1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 消費税
  4. 酒とガソリンに対する消費税について疑問があります

酒とガソリンに対する消費税について疑問があります

60代 / 男性 / 新潟県 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供1人

消費税についていつも疑問に思っていることがあります。
酒とガソリンに対する消費税のことです。
酒やビールにはそれぞれの割合で酒税がかけられています。
また、ガソリンにもガソリン税がかけられています。
これらを購入したときに、消費税を加算されて支払うわけですが、本体部分に8パーセントの消費税がかかるのはわかります。
しかし、なぜ酒税の部分やガソリン税の部分にも8パーセントの消費税がかかるのがわかりません。
国民が税に無知なことにつけこんで、ぼったくくっているのではありませんか。

2017-05-04

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
例えば消費税が10%で、原材料が100円のものがあるとします。
原材料を仕入れた会社は110円支払います。
それをどこかに卸して、仕入れた会社は110円の10%を払って、121円支払います。
その商品が店舗に並んでると10%課税されて121円プラス10%支払う事になります。
実際には100円に対しての消費税であれば10円のみですが、これが間接税の原理です。
たばこ税も消費税も間接税なので、仕入れる際に掛かっている経費も含めて、消費税が課せられるのです。

2017年5月4日 22時19分

この投稿は、2017/5/4時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事