1. Fincyトップ
  2. その他
  3. iDeCo
  4. iDeCoと会社員の企業型DCについて。違いや併用について解説

iDeCoと会社員の企業型DCについて。違いや併用について解説

個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)と、企業型確定拠出年金(企業型DC)には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、iDeCoと企業型DCの違いや併用について解説します。また、iDeCoの掛金額の上限についても知っておきましょう。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

個人型iDeCoと企業型DCの違い

個人型確定拠出年金のiDeCoと、企業型確定拠出年金(企業型DC)には、以下のような違いがあります。

個人型iDeCoとは

個人型確定拠出年金のiDeCoとは、公的年金にプラスして、個人で任意加入する年金制度のことです。

自分で拠出(※1)した掛金を運用し、積み立てた掛金と運用の結果により得た利益から算出した金額を、年金として受け取ります。

老後の生活のために加入するものであるため、給付開始年齢である60歳までは、原則として掛金の引き出しや解約などができません。

また、掛金として拠出した全額が、所得控除(※2)の対象となっていたり、通常は課税対象となる、運用で得た利益も非課税となっていたりと、税金面での優遇措置があります。そのため、節税対策の一環として加入する人も多くなっています。

(※1.拠出とは、ある目的のために互いに金品を出し合うことをいいます)

(※2.所得控除とは、所得額から所定の費用を差し引くことで、所得税の負担を軽減する制度のことです)

イデコってなに|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

企業型DCとは

企業型確定拠出年金(企業型DC)とは、企業が掛金を拠出して、従業員が運用をおこなう年金制度です。

勤務先が企業型DCの制度を導入していないと、加入することができません。また、自動加入になる場合と、加入の有無を従業員が選択できる場合があります。

企業型DCはiDeCoと同じく、積み立てた掛金と運用の結果により得た利益から算出した金額を、年金として受け取ります。

また、給付開始年齢は60歳からとなっており、それまでは原則として掛金の引き出しや解約などができません。

もし、途中で転職や退職をした場合は、転職先の企業型DCに資産を移換するなどの対応を取ることになります。

企業型DC(企業型確定拠出年金)ってなあに?-制度の概要-

会社員もiDeCoに加入できる?

会社員でも、iDeCoに加入できるのでしょうか。

2017年より加入できる人の範囲が拡大

もともとiDeCoは、会社員は加入できない制度でしたが、2017年よりiDeCoに加入できる人の範囲が拡大され、会社員でもiDeCoに加入できるようになりました。

  • 20歳以上60歳未満の人
  • 日本国内に居住している人
  • 国民年金加入者

現在のiDeCoの加入条件は、上記のようになっており、条件を満たしている人であれば、誰でも加入できます。

ただし、上記の条件を満たしていても、国民年金の保険料が未納であったり、免除を受けていたりする場合は、iDeCoに加入できません。

また、勤務先が企業型DCを導入している場合は、iDeCoと併用できないことがあります。

iDeCoの概要 |厚生労働省

企業型DC加入者のiDeCo併用について

勤務先に企業型DCが導入されている場合、規定でiDeCoとの併用が認められていないと、iDeCoに加入できません。

そのため、転職した場合に、転職先に企業型DCがあり、iDeCoとの併用が認められていないと、iDeCoの加入資格を失い、転職先の企業型DCに資産を移換することになります。

よくあるご質問|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会
転職・退職された方へ|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

iDeCo掛金額の上限はいくら?

会社員がiDeCoに加入する場合、企業型DCや企業型年金に加入しているかどうかで、掛金額の上限が変わります。

確定拠出年金の対象者・拠出限度額と他の年金制度への加入の関係 |厚生労働省

企業型DCの未加入者の上限

企業型DCや企業型年金未加入者の場合、iDeCoの掛金の上限は、『年額27万6000円/月額2万3000円』となっています。

企業型DCの加入者の上限

企業型DC加入者の場合は、企業型DCとiDeCo、それぞれの掛金額の上限が決まっています。

種類 掛金額の上限
企業型DC 年額42万円/月額3万5000円
iDeCo 年額24万円/月額2万円

確定給付企業年金の加入者の上限

確定給付企業年金加入者においては、確定給付企業年金・iDeCoの2種類の制度がある場合、掛金額の上限は以下のようになっています。

種類 掛金額の上限
確定給付企業年金 掛金額の上限なし
iDeCo 年額14万4000円/月額1万2000円

確定給付企業年金・企業型DC・iDeCoの3種類の制度がある場合は、以下のとおりです。

種類 掛金額の上限
確定給付企業年金 掛金額の上限なし
企業型DC 年額18万6000円/月額1万5500円
iDeCo 年額14万4000円/月額1万2000円

まとめ

iDeCoと企業型DCは、個人で掛金を拠出するのか、企業が掛金を拠出するのかという違いがあります。

iDeCoは会社員でも加入できますが、勤務先に企業型DCがあり、iDeCoとの併用が不可になっている場合は、iDeCoの加入資格を失います。

iDeCoに加入できるかどうかは企業によって異なるため、担当者に確認してみましょう。

iDeCoは会社員でも入れる?加入条件や手続きについて解説

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

iDeCoの人気記事

カテゴリ

その他