1. Fincyトップ
  2. その他
  3. iDeCo
  4. iDeCoは公務員でも得?制度概要や選び方のポイントを理解しよう

iDeCoは公務員でも得?制度概要や選び方のポイントを理解しよう

公務員でもiDeCo(イデコ)に加入するとお得なのでしょうか。本記事では、公務員がiDeCoに加入する方法やメリット、控除を受けるための手続き方法などを解説します。また、iDeCoの概要も理解しておきましょう。

この記事の目次

iDeCo加入のメリット

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、任意で加入する私的年金制度のことです。自分で金融機関を選んで掛金を拠出(きょしゅつ※)し、その掛金で運用商品を購入して資産運用を行います。

そして、60歳以降に、積み立てた掛金と運用益に応じた金額を、年金または一時金として受け取る仕組みです。また、iDeCoに加入すると、さまざまな税制優遇が受けられます。

(※拠出とは、相互扶助を目的として、金銭などを持ち寄ることを指します)

イデコってなに|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

所得控除

iDeCoに拠出した掛金は、『小規模企業共済等掛金控除』という所得控除(※1)の対象となっており、1年間の掛金全額を所得額から控除できます。

所得税や住民税は、給与所得額(※2)から所得控除額を差し引いた後の『課税所得額(課税対象となる金額)』によって税額が決まります。

1年間の掛金額を控除すると、その分課税所得額が下がるため、所得税や住民税の税額が下がり節税になるということです。

(※1.所得控除とは、給与所得額から所定の金額を控除して、税金の負担を軽減する制度のことです)

(※2.給与所得額とは、収入額から給与所得控除額(給与所得者が受けられる控除。収入額に応じて控除額が設定されている)を差し引いた金額のことです)

所得控除のあらまし|国税庁
小規模企業共済等掛金控除|国税庁

運用益は非課税

iDeCoにおける資産運用で得た利益は、非課税です。通常は、資産運用で利益を得ると、20.315%の税金が課せられます。

例えば、資産運用で50万円の利益を得た場合、10万1575円が税金として差し引かれるということです。

iDeCoであれば、その分も利益として残しておけるため、効率のよい資産運用ができます。

iDeCoのメリット | モーニングスター iDeCo(個人型確定拠出年金)情報

受取時の税制優遇

iDeCoでは、給付金の受給時にも税制優遇があります。

給付金の種類 受取方法 税制優遇
老齢給付金 年金 公的年金等控除(※1)
一時金 退職所得控除(※2)
障害給付金 年金 非課税
一時金
死亡一時金 一時金 法定相続人1人あたり500万円まで非課税

(※1.公的年金等控除とは、年金額から年齢と年金額に応じた控除額を差し引き、税金の負担を軽くする制度のことです)

(※2.退職所得控除とは、勤続年数に応じた控除額を退職所得から控除し、税金の負担を軽くする制度のことです)

掛金の上限や控除例

ここでは、掛金の上限や控除例について解説します。まず、掛金の控除による節税額を計算する方法を知っておきましょう。

最初に給与所得額を計算します。

  • 給与所得額=収入額−給与所得控除額

次に課税所得額を算出します。このとき、掛金額の控除前と控除後の2パターンで課税所得額を計算しておきましょう。

  • 課税所得額=所得額−各種所得控除額
  • 課税所得額=所得額−各種所得控除額−1年間の掛金拠出額

そして、課税所得額に応じた所得税率を掛けて控除額を差し引き、所得税額と復興特別所得税額を計算し、その差額(節税額)を確認します。

  • 所得税額=課税所得額×課税所得額に応じた所得税率−控除額
  • 復興特別所得税額=所得税額×2.1%

所得税のしくみ|国税庁
市県民税(個人住民税)について/小松市

掛金の上限

掛金の上限は、国民年金の被保険者の種別によって、以下のように設定されています。なお、掛金の下限は、被保険者の種別にかかわらず5000円です。

被保険者の種別 対象者 掛金上限額(月額)
第1号被保険者 ・自営業者
・農業従事者
・フリーター
・無職
・学生
・6万8000円
第2号被保険者 ・公務員
・会社員
・企業型年金未加入者:2万3000円
・企業型確定拠出年金加入者:2万円
・確定給付企業年金加入者:1万2000円
第3号被保険者 ・第2号被保険者に扶養されている配偶者 ・2万3000円

公務員は、第2号被保険者の『確定給付企業年金加入者』なので、掛金上限額は、月額1万2000円(年額14万4000円)です。

確定拠出年金の対象者・拠出限度額と他の年金制度への加入の関係

公務員の例

以下の条件で、『所得税+復興所得税額』の具体的な節税額を見てみましょう。

  • 収入500万円
  • 給与所得控除154万円(500万円×20%+54万円)
  • 月額掛金1万2000円
  • 所得控除は基礎控除(38万円)のみ

500万円−154万円=346万円(給与所得額)

