1. Fincyトップ
  2. その他
  3. iDeCo
  4. iDeCoの確定申告で還付金を受け取る。還付時期や方法を解説

iDeCoの確定申告で還付金を受け取る。還付時期や方法を解説

iDeCo(イデコ)加入者は、確定申告や年末調整を行うことで、還付金が受け取れます。本記事では、iDeCo加入者の還付金の受取方法や、還付時期について分かりやすく解説します。また、還付金額をシミュレーションする方法も紹介します。

この記事の目次

iDeCoで還付金を受け取る方法がある?

『iDeCo』は、公的年金とは別に任意で加入する個人型年金制度です。自分で掛金を拠出(※1)し、その掛金を使って投資商品を購入し運用していきます。

そして、投資で得た運用益と積み立てた掛金から計算した金額を、60歳以降に年金として受け取ります。

iDeCoに拠出した掛金は、全額所得控除(※2)の対象となっており、申告をすれば還付金が受け取れます。

(※1.拠出とは、相互扶助を目的に、それぞれが金銭などを出し合うことです)

(※2.所得控除とは、合計所得額(収入から経費を差し引いた金額)から所定の金額を差し引くことで、所得税の負担を軽くするための制度のことです)

年末調整か確定申告が必要

iDeCo加入者が還付金を受け取るには、年末調整か確定申告をする必要があります。どちらの場合も、10~11月ごろに届く『小規模企業共済等掛金払込証明書(※)』を添付する必要があるため、大切に保管しておきましょう。

年末調整で申告する場合は、『給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書』の、『個人型及び企業型年金加入者掛金』の欄に掛金額を記入して、勤務先に提出しましょう。

出典:年末調整のときに渡される保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書の書き方講座(平成29年版) - やまばた税理士事務所

確定申告をする場合は、確定申告書第一表の『13.小規模企業共済等掛金控除』の欄に、拠出した掛金額を記入します。

平成29年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書B 第1表

出典:所得税及び復興特別所得税の申告に使用する申告書第一表様式の解説 平成29年分 松本寿一税理士事務所

そして、確定申告書第二表の『掛金の種類』の欄に個人型確定拠出年金と記入、『支払掛金』の欄に拠出した掛金額を記入して税務署に提出します。

平成29年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書B 第2表出典:所得税及び復興特別所得税の申告に使用する申告書第二表様式の解説 平成29年分 松本寿一税理士事務所

(※小規模企業共済等掛金払込証明書は、1年間でいくらiDeCoに拠出したのかを証明するための書類のことです)

還付金はいつ受け取れる?

還付金の受取には、申告書や添付書類の審査があるため、申告してから1~1カ月半程度かかります。

特に、確定申告期間中(2月16日~3月15日)は、税務署に大量の書類が提出されるため、還付までに時間がかかります。

【税金の還付】|国税庁

早く受け取りたい場合

少しでも早く還付金を受け取りたい場合は、e-Tax(電子申告)を利用して確定申告をしましょう。

e-Taxで申告をすると、約3週間で申告書の処理が完了するため、書面で申告するよりも還付金が早く受け取れます。

また、e-Taxで1~2月中に申告を済ませてしまえば、2~3週間程度で処理が完了するため、より早く還付金を受け取れます。

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)

還付金の受取方法

還付金の受取方法は2種類あります。

【税金の還付】|国税庁

振込で受け取る

還付金は、振込で受け取ることが可能です。申告の際に振込用銀行口座の情報を記入しておけば、その口座に還付金が振り込まれます。

口座を指定する際に気を付けること

還付金の振込口座には、本人名義の口座しか指定できません。また、口座名義に店名や事業所名(屋号)が含まれている場合は、振込ができないため注意しましょう。

その他、以下の点にも注意する必要があります。

  • ゆうちょ銀行の口座を指定する場合は、他行との取引で使用する振込用の店番号・口座番号は記載しない
  • 苗字が変わった場合は名義変更をしておく
  • ネット銀行を指定する場合は、事前に還付金の振込に利用できるか確認しておく

【税金の還付】|国税庁

窓口で受け取る

ゆうちょ銀行や郵便局の窓口で還付金を受け取ることもできます。窓口で受け取る場合は、申告後に届く『国庫金送金通知書』が必要です。

また、本人確認のために、運転免許証やマイナンバーカードなども持っていきましょう。

【確定申告書等作成コーナー】-還付金の受取方法を入力の前にお読みください

還付金額はいくらになる?

還付金は、給与からの天引きなどによって1年間で支払った所得税額が、年末調整や確定申告によって確定した実際の所得税額よりも高かった場合に、払い戻される差額のことです。

つまり、『還付金額=前納した所得税額 - 確定した実際の所得税額』ということになります。

シミュレーションサイトで計算してみよう

還付金額は、金融機関などのサイトにあるシミュレーションツールを利用すると、簡単に計算できます。

年収や掛金額などを入力するだけで、複雑な操作はないので試してみるとよいでしょう。

確定拠出年金の節税シミュレーション|確定拠出年金のJIS&T

まとめ

iDeCoに拠出する掛金は、全額所得控除の対象となっています。そのため、年末調整や確定申告をすると還付金が受け取れます。

申告時には、小規模企業共済等掛金払込証明書が必要になるため、失くさないように保管しておきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

iDeCoの人気記事

カテゴリ

その他