1. Fincyトップ
  2. その他
  3. NISA
  4. NISAで積立ってどういうこと?一般的なNISAとの違いは何?

NISAで積立ってどういうこと?一般的なNISAとの違いは何?

つみたてNISA(ニーサ)は一般NISAと何が違うのでしょうか。つみたてNISAの概要を知って、一般NISAとつみたてNISAのどちらが自分に合うのか考えてみましょう。また、つみたてNISAの始め方やおすすめの証券会社も紹介します。

この記事の目次

NISAの積立とは

つみたてNISAとは、どのような制度なのでしょうか。まずは制度の概要を把握しておきましょう。

つみたてNISAの概要 : 金融庁

2018年1月にスタート

つみたてNISAは2018年1月にスタートした、少額の長期・積立・分散投資を対象とした税制優遇制度です。投資で利益を得た場合、通常はその利益に対して所得税・復興特別所得税・住民税、合わせて20.315%の税金が課せられます。

仮に10万円の利益を得た場合、2万315円が税金として差し引かれるということです。それ以外に、運用会社に支払う手数料なども発生するので、実際に手元に残る利益は大きく目減りしてしまいます。

しかし、つみたてNISAには非課税投資枠が設けられており、非課税投資枠の範囲内で購入した投資商品から得た利益には税金がかかりません。そのため、より多くの利益を手元に残せます。

2037年までの制度

お得なつみたてNISAですが、投資可能期間が『18~37年まで』に制限されています。37年までは、毎年新たな非課税投資枠が追加されますが、37年以降は非課税投資枠が追加されなくなるので注意が必要です。

37年までつみたてNISA用の口座開設はできるものの、その年にしか非課税投資枠での投資商品の購入ができないので、積立ができません。より多くの資金を非課税で積立たいのであれば、できるだけ早く始めることが重要です。

一般的なNISAとの違いは?

つみたてNISAと一般NISAでは、非課税投資枠の金額や投資商品の種類など、さまざまな点で違いがあります。

NISAの概要 : 金融庁
つみたてNISAの概要 : 金融庁

投資可能額の違い

つみたてNISA、一般NISAともに非課税での投資可能額が設定されていますが、金額が大きく異なります。

  • つみたてNISA:年40万円まで
  • 一般NISA:年120万円まで

上記の金額が毎年追加されますが、その年の非課税投資枠を使い切れなくても、未使用分を翌年に繰り越すことはできません。

また、非課税投資枠で購入した投資商品を年内に売却しても、非課税投資枠は回復しません。仮に、10万円分の投資商品を購入し、すぐに売却したとしても、その年は残り30万円しか積立できないので注意しましょう。

投資商品の違い

つみたてNISAと一般NISAでは、購入できる投資商品も違います。一般NISAでは、以下のようなさまざまな投資商品を購入することが可能です。

  • 株式投資信託
  • 国内・海外上場株式
  • 国内・海外ETF、ETN(上場投資証券)
  • 国内・海外REIT(不動産投資信託)
  • 新株予約権付社債(ワラント債※)

(※ワラント債とは、企業の社債を購入する際に、その企業の株式をセットで購入できる権利付きの債権のことです)

NISAの基礎知識 : 金融庁

種類は限定的

一方、つみたてNISAで購入できる投資商品は限定されています。つみたてNISA販売できるのは、毎月分配型ではないこと、販売手数料無料(ノーロード)であることなど、さまざまな条件をクリアした投資信託のみと定められているためです。

金融庁のホームページで対象商品一覧が確認できるので、一度チェックしてみるとよいでしょう。

つみたてNISAの対象商品 : 金融庁

手数料が安い

投資商品を購入したり、運用したりするときには、さまざまな手数料が発生します。これらの手数料は、投資商品の販売会社や運用会社、商品の種類などで大きく金額が異なります。

一般NISAは取扱商品が幅広く、中には手数料が高い商品もあるため、利益を得ても手数料で大幅に目減りしたということも起こります。

しかし、つみたてNISAではノーロード、かつ信託報酬(※)が安い商品が選ばれていることから、手数料で利益が大きく目減りするようなことがありません。

(※信託報酬とは、投資信託の保有期間中にかかる、運用管理費用のことです。投資信託の純資産総額から差し引かれるもので、運用会社に振り込む必要はありません)

ロールオーバーできない

一般NISAではロールオーバーできますが、つみたてNISAはできないという違いもあります。ロールオーバーとは、非課税期間が終了した投資商品を翌年の非課税投資枠に移すことです。

非課税投資枠での運用は一般NISAで5年、つみたてNISAで20年と定められています。この期間が終了した投資商品は、一般口座に移すか売却しなくてはなりません。一般口座に移すと、利益に税金がかかるようになります。

