1. Fincyトップ
  2. その他
  3. NISA
  4. 特定口座とNISAを上手に併用しよう。節税できるのはどの組み合わせ?

特定口座とNISAを上手に併用しよう。節税できるのはどの組み合わせ?

非課税の資産運用方法にはNISAとiDeCoがあります。それぞれメリット・デメリットがあるので、投資する際は特徴をよく知る必要があります。この記事では、NISAを始めるために必要な課税口座の特徴、注意点と非課税の資産運用法を説明します。

この記事の目次

特定口座ってそもそも何?

特定口座とは、株の取引で利用される口座の一種です。まずは、特定口座について解説していきます。

一般口座との違い

株の取引をする口座は、一般口座と特定口座の2種類です。取引をする上で、2つの口座の違いの理解は欠かせません。なのでまずは両者の違いを解説します。

両者の違いは確定申告の際の難易度です。特定口座を利用すると、年間の損益をまとめた「年間取引報告書」を証券会社が作成してくれます。利用者は報告書の内容を申告書類に記入するだけです。そのため、申告の際の負担の軽減が可能です。

一方、一般口座を利用すると、年間の取引の損益をまとめた報告書の作成から納税まで自分でおこなう必要があります。

特定口座には二種類ある

特定口座には、源泉徴収ありと源泉徴収なしの口座があります。ここではそれぞれの口座について見ていきましょう。

源泉徴収ありの口座

源泉徴収ありの口座は、1人で申告の手続きをすることが不安な方におすすめです。ただし年間の収益が20万円以下の場合は注意しましょう。

年間の収益が20万円以下の場合、所得税を払う必要がありません。ところが源泉徴収ありの口座だと、20万円以下の場合でも所得税が徴収されます。そのため、余分な税金を払う可能性があります。

源泉徴収なしの口座

源泉徴収なしの口座を利用する場合は、利用者が年間取引報告書を元に確定申告する必要があります。また、利益の源泉徴収がないため、取引の利益が20万円以下の場合は所得税を払う必要がありません。

NISAって何?

NISAとは「少額投資非課税制度」のことです。NISAの種類とそれぞれの特徴を説明します。

NISAを利用した際に発生する利益は課税の対象になりません。また、NISA口座の開設は1人一口座までです。そのためよく検討してから口座開設するようにしましょう。

下記の3種類のNISAがあります。20歳以上の人が運用できるNISAは、つみたてNISAと通常のNISAの2種類です。それぞれ解説していきましょう。

  • NISA
  • つみたてNISA
  • ジュニアNISA

NISA

通常のNISAを利用すると、1年で120万円まで投資できます。また、非課税になる期間は5年間です。非課税の期間が短いので、頻繁に取引して短期間で利益を出したい人に向いています。

つみたてNISA

つみたてNISAの投資できる商品は、より安全な163本に限定されています。投資できる商品が限定さてれいるので、投資初心者でも比較的、簡単に商品を選択できます。

また、つみたてNISAを利用した際の1年間で投資できる金額の上限は40万円で、非課税期間は最大で20年です。非課税期間が長いので、長期的な投資を始めたい人にもおすすめします。

NISAと併用するとお得な口座は?

NISAを始めるには課税される口座を持っていなければいけません。そのため、一般口座か特定口座のどちらと併用する必要があります。

また、NISAの非課税期間が終わると、保有している株を課税口座に移さなければいけません。なので、長期的に考えて、併用する口座を選びましょう。

一般口座は自分で取引の記録をとり、損益計算しなければいけないため、投資初心者にはおすすめしません。そこで、NISAと特定口座と併用した場合について説明していきます。

源泉徴収あり特定口座と併用する場合

源泉徴収あり特定口座と併用した場合は、利用者の代わりに、証券会社が確定申告をしてくれます。そのため、利用者が確定申告をする必要がありません。

ただし、利益が20万円以下の場合、余分な所得税を払うことになります。そのため、年間で多くの投資をする予定がない人は注意しましょう。

源泉徴収なし特定口座と併用する場合

源泉徴収なし特定口座と併用する場合は、証券会社から年間取引報告書を受け取れます。その報告書を元に自分で確定申告しなければいけません。

NISAの注意点

NISAを活用すると、非課税になるので、魅力的です。一方で、NISAには注意点があります。NISAの注意点について見ていきましょう。

他口座と併用時に損益通算ができない

損益通算とは、損失と利益を計算して年間の最終的な損益を計算するものです。損失になった分は、税金を払わなくていいので、結果的に節税になります。そのため、複数の課税口座で取引した場合、損益通算して確定申告します。ところが、NISA口座は、他口座と損失通算できません。

なぜなら、NISAの取引はすべて非課税だからです。損失が発生しても、税制上、損失があったとみなされません。

出典:NISA口座(少額投資非課税口座)での損失を、一般口座や特定口座と損益通算することはできますか?

節税目的ならiDeCoの方がお得

iDeCoは、簡単にいうと私的年金のことです。iDeCoは、自分で申し込み、掛金を拠出し、運用方法を選べます。また、年間の投資額は職業や加盟している年金の制度により異なります。iDeCoの特徴は、NISAと比較しても節税率が高いことです。iDeCoには以下の3つのメリットがあります。

  • 運用時に出た利益に税金がかからない
  • 掛金が所得控除になる
  • iDeCoの運用資産を受け取る時に、所得税が安くなる

一方で、iDeCoにはデメリットがあります。それは、原則60歳までお金を引き出すことができないことです。そのため、老後の資金を用意したい人におすすめします。

まとめ

NISAを始めるには、課税口座も開設する必要があります。それぞれの口座の特徴を理解して、自分にあった口座を選びましょう。また、NISA口座は1人1口座しか開設できません。そのため、NISA口座の特徴をよく理解する必要があります。

NISA つみたてNSIA
投資上限額 120万円 40万円
非課税投資期間 5年 20年

つみたてNISAは投資できる商品が163本に限られています。そのため、投資初心者におすすめです。また、非課税投資期間が20年と長いので、長期的な投資をしたい人はつみたてNISAを選びましょう。

また、老後の資金の用意を目的としているなら、iDeCoをおすすめします。節税率が高く、60歳までお金を引き出せないので、長期的な資産運用ができます。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

NISAの人気記事

カテゴリ

その他