1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 主人の扶養か個人事業主か、どちらが節税になるでしょうか?

主人の扶養か個人事業主か、どちらが節税になるでしょうか?

30代 / 女性 / 東京都 / 年収 1001万円以上 / 既婚、子供2人

育児休暇中。
フルタイムの仕事は現実的に厳しく、仕事をやめるか悩んでいます。
仕事を辞めたとしても、週に4日ほどは、家庭に負荷がない形で仕事をしようと考えています。
その場合、スタート時点では、収入はかなり低い予定なので、扶養に入れる間は主人の扶養に入るのか、個人事業主となるのか、どちらがよいのか悩んでいます。
仕事としては、獣医師なので、専門的なアドバイスをする仕事や、友人の病院でアルバイトをするなどを考えています。
扶養に入る場合と個人事業主になる場合の税金的なメリット、デメリット、注意点を教えてください。

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
社会保険の扶養に入ると、社会保険料の負担が無くなります。
また、税法上の扶養に入るとご主人様の税負担が軽くなります。
個人事業の場合、経費がどれだけ掛かるかによって所得税が決まりますので、そのバランスです。

2017年5月4日 6時51分

この投稿は、2017/5/3時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事