1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 領収書となる印紙の申請方法について

領収書となる印紙の申請方法について

50代 / 男性 / 大阪府 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供1人

領収書にはる印紙は、5万円未満の金額では貼らなくてもよいとの事ですが、もし、領収金額を分けて領収書を複数作成した場合、金額が5万円未満になるのなら印紙は貼らなくても良いのでしょうか?個人的には、貼付しなければならないように思うのですが、小さな商店で「2枚に領収書を分けてもいいですか?」と聞かれたことがあります。
もし、貼らなくてもいい方法があるのなら、どういう方法がありますか?分けた場合の但し書きが別の名称なら良いのでしょうか?また、大きな金額で数回に分けてやり取りする場合は、そのすべての領収書に適合した印紙を貼ることが必要なのか、そのうちの1枚の領収書に合計領収金額にあった印紙が貼られていれば、それで良いのでしょうか?

2017-05-03

専門家からの回答

専門家としてログインし、ユーザーのお金に関するお悩みをあなたの手で解決しませんか?

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

  • 副業の確定申告についての相談です

    副業の確定申告についての相談です。 現在私は会社員で毎月会社から給与を支給されます。 ここで得る所得は会社側が源泉徴収など必要な手続きは行っています。 そ...

    20代 / 女性 / 大阪府 / 年収 501-600万円 / 独身

  • 消費税が安くなるケースはあり得ますか?

    消費税が年々高くなるという話題を聞いた事があります。ですが、実際に7年後、8年後と予想が上がって行きますが、消費税が高くなるのは分かるのですが、逆に消費税...

    20代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 税率について教えてください

    法人税は法人が儲けたもので所得に対して増える税金のことだと現代社会の授業で習いました。税といっても住民税や事業税などたくさんのものがあります。私たちは消費...

    20代 / 女性 / 長崎県 / 年収 300万円以下 / 独身

関連するお金の記事