1. Fincyトップ
  2. その他
  3. iDeCo
  4. iDeCo確定申告の必要書類とは?申告すべき人や申告方法を解説

iDeCo確定申告の必要書類とは?申告すべき人や申告方法を解説

iDeCo(イデコ)による節税メリットを受けるには、掛金額を申告しなければなりません。本記事では、確定申告で掛金額を申告するときの流れや必要書類などについて解説します。また、確定申告が必要なのは、どのような人なのかも知っておきましょう。

【2018年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

この記事の目次

iDeCoの節税メリットを受けよう

iDeCoとは、任意加入の私的年金制度のことです。金融機関に申し込んで専用口座を開設し、掛金を拠出(※)します。

そして、その掛金を使って運用商品を購入・運用し、60歳以降に年金として受け取る仕組みになっています。

このようにiDeCoは、将来受け取る年金額を増やすために加入するものですが、iDeCoは節税効果が高いことから、加入する人も少なくありません。

(※拠出とは、相互扶助のために互いに金銭などを出し合うことです)

イデコってなに|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

所得税や住民税が減る

iDeCoに拠出した掛金は、全額所得控除(※)の対象になっています。そのため、納付する所得税や住民税が軽減されます。

(※所得控除とは、所定の金額を所得額から差し引くことで、税負担を軽減する制度のことです)

年末調整か確定申告が必要

iDeCoの節税メリットを受けるには、年末調整か確定申告により掛金額を申告する必要があります。会社員や公務員の場合は、年末調整時に申告しましょう。

年末調整で掛金額を申告する際には、『給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書』が必要です。

そして、申告書の『個人型及び企業型年金加入者掛金』の欄に、1年間で拠出した掛金額を記入して、『小規模企業共済等掛金払込証明書(※)』と共に勤務先に提出しましょう。

出典:年末調整のときに渡される保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書の書き方講座(平成29年版) - やまばた税理士事務所

(※小規模企業共済等掛金払込証明書とは、10~11月ごろに届く、iDeCoの掛金額の証明書のことです)

確定申告が必要な人とは?

掛金額を確定申告する必要があるのは、どのような人でしょうか。

年末調整しそびれた会社員・公務員

会社員や公務員で、年末調整のときに掛金額を申告しそびれた場合は、控除されません。このような場合は確定申告をすることで、余分に納めた税金が還付されます。

iDeCoの初引落しが10〜12月の人

iDeCoの掛金の初引落しが10~12月になる人も、確定申告が必要になります。初引落しが10~12月になった場合は、小規模企業共済等掛金払込証明書が1~2月ごろに届くためです。

一般的に年末調整は12月に行われるため、証明書の到着が年末調整に間に合わない場合は、確定申告をすることになります。

平成29年「小規模企業共済掛金払込証明書」のご案内|小規模企業共済(中小機構)

自営業者は全員必要

自営業者は、確定申告が必要(※)です。確定申告書を作成する際に、iDeCoの掛金額も記入しておきましょう。

(※所得額が基礎控除額38万円以下の場合、確定申告は不要です)

確定申告が必要な方|国税庁

確定申告の流れ

ここでは、確定申告時の必要書類や申告書の記入の仕方を説明します。

確定申告時の必要書類とは?

確定申告で掛金額を申告する際には、以下の書類が必要です。

種別 必要書類
会社員・公務員 ・確定申告書A
・小規模企業共済等掛金払込証明書
・源泉徴収票
自営業者 ・確定申告書B
・小規模企業共済等掛金払込証明書

確定申告書Aは、所得が給与所得・公的年金・雑所得・一時所得・配当所得によるもののみで、予定納税(※)がない人が使用します。

会社員でも、上記以外から収入を得ている人は、確定申告書Bを使いましょう。

(※予定納税とは、前年の所得税が15万円以上であった場合、本年に納める所得税の一部をあらかじめ納税する制度のことです)

確定申告書の記入の仕方

確定申告書は第一表と第二表があるので、記入漏れに注意しましょう。

平成29年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書B 第1表

出典:所得税及び復興特別所得税の申告に使用する申告書第一表様式の解説 平成29年分 松本寿一税理士事務所

まず確定申告書第一表の、『所得から差引かれる金額』という項目の『小規模企業共済等掛金控除』欄に、1年間で拠出した掛金合計額を記入します。

平成29年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書B 第2表出典:平成29年分 所得税の申告書B第二表(所得税の申告書様式) 大阪府高槻市の松本寿一税理士事務所

次に、確定申告書第二表を記入します。『所得から差し引かれる金額に関する事項』の中の『小規模企業共済等掛金控除』欄に、『掛金の種類』『支払掛金』という項目があるので、以下の内容を記入しましょう。

  • 掛金の種類:『個人型確定拠出年金』と記入
  • 支払掛金:1年間で拠出した掛金合計額を記入

確定申告書と必要書類を添付して税務署に提出すれば、掛金の控除を受けられます。

まとめ

iDeCoの節税メリットを受けるには、年末調整や確定申告で掛金額を申告しなければなりません。

年末調整と確定申告のどちらで申告するべきなのかを確認し、忘れずに申告しましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

iDeCoの人気記事

カテゴリ

その他