掛金控除なしの場合

  • 課税所得額:346万円−38万円=308万円
  • 所得税額:308万円×10%−9万7500円=21万500円
  • 復興所得税額:21万500円×2.1%=4420円(1円未満切り捨て)
  • 納付する所得税額:21万500円+4420円=21万4920円

掛金を控除した場合

  • 課税所得額:346万円−38万円−14万4000円=293万6000円
  • 所得税額:293万6000円×10%−9万7500円=19万6100円
  • 復興所得税額:19万6100円×2.1%=4110円(1円未満切り捨て)
  • 納付する所得税額:19万6100円+4110円=20万210円

よって、『1万4710円』の節税になります。

(※基礎控除とは、誰でも無条件で適用される所得控除のことで、控除額は38万円です)

ろうきんサイトなどで計算してみよう

手軽に節税額を確認したい人は、ろうきんのサイトなどで公開されている、節税額シミュレーターを利用するとよいでしょう。必要事項を入力すると、具体的な節税額が計算できます。

50代でもお得?

50代でも、iDeCoに加入するとお得なのでしょうか。

支払いは60歳まで

iDeCoに掛金を拠出できるのは『60歳まで』です。そして、60歳から給付金を受給するには、60歳になったときに、通算加入者等期間(※)が10年以上になっていなければなりません。

通算加入者等期間が10年に満たない場合は、給付金の受給開始年齢が以下のように繰り下げられます。

通算加入者等期間 受給開始年齢(歳)
10年以上 60
8年以上 61
6年以上 62
4年以上 63
2年以上 64
1カ月以上 65

なお、繰り下げ期間中は、新たな掛金の拠出はできず、運用のみを行うことになります。

(※通算加入者等期間とは、iDeCoの加入期間と、掛金の拠出を停止し運用のみ行う『運用指図者』であった期間の合計のことを指します)

給付金をお受け取りになる方 | 日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社

期間の短さをどう考えるか

50代でiDeCoに加入すると運用期間が短くなるため、長期運用が基本であるiDeCoでは、資産形成がしづらくなります。

そのため、投資の知識がある人は、多少リスクがあっても投資信託を購入し、できるだけ利益を出すことを目指すとよいでしょう。

投資初心者の場合は、上限額まで掛金を拠出して元本確保型(※)の運用商品を購入すれば、節税に役立てられます。

(※元本確保型とは、元本の全額、または一部が保証される運用商品のことです)

つみたてNISAも考えよう

50代の人は、『つみたてNISA(ニーサ)』も検討してみましょう。つみたてNISAとは、2018年から開始した少額投資非課税制度のことです。

対象商品が長期の積立投資信託のみに限定されており、資産運用で得た利益は非課税となります。

iDeCoとは異なり、口座の開設や管理に手数料がかからないため、コストを抑えた資産運用が可能です。

また、掛金の拠出に年齢制限がなく、最長20年間資産運用が続けられるため、50代からでも資産形成がしやすいといえるでしょう。

つみたてNISAの概要 : 金融庁

選び方のポイントや運用

iDeCoで利用する金融機関を選ぶ際のポイントや、資産運用について解説します。

手数料

iDeCoでは、以下の手数料がかかります。

 手数料の種類 詳細
加入時・移換時手数料 iDeCoに加入するときや、企業型年金の資産を移換する際に発生する手数料
口座管理手数料 口座の管理にかかる手数料。国民年金基金連合会・金融機関・信託銀行の3カ所に支払う
運営管理機関変更手数料 金融機関の変更時に発生する手数料
給付時の事務手数料 給付金の受給時に、1回の給付ごとに発生する手数料
還付時の事務手数料 還付金の支払い時に発生する手数料

金融機関に支払う口座管理手数料は、金融機関によって0~450円と金額が大きく異なります。毎月発生する費用なため、コストを抑えるためには、口座管理手数料が安い金融機関を選ぶことが肝心です。

いくらかかる? なぜかかる? 確定拠出年金の手数料 | りそな銀行 確定拠出年金
個人型確定拠出年金取扱機関 かんたん比較&検索! | モーニングスター iDeCo(個人型確定拠出年金)情報

ポートフォリオをどうするか

iDeCoは、資産運用によって得た利益額によって年金の受給額が変わるため、ポートフォリオ(資産配分)をどうするかも重要なポイントになります。

なるべくリスクを取らないよう、掛金全額を元本確保型商品に配分するなど、自分の投資スタンスに合った運用商品や配分を決めなくてはなりません。

投資初心者で、ポートフォリオを決めるのが難しい人は、ポートフォリオ診断などのシミュレーションツールを利用するとよいでしょう。

手数料でのおすすめは?

