今後、消費税はどこまで上がるのでしょうか?

20代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

今後、消費税はどこまで上がるのでしょうか?10%に引き上げられるのは確定のようですが、果たしていくらぐらいまでいくのか心配です。
国では必要のないことにばかり予算を割いているようにしか見えず、正直その分を次世代の子たちへの教育資金に充ててほしいところが素直な意見です。
正直自分たちの年金がないことなども含めてあきらめておりますので、今より消費税を上げた分は教育に回してもらえれば、納得いくのですが。
今の予算の配分に納得がいっていません。
これらの思いが実現するには、一体いくらの消費税の徴収で叶うのでしょうか?

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
ヨーロッパでは20%程の国もありますので、今の日本の社会保障や税収を考えた時に、そのくらいもしくはそれ以上になる可能性もあるでしょう。
消費税率が1%上がると、税収が2兆円上がると言われています。
現在の国家予算と税収の差額は約50兆円です。
消費税率が仮に今から20%上がったら、それだけで税収が40兆上がるかも知れません。
国家予算の配分に関しても、もう少し国民の意見が政治に反映されやすい仕組みがあると良いですよね。

2017年5月3日 18時12分

この投稿は、2017/5/3時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「税金に関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。

関連度の高いカテゴリーから探す

注目の相談

消費税の人気相談