1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 所得税
  4. 所得税、住民税の税率計算が知りたいです

所得税、住民税の税率計算が知りたいです

20代 / 男性 / 東京都 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供1人

所得税、住民税の税率計算が知りたいです。
住む場所によって税率がかなり変わるのはどうしてでしょうか。
また節税対策などはありますか。
ほかは、控除関係でサラリーマンが出来るものは、青色申告意外にありますか。
会社の経費で帰ってきたものに対しても、控除出来たりするのでしょうか。
他にも生活していくなかで、控除であったり、節税することが出来るものはありますか。
子供もいるので、少しでも手元に現金は残しておきたいので。

2017-05-04

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
所得税は課税所得に5〜45%の税率を掛けて計算されます。
課税所得は収入から必要経費と各種控除を引いて計算されます。
控除額等が異なりますが、住民税も同じようにして計算される課税所得に10%の所得割と5,000円前後の均等割りを足した金額で計算されます。
サラリーマンが使える控除として、ふるさと納税や住宅ローンや生命保険料控除、 確定拠出年金の控除などがあります。

2017年5月5日 4時58分

この投稿は、2017/5/4時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

  • 「経費」と「損金」はどう異なるか

    「経費」と「損金」はどう異なるのでしょうか。法人税の計算に当たって「損金」は、取引によらず法人の資産減少をきたす原価・費用・損失の額を言うようですが、それ...

    30代 / 男性 / 神奈川県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 法人税の税率について教えてください

    将来、小さな個人商店をやってみたいと考えているのですが、まだまだこれから勉強をして準備を進めていこうと思っています。 そこで今回、法人経営をした場合の税金...

    30代 / 女性 / 愛知県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

関連するお金の記事