しかし、一般NISAでは、非課税期間が終了した投資商品をロールオーバーすれば、再び5年間非課税で運用できるのです。

一方、つみたてNISAでは、非課税期間が終了した投資商品は、一般口座に移すか売却する選択肢しかありません。

つみたてNISAを金融庁が進める理由

つみたてNISAは、金融庁が普及を推進している制度です。金融庁は、18年ごろから国民の資産形成に注力すること、家計における長期・積立・分散投資を促進することを方針としています。

これを実現するための政策として、つみたてNISAを導入したのです。なぜ国民の資産形成を促すにあたって、『長期・積立・分散投資』を重視しているのか、その理由を見ていきましょう。

平成28事務年度 金融行政方針

長期投資の必要性

長期投資とは、投資商品を10年、20年など長期間保有し、運用し続けることをいいます。長期投資のメリットは、短期間の価格の上下に左右されにくく、安定したリターンを期待できることです。

また、長期投資は『複利効果』を得やすいというメリットもあります。複利効果とは、投資で得た利益でさらなる利益を得ることです。

例えば、100万円を年利2%で運用すると、1年後に2万円の利益を得られます。この2万円をそのまま再投資すれば、次は102万円に対して2%の利益が出るので、1年後に2万400円の利益が得られます。

このように、利益がさらに大きな利益を生む循環ができるのです。これを長期間続ければ、それだけ元本が増えるので、より多くの利益を得られるでしょう。

積立投資の必要性

積立投資とは、投資商品を毎月一定額のみ購入する投資方法です。投資商品の金額は、さまざまな要因によって日々変動します。

価格が安いときに大量購入し、高いときに売却すれば当然大きな利益を得られますが、次にどのように価格が変動するかを正確に予測するのは、投資のプロでもむずかしいといわれています。

そのため、自分なりに相場を予測して安値で購入したつもりでも、そこからさらに価格が下落し、大幅に損をするリスクもあるのです。

しかし、毎月一定額分だけ購入していれば、自然に高値のときは購入数が減り、安値のときに購入数が増えるので、大きく損をするリスクが抑えられます。

分散投資の必要性

分散投資とは、購入する投資商品の種類や購入のタイミングなどをずらし、リスクを分散させる投資法のことです。分散投資は大きく4種類に分かれます。

  • 商品分散:複数の投資商品に投資すること
  • 時間分散:投資商品の購入のタイミングをずらすこと。積立投資はこれに該当する
  • 地域分散:さまざまな国に投資すること
  • 通過分散:円、ドル、ユーロなど、さまざまな通貨で投資すること

一つの商品や地域などに資金を集中させると、その商品が大幅に下落したり、その地域の経済状態が悪化したりしたときに、大きく損をしてしまいます。

また、同じタイミングで購入すると、高値のときに大量購入していまい、コストが高くなることもあるでしょう。投資先や時間を分散することで、こういったリスクを避けられるのです。

つみたてNISAには注意も必要

投資初心者や低リスクの投資を希望する人にメリットの多いつみたてNISAですが、注意点もあります。

元本割れのリスク

つみたてNISAはリスクが低いといっても、預金などのように元本が保証されているわけではありません。保有している投資商品が値下がりすれば、元本割れを起こす可能性があります。

また、つみたてNISAはロールオーバー不可なので、20年経過した時点で投資商品の価格が上がっていても、下がっていても、一般の証券口座に移すか売却しなければなりません。

そのときに価格が上がっていればよいですが、購入時よりも価格が下がっていれば、その分損をします。価格が下がっているからと一般口座に移して運用を継続したとしても、利益に税金がかかるので、『購入時の価格+税金』以上の利益が出ないとマイナスになります。

損益通算不可

一般の証券口座を複数保有している場合、『損益通算』によって税金を軽減できる可能性があります。損益通算とは、1月1日~12月31日の間に得た利益と損失を合算することです。

仮に、1年間でA口座で100万円の利益を得た場合、その利益に対して20万3150円の税金がかかります。

しかし、B口座で50万円の損失が出ている場合は、A口座とB口座の利益と損失を合算し、利益が50万円だったとして税金が計算できるのです。この場合の税額は10万1575円と、もともとの税額の半額に軽減できます。

ところが、つみたてNISAは損益通算不可なので、つみたてNISAの口座で損失が出たとしても、A口座の利益と合算できず、100万円にそのまま税金が課せられます。

繰越控除不可

つみたてNISAは繰越控除もできません。繰越控除とは、その年の損失が利益よりも大きく、損益通算後も損失が残った場合に、翌年以降3年間の利益から、その損失を差し引けるというものです。

過去の損失を差し引くことで利益を少なく申告できるため、税金が軽減できます。しかし、つみたてNISAの損失は繰越控除もできないので、どれだけ損失が出ても節税には役立てられません。

つみたてNISAは他の投資と併用できるか

つみたてNISAは、通常の証券口座やFXなど、他の投資と併用可能です。また、『iDeCo(イデコ)』との併用も認められています。

(※iDeCoとは、老後の資金作りを目的とした私的年金制度のことです。掛金全額が所得から控除できるため、節税にも役立ちます)

