1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 法人税
  4. 法人化して3年で会社を潰すと節税になるのでしょうか?

法人化して3年で会社を潰すと節税になるのでしょうか?

20代 / 女性 / 大阪府 / 年収 301-400万円 / 独身

現在私はフリーランスとして収入を得ています。
収入が安定する、もしくは収入が上がっていくタイミングで法人化にしようかと 考えています。
税金対策で法人化にしたり、税金対策で3年で会社を潰したりすると よく耳にするのですが、法人化にした後、具体的に3年で潰すと どういった節税が出来るのでしょうか? 又、それをした時に具体的に実質的なリスクが あるとすればそれはどんなリスクでしょうか? 又、税金に対して簡単に出来る節税法などあれば知りたいです。

2017-05-03

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
新たに設立された法人については、設立1期目及び2期目の基準期間はありませんので、原則として納税義務が免除されます。
しかし、基準期間のない事業年度であってもその事業年度の開始の日における資本金の額又は出資の金額が、1,000万円以上である場合や特定新規設立法人に該当する場合は、納税義務は免除されません。
これらの考え方を使って、3年で会社を潰すという事をしているのかも知れません。
リスクとしては、信用力が蓄積されない点などがありますね。
借入や、従業員の採用があるとリスクがありますね。

2017年5月3日 23時29分

この投稿は、2017/5/3時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事