1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. いつから酒とたばこ税が取られることになったのでしょうか?

いつから酒とたばこ税が取られることになったのでしょうか?

30代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 300万円以下 / 独身

私はよくお酒とたばこ買います。
しかし、最近よく疑問におもうのは、どうしてたばこ税と酒税があるのか疑問におもいます。
いつぐらいから、酒とたばこに税金をとることになったのか歴史が、知りたいです。
酒とたばこはよくスーパーやコンビニエンスストアーなどでよく、見かけますがこれは、一部の生活用品ではないのだろうかとおもいます。
それなのに、たばこと酒だけには税金をとる必要ってあるのか不思議です。
これって、税金二重取りではないのかとおもいます。

2017-05-03

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
たばこ税法が生まれたのは昭和59年からです。
たばこへの課税自体は明治9年から始まったと言われています。
目的は社会保障費や公共事業などの国家予算を賄うための税収を上げるためです。
嗜好品に対して税金を徴収する、というのはある意味公平ですが、日用品という感覚で購入されている方から考えたら不公平感を生んでしまいますね。

2017年5月3日 21時5分

この投稿は、2017/5/3時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

  • 赤字の場合の税金還付について教えてください

    現在、弊社は4期目を迎えていますが、過去3年は黒字であったため、法人税を納めてきました。 しかし、今年度は赤字となる可能性が高く、法人税は均等割り以外は発...

    30代 / 男性 / 新潟県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

  • 個人事業主から法人になるタイミング

    個人事業主から法人に変更するタイミングはいつが良いのか教えてください。 個人事業主の利益(個人事業主の所得)がいくら以上なら法人に成った方がいいのかを具...

    30代 / 男性 / 愛知県 / 年収 1001万円以上 / 独身

関連するお金の記事