一般NISAと併用できない

つみたてNISAと他の投資との併用は可能ですが、一般NISAとは併用できません。それぞれの特徴を理解して、どちらが自分に合っているのかを考えましょう。

また、つみたてNISAを始めるときには、金融機関につみたてNISA専用の口座を開設する必要があります。しかし、専用口座は1人1口座までに制限されているため、複数の金融機関でつみたてNISAの口座を開設することはできません。

金融機関によって手数料の金額や取扱商品、サービスが異なるので、事前にしっかり確認して金融機関を選びましょう。

投資初心者にはつみたてNISAがおすすめ

投資初心者には一般NISAよりも、つみたてNISAがおすすめです。長期・積立・分散投資でリスクをコントロールしやすく、手数料などのコストも安いため、投資の第一歩に向いています。

投資に慣れて、もっといろいろな商品を購入してみたくなった場合は、一般NISAへの変更も可能です。

リスク分散を検討しよう

投資で安定した資産形成を目指すのであれば、リスク分散が重要です。つみたてNISAには年40万円の非課税投資枠がありますが、同じ商品に40万円投資するよりも、複数の商品に投資した方が、よりリスクは抑えられます。

また、購入のタイミングをずらしたり、投資先の地域を分散したりすることも重要です。ただし、今安定して価格が上がっていっている商品の場合は、一括購入した方が多くの利益を得られる可能性があります。購入を希望している商品について、しっかり下調べしましょう。

つみたてNISAを始めるには

ここでは、つみたてNISAを始めるときの流れを解説します。

証券会社や銀行で口座を開く

つみたてNISAを始めるときには、まず証券会社や銀行につみたてNISA専用口座を開く必要があります。各金融機関のホームページにNISAの申し込みフォームがあるので、そこから申し込むとよいでしょう。

銀行の窓口で手続きを受け付けていることもあります。店舗に出向く手間はかかりますが、わからないことを質問しながら手続きを進められるので、不安がある人には窓口での申し込みがおすすめです。

銀行よりも証券会社がおすすめ

つみたてNISA専用口座を開設するのであれば、銀行よりも証券会社がおすすめです。証券会社の方が手数料は安く、取扱商品数も多い傾向にあるためです。

とくにネット証券は、手数料の安さや取扱商品数が段違いといえます。金融機関を決めるときには選択肢の一つに入れておきましょう。

口座開設済みの場合

金融機関でつみたてNISA専用口座を開設する場合には、通常口座も併せて開設しなければなりません。そのため、通常口座の開設手続きとつみたてNISA専用口座の開設手続きを同時に進める必要があります。

すでに通常口座を開設している場合は、つみたてNISA専用口座の手続きのみです。また、一般NISA口座を開設している場合は、つみたてNISA専用口座への切り替えを依頼しましょう。

好きな投資信託を選ぶ

つみたてNISA専用口座が開設できたら、好きな投資信託を選びましょう。しかし、つみたてNISAは商品数が限定されているとはいえ、それでも100を超える商品があります。(金融機関によって取扱い数は異なります)

自分の投資方針を考えて、それに合う商品を探しましょう。例えば、できる限りリスクを抑えたい人には、投資先を分散してリスクを抑えたバランス型商品がおすすめです。前もって各商品の特徴を調べ、スムーズに選べるようにしておきましょう。

自動積立を設定する

投資商品を決定したら、自動積立の設定をしておきましょう。自動積立とは、あらかじめ入金日と入金金額を設定することで、自動で通常口座から専用口座に入金が行われるサービスのことです。

自動積立を設定しておけば、毎月自分で入金する手間が省けます。金融機関のホームページから簡単に設定できるので、早めに済ませておきましょう。

つみたてNISAにおすすめの証券会社

最後に、つみたてNISAにおすすめの証券会社を紹介します。

ラインナップ豊富なSBI証券

SBI証券は、取扱商品数が100以上と非常に豊富で、自分に合う商品を見つけやすいのが特徴です。さらに、自動積立が『毎日』『毎週』『毎月』の3種類から選択可能で、投資方針に応じて投資方法を細かく管理できます。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA|SBI証券

無料ツールが便利な松井証券

松井証券は、株価の相場が確認できるツールや、投資信託の売買ができるアプリなど、無料ツールが豊富で便利です。サポート体制も整っており、電話で疑問点を相談できるので、投資初心者でも安心して利用できます。

つみたてNISA | NISA口座| 松井証券

まとめ

つみたてNISAとは、少額の長期・積立・分散投資を対象とした税制優遇制度です。一般NISAよりも非課税投資枠や商品数が少ないものの、手数料が安く、安定して利益を得やすい商品に厳選されており、初心者でも取り組みやすいように工夫されています。

37年まで期間限定の制度であるため、早く始めるほど非課税で運用できる金額が多くなります。現在検討中の人は、早めに決定した方がよいでしょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

NISAの人気記事

カテゴリ

その他