1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 所得税
  4. 自営業という形態で副業というのが果たして良いものかどうか

自営業という形態で副業というのが果たして良いものかどうか

30代 / 男性 / 福島県 / 年収 300万円以下 / 独身

私は31歳自営業なのですが、正直に申し上げますと、自分の給料に当たる部分が毎月かなり少なく、貯金などにまわす余裕がほとんど無い生活が続いております。
副業等も考えはするのですが、自営業という形態で副業、というのが果たして良いものかどうかも分かりません。
仕事自体はそれなりに忙しく、会社の存続などは現状問題が無いのですが、自身の生活を充実させるという意味で、自営業者が、本業以外で収入を得る方法、また、その際にかかる手続きや費用などに関して詳しく教えて頂きたいです。

2017-05-04

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
折角自営という形でやられているのであれば、そこで培った経験や資産を活かして仕事を派生させてはいかがでしょうか? 仕事は人によって生まれますので、質問者様の夢やビジョンを周りの方々に語っていって、協力者を増やしていくといいと思います。

2017年5月5日 9時42分

この投稿は、2017/5/4時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事