1. Fincyトップ
  2. その他
  3. iDeCo
  4. iDeCo加入で確定申告が必要な公務員とは?該当するか要チェック

iDeCo加入で確定申告が必要な公務員とは?該当するか要チェック

iDeCo(イデコ)に加入している場合は、公務員でも確定申告が必要になることがあります。どのようなケースで確定申告が必要になるのかを知り、自分が該当しているかをチェックしてみましょう。また、年末調整での申告についても解説します。

この記事の目次

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 25日 です。

【2019年最新】 ▼当サイトで利用者の多い、確定申告時におすすめのサービス!

公務員がiDeCoに加入すると

iDeCoとは、将来受け取る年金額を増額するために、任意で加入する個人年金制度のことです。

専用口座に拠出(※)した掛金を利用して金融商品を購入・運用し、掛金と運用益から算出した金額を年金として受け取ります。

また、iDeCoは税制面での優遇措置があります。公務員がiDeCoに加入した場合は、どのぐらいの節税効果があるのか見ていきましょう。

(※拠出とは、相互扶助を目的とし、互いに金銭を出し合うことをいいます)

イデコってなに|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

掛金の節税効果はどのくらい?

iDeCoに拠出した掛金は、全額所得控除(※)の対象になっているため、iDeCoに加入すると所得税や住民税が節税できます。

公務員の場合は、掛金下限額が月額5000円、上限額が月額1万2000円なので、1年間掛金を拠出した場合は、6~14万4000円を所得額から差し引けることになります。

具体的な節税額を算出するには複雑な計算が必要となるため、iDeCoの公式サイトにあるシミュレーションツールを活用するとよいでしょう。

(※所得控除とは、所得税額を算出するときに、所得額から所定の金額を差し引き、所得税の負担を軽くするための制度のことです)

確定拠出年金の対象者・拠出限度額と他の年金制度への加入の関係
かんたん税制優遇シミュレーション|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

年末調整の申請が必要

iDeCoの掛金額を所得から差し引くには、年末調整時に掛金額を申請する必要があります。申請は以下の手順で行いましょう。

  1. 勤務先で『給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書』をもらう
  2. 『個人型及び企業型年金加入者掛金』の欄に、1年間で拠出した掛金総額を記入する
  3. 申告書に『小規模企業共済等掛金払込証明書』を添付して、勤務先に提出する

出典:年末調整のときに渡される保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書の書き方講座(平成29年版) - やまばた税理士事務所

掛金の拠出方法による違い

iDeCoの掛金の拠出方法には、『事業主払込』と『個人払込』の2種類があります。

  • 事業主払込:事業主が掛金を従業員の給与から天引きし、従業員の代わりに払い込む方法
  • 個人払込:個人の銀行口座から掛金を払い込む方法

どちらの拠出方法なのかによって、年末調整が必要かどうかが決まります。

個人型確定拠出年金なのに事業主払込ができるのですか?|よくあるご質問...
イデコライブラリ|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

事業主払込の場合は手続き不要

事業主払込を選択している場合は、毎月給与計算の際に、給与額からiDeCoの掛金額を控除した上で所得税額が算出されているため、年末調整で掛金額を申告する必要はありません。

個人払込の場合は年末調整が必要

個人払込を選択している場合は、毎月の給与からiDeCoの掛金額が控除されることはありません。そのため、年末調整で掛金額を申告する必要があります。

小規模企業共済等掛金控除証明書

iDeCoの掛金額を申告する際には、小規模企業共済等掛金控除証明書が必要になります。小規模企業共済等掛金払込証明書とは、iDeCoの掛金額を証明する書類のことです。

掛金払込証明書のイメージ

出典:平成29年「小規模企業共済掛金払込証明書」のご案内|小規模企業共済(中小機構)

年末調整で掛金額を申告する際には、給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書に、小規模企業共済掛金払込証明書を添付して提出しなければなりません。

小規模企業共済等掛金払込証明書は、毎年10~11月ぐらいに送られてくるので、失くさないように注意しましょう。

公務員で確定申告が必要となるケース

基本的に公務員は、年末調整で掛金額を申告しますが、以下のようなケースでは確定申告が必要になります。

10〜12月に始めた場合

iDeCoを10~12月に始めた場合は、小規模企業共済掛金払込証明書が翌年の1月ごろに到着します。

その結果、12月末ごろに行なわれる年末調整に間に合わなくなるため、確定申告で掛金額を申告することになります。

年末調整をしなかった場合

年末調整のときに申告するのを忘れていた、iDeCoの掛金が所得控除の対象に入っていることを知らなかったなどの理由で、年末調整の際に掛金額を申告しなかった場合も確定申告が必要です。

まとめ

公務員は、基本的に年末調整でiDeCoの掛金額を申告します。しかし、年末調整までに必要書類が到着しなかったり、年末調整での申告を忘れていたりした場合などは、確定申告が必要です。

年末調整か確定申告のどちらかで掛金額を申告しないと所得控除が受けられず、節税効果を得られないので必ず申告しましょう。

iDeCoには確定申告が必要?必要書類や方法を徹底解説

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

iDeCoの人気記事

カテゴリ

その他