ここでは、手数料が安く抑えられる、おすすめの金融機関を紹介します。

SBI証券

SBI証券は、口座管理手数料が0円なため、コストを抑えた資産運用ができます。

運用商品数が多く、リスクを抑えた運用をしたい人と、多少リスクをとっても利益を上げたい人の、どちらでも利用しやすい金融機関です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)|SBI証券

イオン銀行

イオン銀行も、口座管理手数料が0円です。ポートフォリオの調整などを自動で行う、ロボアドバイザーが利用できるため、投資初心者の人でも安心して利用できるでしょう。

iDeCo(イデコ)手数料一覧 |iDeCo(個人型確定拠出年金)|イオン銀行

楽天証券

楽天証券でも、口座管理手数料が0円です。iDeCoの資産と通常の証券資産が同じIDで管理できます。

手数料 | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

iDeCoの始め方

公務員がiDeCoを始めるときの手続きの流れや、必要書類を見ていきましょう。加入手続きには、以下の書類が必要です。

  • 本人確認書類
  • 個人情報の同意書
  • 事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書

事業主証明書とは

『事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書』とは、iDeCoの加入資格があることを、事業主に証明してもらうための書類です。

出典:iDeCoとは | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

事業主が記入する欄があるので、氏名や基礎年金番号などの本人記入欄を記入したら勤務先に持参し、必要事項を記入してもらいましょう。

公務員の場合

公務員の場合は、以下の流れで手続きを進めます。

  1. 希望の金融機関に申込書類を請求する
  2. 申込書類に必要事項を記入する
  3. 事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書を勤務先に持参し、必要事項を記入してもらう
  4. 金融機関に申込書類を送付する

給料天引きかどうかを決める

iDeCoには、掛金の納付方法が2種類あります。

  • 事業主払込:事業者が掛金を給与から天引きし、加入者の代わりに納付する
  • 個人払込:個人口座からの引き落としにより掛金を納付する

事業主払込を希望する場合は、事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書の『希望する掛金納付方法』欄の、事業主払込にチェックを付けておきましょう。

ただし、事業主払込に対応しているは、勤務先によって異なります。勤務先の担当者に確認しましょう。

イデコライブラリ|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

控除の手続きの仕方

公務員が掛金の控除を受けるには、年末調整で掛金額を申告しなければなりません。ここでは、年末調整での掛金額の申告方法を解説します。

年末調整の手続き

まずは、勤務先で『給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書』を受け取ります。

出典:税理士がやさしく解説 平成29年分保険料控除申告書の書き方

そして、申告書右下にある『小規模企業共済等掛金控除』の項目内の、『個人型及び企業型年金加入者掛金』欄に、1年間の掛金拠出額を記入しましょう。

出典:年末調整のときに渡される保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書の書き方講座(平成29年版) – やまばた税理士事務所

『小規模企業共済等掛金払込証明書(※)』を添えてに勤務先に提出れば、手続きは完了です。

なお、事業主払込を選択している場合は、毎月給与から掛金額を控除して、所得税額が計算されているため、年末調整で手続きをする必要はありません。

(※小規模企業共済等掛金払込証明書とは、1年間の掛金拠出額を証明するための書類です。国民年金基金連合会から、毎年10~11月ごろに送られてきます)

年末調整に間に合わない場合は確定申告で

掛金の初回引き落としが10~12月に行われた場合は、小規模企業共済等掛金払込証明書の発送が翌年1月ごろになります。

この場合、12月に行われる年末調整に間に合わないため、確定申告で掛金額を申告しましょう。

確定申告書にはAとBがありますが、公務員が確定申告を行う場合は、『確定申告書A』を使用します。

確定申告の手続き

確定申告書の記入の仕方は、まず確定申告書A第一表の『所得から差し引かれる金額』の項目にある、『小規模企業共済等掛金控除』欄に、1年間の掛金拠出額を記入しましょう。

出典:申告書の記載例(1)(収入が公的年金のみの場合)|国税庁

次に、確定申告書A第二表『小規模企業共済等掛金控除』の項目にある以下の欄に記入します。

  • 掛金の種類:『個人型確定拠出年金』と記入
  • 支払掛金:1年間の掛金拠出額を記入

出典:申告書の記載例(1)(収入が公的年金のみの場合)|国税庁

2月16日~3月15日の確定申告期間中に、小規模企業共済等掛金払込証明書を添えて税務署に提出れば手続きは完了です。

平成29年分の確定申告~申告・納税は期限内に~ | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

まとめ

公務員がiDeCoに加入することには、年金受給額の増額や税負担の軽減といったメリットがあります。

加入の際には、事業主からの証明を受けなければならないため、事前に勤務先に相談しておきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

iDeCoの人気記事

カテゴリ

その他