1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 住民税
  4. 年初に夫を扶養家族に入れましたが6月に払う市民税は少なくなるか

年初に夫を扶養家族に入れましたが6月に払う市民税は少なくなるか

30代 / 女性 / 年収 300万円以下 / 既婚

よろしくお願いします。
現在、夫が資格取得のため、休業しております。
私は非正規雇用(契約社員)で働いています。
今年初頭に夫を扶養家族に入れたのですが、今年の6月に支払う市民税は昨年より少なくなるのでしょうか? また、夫の市民税はどうなるのでしょうか?(昨年6月に退職しました) なにか減税することが出来る方法があれば教えてください。
今後、夫が就職した場合、お互いを扶養することがなくなると思いますが、その際はどのように節税すればよいでしょうか? 何か良い方法があれば教えてください。

2017-05-04

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
市民税や県民税は前年の所得により計算されるので、年初に扶養に入れたとしても同年6月ではまだ少なくはなりません。
前年6月以降が無収入であれば、それまでの所得で計算されます。
会社員や契約社員の節税方法は様々な控除を活用する事です。
住宅ローン控除や、医療費控除、生命保険料控除やふるさと納税などがあります。

2017年5月5日 16時37分

この投稿は、2017/5/4時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

  • 法人税の税率について教えてください

    一般企業で経理職についているものです。もう20年弱経ちますので法人税の触りの部分ぐらいは理解しているつもりですが、いまだに理解できない仕組みが一点ございま...

    40代 / 男性 / 神奈川県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供2人

  • 法人登録をした際の税金の計算方法

    たまに社員で、法人登録をして節税に励んでいる者がいます。 このような社員からは「年末調整の際、ちょっとした作業で20万円還付された。たいした作業量は無いか...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 501-600万円 / 既婚

関連するお金の記事