版』と『スマートフォン版』があり、ケータイでは1回2万9000円、スマートフォン版では1回3万円までチャージ可能です。

チャージ限度額は5万円、チャージの回数はnanaco番号一つにつき1日3回、月15回で、nanacoカードと変わりありません。

なお、nanacoモバイルアプリにはセンターお預かりがありませんが、すでにセンターお預かりになっている分を、モバイルアプリにチャージすることは可能です。

あらかじめnanacoモバイルアプリに5万円チャージし、一旦5万円分納付してから残高確認で再チャージすれば、10万円分まで納付できます。

一部現金での支払いも可能

nanacoの残高が不足した場合は、残額を現金で支払うことも可能です。ただし、店舗によっては併用不可の場合もあるので、支払い前に確認しておきましょう。

まとめ

税金をコンビニで支払うときには、現金払いが基本です。しかし、nanacoだけは税金の納付にも使える上に、nanacoの残高をクレジットチャージすれば、付与されたポイント分税金がお得になります。

nanacoのクレジットチャージはnanaco発行から4~10日経たないと始められないので、税金の納付にnanacoを使いたい人は、早めに発行手続きを済ませましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

その他の人気記事

カテゴリ

その他