1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 扶養に入っている主婦ですが確定拠出年金は節税効果がありますか?

扶養に入っている主婦ですが確定拠出年金は節税効果がありますか?

30代 / 女性 / 三重県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供1人

現在扶養の範囲内でパートをしており、所得税や住民税は支払っておりません。
最近話題の個人型確定拠出年金についてとても興味があります。
個人型確定拠出年金のメリットは所得税や住民税の節税効果だと伺ったのですが、私のような状況下で働くパートの方や主婦の方は始めるメリットはあるのでしょうか?/また、最近医療費の控除やふるさと納税の申告のため確定申告を行う機会がありました。
サラリーマンの家計で確定申告で控除を受けられるものはどのようなものでしょうか?会社帰りの有志での飲み会やゴルフコンペは対象になりますか?

2017-05-03

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
確定拠出年金のメリットは、1.積立額が所得控除されることと、2.運用益が非課税になること、3.受け取り時に退職所得控除や、公的年金控除を受けられる事です。
所得税がそもそも非課税の方に関しては、2や3の影響が大きいでしょう。
通常の資産運用ですと運用益に税金が取られたり、受け取り時に大きく課税される可能性があるからです。
サラリーマン家計で受けられる控除は挙げていただいた内容の他には、住宅ローン控除や扶養控除、生命保険料控除、それこそ確定拠出年金の控除があります。
飲み会やゴルフ代は控除対象にはなりません。

2017年5月3日 21時37分

この投稿は、2017/5/3時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

  • 産休育休中に税金の控除制度などはないものでしょうか

    毎月給料から引かれる税金が年々高くなっています。 総支給が上がっても税金に取られるので手取りはここ数年変わらない状態です。また、産休育休に入り、収入ない中...

    30代 / 女性 / 宮城県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供1人

  • 税金対策の具体的な方法

    今後法人を立ち上げた際に少しでも支払う税金の額を押さえたいと考えております。 その上で、具体的にどのような税金対策の方法があるのかを是非ご教授頂きたく思い...

    20代 / 女性 / 年収 301-400万円 / 独身

  • 法人税についての納め方

    会社で経理を担当していて、各種税金の支払いも行っています。4月頃、今後は法人税は電子納付が義務化されるというニュースがあり、まだ弊社では紙に記入&郵送して...

    30代 / 女性 / 大阪府 / 年収 301-400万円 / 独身

関連するお金の記事