1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 固定資産税
  4. アパート修理代の元をとるまでは所得税を払う必要がないと言う母

アパート修理代の元をとるまでは所得税を払う必要がないと言う母

40代 / 女性 / 鳥取県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供1人

祖母が生前、母&母の姉&母の兄の三人の名義の土地に母と母の姉の名義でアパートを建てました。
もう30年ほど経つようです。
六年前に祖母が他界し、もう母や母の兄姉も高齢です。
土地、アパート共に名義人の配分がバラバラです。
一番持ち分の少ない母がアパートに住んでいて、家賃などの管理もしています。
家賃収入の中から固定資産税を払っているようですが、所得税の義務もあるように思うのですが、母はアパートの修理などで支払った元をとるまでは所得税を払う必要は無いと言います。
確かに古いアパートなので、修理にお金がかかるのも分かるのですが、本当に所得税は払わなくていいのですか?

2017-05-03

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
所得税は収入から必要経費や各種控除を引いた課税所得に対して課税されます。
収入がプラスでも課税所得がマイナスやゼロになる可能性もあり、その場合には所得税は発生しません。
詳細を確認しないと分かりませんが、質問者様の内容も可能性としてはあり得ます。

2017年5月3日 18時9分

この投稿は、2017/5/3時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事