1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 所得税
  4. 所得税の計算方法がわかりません。わかりやすく教えてください

所得税の計算方法がわかりません。わかりやすく教えてください

20代 / 女性 / 千葉県 / 年収 401-500万円 / 既婚

所得税の計算方法が難しくて分からない。
現在本業のほかに副業を週に1日ほどしているが、税金が引かれることを考えると副業を続けるべきかどうか、引かれる税金を考えると副業を行っていることでプラスになっているのかどうかがよく分らない。
本業の方は派遣社員での雇用のため、副業収入があっても何も問題はないが、週に1日6時間から8時間ほど働いている現在の状況が税金の面から見てプラスになっているのかどうかを知りたい。

2017-05-01

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
所得税の計算を簡易的にお伝えすると、収入から必要経費を引き、そこから控除額を引くことで求められる課税所得に5〜45%の税率を掛けます。
収入があがる程税率も上がりますが、所得が多いほうが損するというボーダーはありませんので、プラスにはなっているかと思います。

2017年5月2日 8時27分

この投稿は、2017/5/1時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

  • 法人税を支払う団体について教えてください

    知人がNPOを立ち上げようとしているのですが、NPO団体でも法人税は支払うものなのでしょうか?法人税とは一円でも売上がある法人団体であれば、必ず課せられる...

    20代 / 女性 / 岡山県 / 年収 401-500万円 / 既婚

  • 法人地方税について教えてください

    法人税を納付する際に、法人地方税というものを納付する様になったと思います。 その法人地方税ですが、市役所や都税事務所等に納める均等割や事業税等とは違うもの...

    30代 / 女性 / 埼玉県 / 年収 300万円以下 / 既婚

  • 出産前後の費用は医療費控除の対象になりますか?

    出産費用、産後の検診費用は、確定申告の医療費控除の対象になりますか。また、出産一時金は、保険金等で補てんされる金額に該当するのでしょうか。 住宅ローン控除...

    30代 / 女性 / 佐賀県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

関連するお金の記事