1. Fincyトップ
  2. その他
  3. iDeCo
  4. iDeCoは主婦にもおすすめ?加入のメリットや注意点を解説

iDeCoは主婦にもおすすめ?加入のメリットや注意点を解説

主婦でもiDeCo(イデコ)に加入するメリットはあるのでしょうか。iDeCoの特徴や掛金額、節税効果などの基礎知識をはじめ、主婦が加入するメリットについて解説します。また、iDeCoの注意点やデメリットについても知っておきましょう。

この記事の目次

iDeCoのおすすめポイント

iDeCoとは、将来受け取る年金受給額を増やすために、任意で加入する個人年金制度のことです。

専用口座に拠出(きょしゅつ※)した掛金を利用して、金融商品を購入・運用し、積立金と運用益から計算した金額を年金として受け取ります。

iDeCoのおすすめポイントは、長期的な資産形成ができることや、税制面で優遇を受けられることです。

(※拠出とは、相互扶助を目的として、お互いに金銭などを出し合うことをいいます)

イデコってなに|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

長期で老後の資産を育てられる

iDeCoには、長期で老後の資産を育てられるという特徴があります。iDeCoは、いったん加入すると、60歳以降の年金受給開始まで、原則途中解約や資産の引き出しができません。

また、iDeCoの金融商品は、投資信託(※)になるのが基本です。投資信託は、比較的少ないリスクで長期運用し利益を出すタイプの金融商品であるため、老後の資金作りに向いています。

(※投資信託とは、投資家から集めた資金を、運用の専門家が投資・運用する金融商品のことです。利益が出た場合はそれぞれの投資家に、資金額に応じた金額が分配されます)

専業主婦なら年間27万6000円まで拠出可能

iDeCoの掛金上限額は、国民年金の種別によって決まっています。(下限額は一律5000円)

国民年金の種別 対象者 掛金上限額(月額)
第1号被保険者 ・自営業者
・農業従事者
・フリーター
・無職
・学生
6万8000円
第2号被保険者 ・会社員
・公務員
・企業型年金未加入者:2万3000円
・企業型確定拠出年金加入者:2万円
・確定給付型企業年金加入者:1万2000円
第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者 2万3000円

夫の扶養に入っている専業主婦の場合は、第3号被保険者に該当するので、掛金上限額は、『月額2万3000円・年額27万6000円』となります。

パートやアルバイトをしている場合でも、夫の扶養に入っているのであれば、掛金上限額は変わりません。

確定拠出年金の対象者・拠出限度額と他の年金制度への加入の関係 |厚生労働省

パート主婦がiDeCoに加入するメリット

パートをしている主婦が、iDeCoに加入するメリットはあるのでしょうか。

会社員などと同様に税制優遇措置がある

iDeCoには、さまざまな税制優遇措置が設けられています。

  • 拠出した掛金は全額所得控除の対象となる
  • 運用益が非課税になる
  • 年金受取時に所得控除が受けられる

iDeCoに加入すれば誰にでも適用されるので、パートの主婦でも会社員などと同様、税制優遇が受けられます。

iDeCoのメリット | モーニングスター iDeCo(個人型確定拠出年金)情報

所得控除があるかは年収による

iDeCoに拠出した掛金は、全額所得から控除できるため、所得税などの節税に役立ちます。

ただし、この所得控除を活用できるかどうかは年収額によります。収入額が103万円以下の場合は、所得税がかかりません。よって、扶養内で働いている場合は、所得控除のメリットがありません。

ただし、収入が103万円を超えた場合は、掛金額を所得額(※)から差し引いて、103万円以下に収まれば所得税が課税されないため、所得控除のメリットを得られます。

(※所得額とは、収入額から給与所得控除や必要経費を差し引いた金額のことです)

パート収入はいくらまで税金がかからないか|国税庁

専業主婦でも加入したほうがよいの?

収入がない専業主婦でも、iDeCoに加入したほうがよいのでしょうか。

所得控除以外の税制メリットは受けられる

専業主婦はそもそも収入がないため、所得控除によるメリットは得られません。しかし、そのほかの税制優遇措置に関しては、専業主婦にもメリットがあります。

例えば、通常は金融商品の運用で得た利益には税金がかかりますが、iDeCo内での運用で得た利益には税金がかかりません。よって、通常の投資よりも効率よく資産を増やせます。

iDeCoのメリット | モーニングスター iDeCo(個人型確定拠出年金)情報

注意点やデメリットも知っておこう

iDeCoへ加入する前に、注意点やデメリットも知っておきましょう。

支払いは夫でも妻分の所得控除はなし

iDeCo掛金は、妻の掛金を夫が支払っていたとしても、その分は夫の所得から控除されません。

例えば、夫の掛金を毎月1万円、妻の掛金を毎月5000円拠出していたとします。この場合、所得から控除できるのは、夫の掛金分である『1万円×12カ月=12万円』のみです。

夫の12万円と、妻の6万円を合計して18万円控除できるわけではないので、間違えないようにしましょう。

元本確保型は手数料分を損することも

iDeCoの金融商品には、『元本確保型』があります。元本保証型は元本の一部、または全部が保障されている金融商品のことです。

金融商品の中でも比較的リスクが少なく、安心して運用できる代わりに、利益が少ないという特徴があります。

iDeCoに加入すると、事務手数料や口座管理手数料として、年間2000円程度の手数料が発生します。利益が少ないと手数料を差し引いた結果、利益がマイナスになる可能性も考えられるので、事前にしっかりと確認してから決めましょう。

シミュレーションから始めよう

iDeCoに加入する場合は、シミュレーションツールでどれぐらい節税優遇メリットを得られるのか、確認することから始めるとよいでしょう。

シミュレーションツールは、金融機関のホームページなどで利用できます。

iDeCo加入者診断&節税シミュレーション | モーニングスター

まとめ

主婦でもiDeCoに加入すると、老後のための資産形成ができるほか、さまざまな税制優遇も受けられます。

ただし、元本確保型などの利益が少ない金融商品を選ぶと、手数料により利益がマイナスになる可能性があるので注意が必要です。

iDeCoは主婦もお得?メリットやNISAとの使い分けのまとめ

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

iDeCoの人気記事

カテゴリ

その他