1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 法人税
  4. 留保金課税による経済効果

留保金課税による経済効果

30代 / 男性 / 東京都 / 年収 1001万円以上 / 既婚

法人経営の経験 法人経営の経験は無い
法人税について聞いてみたい項目 その他

大企業を中心に企業が保有する現預金の額が増加傾向にあり、その理由の一つとして企業が投資機会を失っているとの説がございます。
この状況を改善すべく、霞ヶ関では、留保金課税の導入(ないし税率の引き上げ、対象範囲の拡大)を検討しているようですが、目的と手段が一致してないように感じます。
いかがでしょうか? まず、(民間企業における)会計上の留保金と現預金は別物ですし、留保金への課税を回避する目的で投資するくらいなら、既に投資していると考えます。
ご意見いただきたく、お願いいたします。

2017-07-07

専門家からの回答

専門家としてログインし、ユーザーのお金に関するお悩みをあなたの手で解決しませんか?

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事